情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/




イチイ(一位葉)







ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)







乳ガン









=「一位葉」
7月頃、前年に出た葉および小枝の木部を採集し、切り刻んで乾燥する。


◎葉・木部を煎服すれば、利尿作用・通経作用がある
別名 「アララギ」「オンコ」





乳ガンや卵巣ガンに圧倒的な効果を持つ抗ガン剤が、いよいよ日本でも実用化が近づいてきた。仏・ローヌ・プーラン・ローラーの「タキソテール」は96年10月に厚生省の認可を得、米・ブリストル・マイヤーズ スクイブの「タキソール」もこの秋には認可となりそうだ。
 樹齢数100年のイチイがから抽出---という素材の難しさを、両社は4年ほどで育つ若木を使ってクリアしている。さらにわずか3ヶ月で若木にすることに岡山理科大学や塩水港精糖のグループが成功。肺ガンや肝臓ガンなど摘要例の拡大が予想されるだけに、効率生産の開発競争がとり激しくなってきそうだ。
『タキサン類』と呼ばれるこれらの物質は大きく分けて2つ。日本で先行したのはローヌ・プーラン・ローラーの「タキソテール」(一般名:ドセタキセル)で、乳ガン、ある種の肺ガンを対象に昨年承認された。同社と中外製薬とで販売するが、日本での販売日などは公表していない。さらに別のガンでも臨床試験を進めているという。
  一方、世界的には先に注目を集めたのは、ブリストル・マイヤーズスクイブの「タキソール」(一般名:パクリタキセル)。患者からの要望が強く米国で92年にスピード認可され、日本では当初予定よりかなり遅れていたものの、この秋には認可となる見込みだ。
タキサン類はイチイの樹に含まれるジテルペン化合物で、樹皮などに極少量しか含まれていないのが大きな問題だった。抗ガン剤としての効果が明らかになってからは米国でイチイの不法伐採が起こり、社会問題になったほど







民間療法
肝臓病 葉・木部を8〜20g/日煎服する
高血圧
神経痛
腎臓病
心臓病
タンパク尿
中風
糖尿病
膀胱炎
リウマチ
肋膜炎









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬