ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



WHO治療ラダー
(ガンの痛みに)


HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



WHO3段階治療ラダー
痛み
  • 第1段階:
  • 非アヘン系鎮痛薬±鎮痛補助薬
    •    ↓
    • (±鎮痛補助薬)
    •    ↓
  •    
  • 第2段階:
  • 弱作用アヘン系麻薬+非アヘン系鎮痛薬
    •    ↓
    • (±鎮痛補助薬)
    •    ↓
  •    
  •    
  • 第3段階:
  • 強作用アヘン系麻薬+非アヘン系鎮痛薬




WHO方式がん疼痛治療法

(1)がんの強さを3段階に分け

  • 中程度の痛みには・・・・
    • 弱麻薬
    • を非ステロイド性抗炎症薬に追加

  • 強い痛みには・・・・
    • ・モルヒネ
    • ・オキシコドン
      ・フェンタニル
    • などの強麻薬を追加

以上の薬が効かないとき・・・・鎮痛補助薬を併用
  • @ステロイド剤
    • 骨転移痛、内臓痛、持続する神経圧迫による痛みやシビレに。
  • A抗うつ薬
  • B抗ケイレン薬
    • 発作性の痛みに。
  • C抗不整脈
    • 刺す、電気が走るなどの電撃様疼痛や持続的痛みに。
  • DNMDA受容体拮抗薬


(2)守るべき原則には
  • @患者が維持・管理しやすい投与法を優先的に選択
    A副作用などが新たな苦痛にならないように予防する







鎮痛薬の基本的投与法
@鎮痛薬の投与量は、患者個々で異なる。 



A経口投与を基本とする:「経口」「直腸内」「注射」



B副作用は計画的に防止する。



C不眠を解消することで鎮痛薬の効果は高まる。 



D鎮痛補助薬を併用することが必要なこともある。








WHO指針にあげられている
基本薬とその投与量、投与回数
段階 代表的薬剤 用法用量



非アヘン系鎮痛薬 アスピリン  250〜1000mg/回
4〜6時間ごと
(代替薬)
アセトアミノフェン
500〜1000mg/回
4〜6時間ごと



弱作用アヘン系麻薬 コデイン 30〜130mg/回
4〜6時間ごと



強作用アヘン系麻薬 モルヒネ 5〜20mg/回
4時間ごと
(代替薬)
「ペチジン」
「ブプレモルフィン」









麻薬









アヘン 「アヘン」(散/末)
「アヘンチンキ」(液)
アヘン・トコン散 「ドーフル散」
アヘンアルカロイド・アトロピン 「オピアト」(注)
「パンアト」(注)
アヘンアルカロイド・スコポラミン 「オピスコ」(注)
「パンスコ」(注)
「弱オピスコ」
「弱パンスコ」
塩酸アヘンアルカロイド 「オピアル」(注)
「パンオピン」(末/注)
塩酸エチルモルヒネ 「塩酸エチルモルヒネ」(末)
塩酸オキシコドン 「オキシコンチン」(錠)
「パピナール」(注)
塩酸モルヒネ 「アンペック」(注/座薬)
「塩酸モルヒネ」(錠/末)
「オプソ」(液)
「パシーフカプセル」(カプセル)
「プレペノン1%シリンジ」
オシシメテバノール 「メテバニール」(錠)
モルヒネ・アトロピン 「モヒアト」(注)
複方オキシコドン 「パピナール」(注)
複方オキシコドン・アトロピン
(略称:ピコアト)
「パピナール・アトロピン」(注)
リン酸コデイン 「リン酸コデイン」(錠/末/散)
リン酸ジヒドロコデイン 「リン酸ジヒドロコデイン」(末/散)
硫酸モルヒネ 「MSコンチン」(徐放錠)
「カディアン」(カプセル/スティック)
「ピーガード」(錠)








塩酸コカイン 「塩酸コカイン」(末)







塩酸ペチジン 「塩酸ペチジン」(注)
「オピスタン」(末/注)
塩酸ケタイン 「ケタラール」
クエン酸フェンタニル 「フェンタネスト」(注)
フェンタニル 「デュロテップ」(貼布剤)<2.5mg〜10mg>
合剤 「タラモナール」
「ペチロルファン」


塩酸メタンフェタミン 「ヒロポン」






関連情報 ガン(癌)
激痛
疼痛
疝痛







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査