ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



いちご



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告








野菜の一種
植物学上の分類では
  • バラ科の多年草果菜、すなわち「野菜」。
市場では
  • スイカやメロンと同じように、果物として売られている。

原産地・・・アメリカ大陸。
  • 江戸時代にオランダから伝わった。





イチゴ栽培
通年収穫
  • 2005年、植物の組織培養で苗を生産する新居バイオ花き研究所(徳島県阿南市)は通年収穫でき、糖度が最高級の20度となるイチゴ新種を開発、農林水産省に種苗登録を申請した。
    従来は冬場に限定されていたイチゴを年間を通して収穫できるので収量と収益は10アール当たり4倍の20トン、2100万円になる。株分けや防疫の管理も不要。
    新種は茎の頂部でウイルスに侵されていない「生長点」を培養するため、受精能力が強く、無農薬栽培で疫病やウドンコ病・炭疽病などにほとんどかからない。
    糖度は、他の高級イチゴが14度程度なのに対し、サクランボの「佐藤錦」やブドウの「ロザリオ」なみの20度
    果皮は硬めで食感が良く長距離輸送に耐える。
    従来のイチゴはツルが伸び子株をつくり半年で3回実をつけるが、新種は親株のみで成長するため、つる切りの手間がかからない。種苗価格は\250。

工場で栽培
  • 2011年、独立行政法人、農業・食品産業技術総合研究機構の九州沖縄農業研究センターは、イチゴを植物工場で栽培する国内初の実証試験に乗り出す。
    新たな工場では、イチゴの株の付け根付近にパイプを配置。
    生産量は10アールあたり10dを目指し、イチゴ1kg当たりの生産コストを\890まで下げることを目指す。

夏でも栽培
  • 2013年、明治大学の池田敬准教授と日比谷総合設備などが開発、
  • 高温では栽培が難しいイチゴを植物工場で育てる。約440平方bのスペースで初期投資6千万で年間8d収穫できる。







50℃の湯に2〜3分間漬ける・・・・鮮度が保持される(野菜・イチゴ)




栃木県農業試験場はイチゴのDNA(デオキシリボ核酸)配列から品種を短期間で識別する技術を開発した。栃木県特産「とちおとめ」など国内主要17品種が識別できることを確認、県は特許申請した。識別できる17品種はイチゴの作付け面積の93%を占めるという。
イチゴのヘタ(ガク)を採取して識別する。栃木県が開発した「とちおとめ」と「とちひめ」では、識別時間が最短で1日ですむという。
イチゴ苗などを違法に入手して育てる『海賊版農産物』の取り締まりと抑止に活用する。
国内では農産物の新品種は、種苗法に基づいて登録すれば、新品種の開発者が独占的に栽培・販売できる。ただ、開発者に無許可で苗などを生産・流通する事例が増えているという。県は20004年度に、とちおとめなどの苗の違法な流通・栽培を7件確認している






2008年、産業技術総合研究所北海道センター(札幌市)にある完全密閉の植物工場。水耕栽培するクリーンな室内では気温・湿度・風量・風速などが24時間管理されている。
そこでは遺伝子組み換え技術でイヌの歯周病を治す効果がある遺伝子を入れた。できたイチゴはそのまま食べない。凍結乾燥してから作末し、さらに紫外線を当てて遺伝子を完全に壊し、遺伝子が外部に漏れないようにする。
自在に操る
「倉本強さん(65)が組合長を務める農事組合法人、布引施設園芸組合(長野県小諸市)にはイチゴ狩りの観光客に交じり、農業関係者や研究者の来訪が後を絶たない。
収益の柱の1つ、苗産生は年100万本と国内最大規模になった。倉本の作る苗はいつ植えても、キッチリ60日後から絶え間なく赤い実を結ぶようにプログラムされている。
1999年の開園当初は試行錯誤を繰り返す。ある日、栽培データを眺めて気がついた。・・・・イチゴは音素変化や日射量に正確に反応してつぼみをつけている。
“食物も人間と同じ、キチンと会話すれば考えは通じる”。様々な計測センサーが植物の声を聞く耳となり、温度や日射、養分を制御して生産者の意思を伝える。とりわけ子供=苗の時期がカギを握るという。
遺伝子には手を触れず、日本人らしい発想で植物が持つ本来の能力を引き出す。誰も気づかなかった農業技術の空白地帯だ。」




愛媛県西条市は水素エネルギーを利用した冷凍技術の開発を進めてきた。日本名水百選の1つ「うちぬき」と呼ばれる湧水が豊富にあり、水温は14〜15℃で一定だ。
西条市は地下水の冷熱と鉄工所の高温排熱により水素吸臓合金と水素の反応を駆動させて、5℃以下の冷水製造技術を開発した。この冷水を利用した市子第倍に成功し、「水素イチゴ」として2009年2月に商標登録した。
冷水を使えば外気温が高い季節でもイチゴ栽培が可能になる。

病気を抑える照明「タフナレイ」
2010年、兵庫県立農林水産技術総合センターは、神戸市の農家と組んでパナソニックと共同開発したイチゴの病気を防ぐ照明装置を順次導入。紫外線を利用した特殊な光をイチゴの実に当てて、実に白いカビができる「うどんこ病」の発生を抑える。光を受けたイチゴの実には「表面に目に見えない負担がかかり、イチゴが病気にかかりびくくなるよう自ら抵抗力を強める」効果がある。



イチゴ出荷
2011年、日清紡ホールディングスは、太陽光を使わない完全人工光型の植物工場で栽培したイチゴを9月末から出荷する。徳島市内の工場跡を利用。





品種
(ペチカ)
2002年、クリスマスイブまで2週間。菓子店の店頭にはもうすぐイチゴで彩られたケーキが並ぶ。この時期国産イチゴの供給に大きく貢献しているのが、イチゴ苗品種改良のホープ(北海道東神楽町)だ。
早春が旬のイチゴは端境期の夏や秋に実がなる品種はほとんどなく、ケーキ用の大半が米国からの輸入品だった。「旬と同じ食味のイチゴが出来ないか?」と考えた高橋社長が、ワサビの品種改良の経験を生かして新品種(ペチカ)を生みだした。表面が硬い米国産に比べ、ペチカは表面が軟らかい。



夏実(なつみ)
2004年、北海三共(三共の農薬子会社、北海道北広島市)は、2004年春、四季を通じて実が採れる品種を品種登録し『夏実(なつみ)』という名称で販売。



(おいCベリー)
2010年、7粒で1日分のビタミンCが摂取できる。100gあたり87mg。
現在市販されているイチゴでビタミンC含有量が最も多いとされる「さちのか」の1.3倍のビタミンCを含む。
糖度も高く濃赤色で、果実の粒が大きい。日持ちもいい。


通年栽培
2017年、信州大学などがイチゴを通年栽培する方法を研究する産学官金のプロジェクトを発足させた。
信州大学が2011年に品種登録した夏秋用のイチゴ「信大BS8-9」を使う。
夏季栽培でも糖度が高く、うどんこ病などの病気にも強い。



薬としての食物
イチゴ フラボノイドが多く抗炎症作用がある



溶けないアイスにイチゴのエキス
高温でも形が崩れないアイス
太田富久・金沢大学名誉教授らの技術をもとに開発。
溶けない秘密はイチゴに含まれるポリフェノール。
アイスは氷の結晶とクリームの油脂分が結びついており、温度が上がって結晶が溶けると油脂分と分離して崩れてしまう。

アイスを凍らせる前にイチゴエキスを混ぜておくと、ポロフェノールが水分と油脂分をしっかり結びつけ、氷が溶けても油脂分に取り囲まれ、柔らかいムース状になって形を保つ。
2014年に特許取得。


関連情報 植物
遺伝子組み換え
イネ
ペクチン
セルロース











TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬