ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



自閉症スペクトラム障害(ASD)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告


関連情報 自閉症
発達障害
学習障害





自閉症スペクトラム障害(ASD)
自閉症スペクトラム障害は、





脳の特定部位が減少
2010年、東京大学・医学系研究科の山末英典准教授と笹井清登教授らは、自閉症の患者で、脳の特定部位の体積が減少していることを突き止めた。


また、自閉症にかかわると考えられている遺伝子タイプの人は人は脳の別の部位の体積が大きいことも発見。


自閉症やスペルガー症候群など対人関係がうまくできない「自閉症スペクトラム障害」と呼ばれる病気について調べた。


自閉症スペクトラム障害の男性患者14人(18〜49歳)と、年齢や知能レベルで同程度の健常男性11人の脳を、MRIで撮影。 

脳の「下前頭回」の体積が自閉症患者は小さく、特に右半球の特定部位は2割ほど小さかった。
この部位が小さいほど対人コミュニケーションの障害が重いことも分かった。


さらに健常者の男女208人で、自閉症との関連が指摘されている「オキシトシン受容体遺伝子」のタイプを調べた。
自閉症の人に多くみられるタイプの遺伝子を持つ人では、そうでない人に比べて、脳の「
扁桃体」の体積が大きいことも分かった。





匂いで早期発見

2014年、慶應義塾大学の岡田謙一教授らは発達障害の早期発見ができる装置を開発した。 

発達障害の1つである「自閉症スペクトラム」は100人に1人の割合で見かける。 


症状は幼少期から始まる。
自閉症やアスペルガー症候群などで見られる幅広い症状を含み、
特定の匂いにこだわるなどの特徴があるという。 

装置にはパイナップル・オレンジ・ラベンダーなどの香料を最大4種類充填できる。 

年齢によって執着する匂いが異なるとされる。





血液から診断
2013年、成果は米科学誌プロスワン(電子版)に掲載

東京大学の山末英典准教授らは、発達障害の1つである「自閉症スペクトラム障害」を持つ人の血中代謝物の変化を見つけた 


自閉症スペクトラム障害は100人に1人の割合でみられる代表的な発達障害。


患者は表情や声で相手の気持ちをくみ取れない。 




研究チームは障害と血液中の代謝物の関係に着目。100種類以上を測定できる「メタボローム解析」で健常者と障害者の合計53人の血液を調べた。 


障害を持つ人では
  1. 天然アミノ酸であるアルギニン・タウリンの濃度が健常者より高く
  2. 乳酸など2種類の代謝物の濃度が低かった





ホルモン(オキシトシン)投与
2014年、東京大学など4大学のチームは他人の気持ちを読み取るのが難しいコミュニケーション障害が特徴の自閉症スペクトラム障害の患者に

オキシトシンというホルモンが有効かどうかを確かめる臨床研究を始める。 

BMIで見分ける
  • 2016年、自閉スペクトラム症(ASD)を見分ける方法を、加藤進昌・昭和大学客員教授と、川人光男・ATRフェローが開発した。
  • 脳とコンピューターを仲介するBMI(ブレイン・マシン・インターフェイス)技術で、脳を140の領域に分け、それぞれが機能的に強くつながっているかどうかを調べた。つながりの数は9730個。
  • 脳情報は1人当たり10分の計測で250枚の画像が得られる。
  • 患者74人と健康な人107人の分析から、16個のつながりがASDの発症と強く関係していることが分かった。








関連情報 自閉症」「発達障害」「学習障害
亜急性硬化性全脳炎」慢性疲労症候群」「レット症候群
向精神薬」「ADHD 
アスペルガー症候群オキシトシン







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査