情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



痛みが激しい
(激痛)






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)










(激痛)・・・耐え難い痛み
がまん出来ない痛み」「痛みがひどい
  • WHOは1986年に2000年までに世界中の人をガンの痛みから解放しようと、モルヒネなどで痛みを取るガイドラインを示した。
    これに従えば、ガンの痛みの90%以上を除くことが出来る


疼痛をやわらげる緩和ケア・・・ホスピス
  • 1989年に、ガンの診察時から終末期に至る全過程にQOL(Quality of Life)を重視した緩和医療をWHOが提唱し、日本緩和医療学会が1996年に設立された

  • 急性腹痛・「線維筋痛症


異痛症→「知覚異常


ペインクリニック


うつ病で痛み経験・・・6割
  • 2010年、塩野義製薬と日本イーライーリリーの共同プロジェクトチームである「うつの痛み」情報センターは、うつ病の際に発生する身体的な痛みと精神症状の影響の実態調査をまとめた。
    うつ病患者の
    • 6割が頭痛や肩痛などの身体的な痛みの経験があり
    そうした身体的な痛みがあることで、
    • うつ病が「回復しない」
    • 「回復が遅れる」
    と答えた割合は合わせて7割近かった。

  • うつ病による身体的な痛みが精神症状に及ぼす影響について
    「精神症状がさらに悪くなる」→44.3%
    「身体的な痛みの症状があることで精神症状が良くならない」→27.8%

  • 身体的な痛みが精神症状に影響を及ぼすことについて医師の83.2%が「同意できる」「まあ同意できる」と回答。
    身体的な痛みがあることでうつ病の回復が遅れることについても医師のほぼ半分に当たる52.8%が「同意できる」「まあ同意できる」とした。





治療
  • 薬物療法・・・炎症があるときに有効。

  • 神経ブロック

  • 光線療法・・・・ レーザー光線

  • 理学療法

  • 心理療法・・・・・認知療法・行動療法

  • 神経刺激療法・・・電気刺激


  • 漢方では通ぜざれば痛むと考えます。・・・おけつとして治す





神経ブロック
  • 代表的な治療法は神経ブロック。痛みの原因となっている神経などに薬を注射する。一時的に痛みが和らぐだけでなく、これを繰り返すことで病気が治ることも多い。「痛みのどんな症状で神経のどの部分が悪いのかが詳しく分かってきており、各種の薬の使い分けも進歩してきた。」と順天堂大学医学部の宮崎東洋教授は説明する。
    例えば、
    • 腰痛などを起こす「椎間板ヘルニア」は、痛みを抑えているうちに手術しなくても回復することが多いし、
    • 神経痛では薬が切れた後も神経痛が「休養」状態に入ることがあり、中にはそのまま治るケースもある。
    • また、痛みがない「花粉症」などのアレルギー性鼻炎でも、人により可能性は3〜5割程度だが、治った例がある。

    薬の注入方法の技術改良も進んでおり、患者が自分の痛みに応じて在る程度薬を安全に増量できる手法もある。点滴のように痛み止め薬を数十時間送り込む場合だが、東京医科歯科大学が「KーPCA」という器具を開発し、入院患者用に使っている。1回増量したら一定の時間がたたないと薬が充填されない構造なので、注入し過ぎる心配もない。
    夜中に痛みが強くなっても患者は気兼ねして我慢することが従来はあったが、この手法なら看護婦を呼ぶ必要もなく、病院の負担も減る。
  1. 対象・・・(痛みのあるもの)
    • 片頭痛群発頭痛など慢性頭痛
      三叉神経痛などの顔面痛
      首・胸・腰などの椎間板ヘルニア
      帯状疱疹(ヘルペス)
      • →プロスタグランジンD2が関与。

      帯状疱疹後の神経痛
      寝違え、肩こり、
    • ・末梢血行障害(手足の冷え・しびれ)
      手術後の痛み、ガン性の痛み
      その他の原因不明の痛み
  2. 対象・・・(痛みのないもの)








モルヒネを使用するのは
“ガンの末期”
という間違った“常識”
  • モルヒネを使用する時期は、末期かどうかはなく、痛みの程度によって決めるべきだ」と大阪府立成人病センターの担当者は語る。
    世界保健機関(WHO)の薬物依存専門委員会委員の鈴木勉・星薬科大学教授は「痛みを放っておけば、痛みを感じる神経が過敏になり、鎮痛薬の効果が悪くなるため、より多くの鎮痛薬が必要になる」と語る。
    WHOは1986年に、『がん疼痛治療法』をまとめている。
    しかし、厚生労働省が行った終末医療に携わる医師に対するアンケート結果は、
    「WHO方式を知っている」
    「WHO方式をよく知っている」
    「WHO方式をある程度知っている」
    を合わせた合計は42.7%だった。
    副作用について説明できる医師も(41.7%)で、半数以上の医師はモルヒネに対する十分な知識を持っていなかった。

WHO方式のがん疼痛治療法





鎮痛薬 ・・・3つのカテゴリー
(1)非オピオイド鎮痛薬
(2)オピオイド(麻薬系)鎮痛薬
  • アヘンに含まれるアルカロイドであるモルヒネを代表とするオピオイド受容体の作動薬
    • オキシコドン
    • フェンタニル
    • コデイン

(3)(鎮痛補助剤)
通常は別の目的で投与されるが痛みも緩和する補助鎮痛薬・・・
  • 鎮痛薬と併用するとその効果を高める薬剤
  • NSAIDsやオピオイドだけでは痛みが軽減できないとき。
  • オピオイド鎮痛薬の副作用を軽減したいとき。
  • ステロイド剤
    • 骨転移痛、内臓痛、持続する神経圧迫による痛みやシビレに。
  • 抗うつ薬
  • 抗ケイレン薬
    • 発作性の痛みに。
  • 抗不整脈
    • 刺す、電気が走るなどの電撃様疼痛や持続的痛みに。
  • NMDA受容体拮抗薬








ガンの痛みを抑える物質
  • 2013年、国立がんセンター研究所の白石成二ユニット長と広島大学などはがんの痛みを抑える物質を見つけた。
  • マウス実験では繰り返し使っても効果が落ちず、副作用もなかった。
  • がんの痛みは神経が傷ついて起こる。
  • これまで痛みが出るときに血小板を固める「PAF」という物質が、神経に働きかけていることが分かっていた。研究チームは血小板を固めにくくする物質を使えば神経に働きかけず、がんの痛みが抑えられるかどうかをテストした。
  • 太ももの骨にガンがあるマウスに注射したところ、痛みで足を引きずっていたのが動き回れるようになった。
  • 繰り返し注射しても効果は落ちなかった。

痛みを感じない
  • 先天性無痛無汗症
    • この患者は、痛みや暑さを伝える神経が発達していないため、それらの信号が脳に伝わらない。そのため、骨が折れても食中毒になっても、本人は痛みを感じない。

難治性の痛み・・・発症を解明
  • 2015年、広島大学の森岡徳光准教授らのグループは、ガンの終末期などに見られる頑固な疼痛が発症する仕組みを解明。
  • 皮膚が傷つくと、痛みの情報は知覚神経を通じて脊髄に伝わり、さらにグルタミン酸が仲立ちする別の知覚神経によって脳に向かう。
  • 研究グループは、座骨神経を傷つけ頑固な痛みを感じるようになったマウスと通常のマウスで、脊髄の細胞が作るコネキシン43と呼ぶタンパク質の量を調べた。
  • 座骨神経を傷つけたマウスは、損傷後1〜2週間でコネキシン43の量が通常より3割以上減ると、痛みの情報を伝えるグルタミン酸の働きが高まっていた
  • 座骨神経を傷つけて2週間後、コネキシン43の遺伝子を脊髄に投与したところ、コネキシン43の生産量が増え、痛みが緩和されることが分かった。


関連情報 疼痛」「疝痛」「線維筋痛症」(全身が痛む)」「複合性局所疼痛手足が痛い」「関節が痛い」「気痛」「歯痛」「シェーグレン症候群」「慢性関節リウマチ」「関節リウマチ」「多発性動脈炎リンパ球減少全身性エリテマトーデス」「自己免疫性疾患」「側頭動脈炎」「タンパク尿」「多発性筋炎」「リウマチ熱」「全身性強皮症」「発熱」「単球増多」「Wegener肉芽腫症」「ステロイド」「帯状疱疹」「顔面神経マヒ」「角膜潰瘍」「椎間板ヘルニア」「ホスピス」「霊芝」「おけつMSM









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬