ドクトルアウンの気になる情報
なおる/ナオル/




ジカ熱




/

ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)








原虫による感染症」

細菌による感染症

クラミジアによる感染症





ジカ熱
  • 2016年、ブラジルを中心に中南米地域に、蚊が媒介する「ジカ熱」が広がっている。
  • ジカ熱は頭痛や関節痛などの症状が特徴で、人から人へ二次感染する恐れは無いとされていた。
  • WHOによるとウイルスはデング熱 や黄熱病も媒介するネッタイシマカなどが人にうつす。

  • 妊婦が感染すると
  • 新生児の脳の発育が不十分になる「小頭症」につながると疑われている。



(特徴)
  • 新生児に小頭症を引き起こす。・・・ブラジルが大半。
    • 2016年、ブラジル・リオデジャネイロ連邦大学のチームが、人間のiPS細胞から脳細胞に分化させてジカウイルスに感染させると、細胞の増殖の過程で一部が脱落するなどで、感染させなかった細胞群に比べて、間s年11日後までに成長した部分が40%になった。
    • 4/10ネイチャー。




ジカウイルス
  • 2016年3/31、米パデュー大のチームが突き止めた。
  • ジカウイルスは外側の殻の部分に180個の突起があり、同種のウイルスに比べて大きくつき出していた。
  • ジカウイルスはフラビウイルスの一種。

  • 血清型が4種類あるデング熱と異なり、ジカ熱は血清型が1種類なので、日本脳炎や西ナイル熱と同じように1種類のワクチンで有効。
  • 男性が感染すると、ジカウイルスがこれまで考えられていたよりも長い間、精液から検出されることが分かった。厚労省は発症の有無にかかわらず、、流行地から帰国した場合、最低4週間はコンドームの使用を推奨している。(森田公一・長崎大熱帯医学研究所所長)






唾液・尿からウイルス
  • 2016年2/5、ブラジル保健省機関は2人の患者の唾液と尿の検体からジカウイルスを検出したと発表。

  • 保険機関は妊婦に対し、人が密集する場所を避け、食器を他人と共有しないように呼びかけている。


授乳はOK
  • 2016年、WHOはジカ熱の感染国・地位胃気の母親に対し、乳児への授乳を続けるべきだとする勧告を発表した。




人から人へ感染
  • 2016年2/2、米テキサス州ダラスの衛生当局は、蚊が媒介するとされる感染症、ジカ熱について、「今年に入りダラス郡内で性交渉による人から人への感染があったことを確認した」と発表した。

  • 患者は流行地域から帰国した人物と性交渉を持った後に感染が確認されたという。


性交渉を8週間控える
  • 2016年3/25、CDC(米疾病対策センター)は、妊娠中にジカ熱に感染すると小頭症の赤ちゃんが生まれるリスクを回避するため、感染が確認されるか、感染によるとみられる症状があった場合、女性は発症から少なくとも8週間、男性は6ヶ月間、子作りのための性交渉を控えるべきだとする指針を発表した。


新たな感染経路
  • 2016年、CDC(米疾病対策センター)発表。
  • 蚊の媒介や性交渉といったこれまで知られた感染経路以外でジカ熱に感染した可能性がある患者がユタ州で見つかった。

スペイン
  • 2016年、バルセロナの病院は、ジカ熱に感染した女性が、小頭症の赤ちゃんを出産したと発表。


シンガポール
  • 2016年8月、保健省の話として、シンガポール国内で新たに40人がジカ熱に感染したと報じた。
  • 40人に感染地域への渡航歴は無い。







ワクチン
  • 2016年、米国立アレルギー感染症研究所は、開発中のワクチンの人への投与実験を秋に始める予定。

蚊に
  • 遺伝子組み換えの蚊を活用。
  • 生まれた蚊が成虫になる前に死ぬように、オスの親の蚊を遺伝子操作し、放出する実験をWHOを提案。

  • ボルバキア(細菌の一種)を蚊に感染させると、蚊の体内でジカウイルスの増殖を抑えられる。




チェック
関連情報
原虫による感染症」
細菌による感染症
クラミジアによる感染症






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬