ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




腎がん



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






腎ガン
腎細胞ガン
  1. 50〜60歳代に多いガンで、泌尿器科領域の悪性腫瘍では膀胱ガン前立腺ガンに次いで多い。
  2. 日本では年間約3000人死亡している


腎細胞ガンの病態
  • 腎尿細管から発生する腺ガン


腎細胞ガンの症状 (3大症状)
  1. 血尿
  2. 腹部腫瘤
  3. 腹痛





腎細胞ガンの特徴
  1. 手術後、5〜10年が経過しても転移が出現すること。
  2. 発熱、赤沈亢進、CRP陽性などの炎症症状を示す。
  3. 進行が早いこと。
  4. 腎摘除術後に転移巣が消失することがある。
  5. 免疫機構の関与を受けやすいガン







腎細胞ガンの検査
  • 超音波エコー・・・大小不同の点状エコー
    CT
    MRI・・・・
    • 腎静脈や下大静脈内の腫瘍塞栓の判定

    CRP
    赤沈
    IAP(免疫抑制酸性蛋白)・・・・500µg/ml以上
    α2-グロブリン・・・・・・・・10%以上
    IL-6・・・・・・・・・・55pg/ml以上
    エリスロポエチン
    PTHrP
    AST(GOT)
    ALT(GPT)






腎細胞ガンの治療
  1. 根治的腎摘除術を行う。
  2. 転移を有する腎細胞ガンに、抗ガン剤は無効。
  3. インターフェロン・インターロイキン2(有効率15%)
  4. 患者のリンパ球をインターロイキン2で培養し生体に戻す養子免疫療法(有効率20%)








腎ガンの標準治療と化学療法
T期 手術(腫瘍径4cm以下で転移なしの場合は・・・部分切除も可)
U期 手術(根治的腎摘出)
V期
W期 手術+薬物療法、薬物療法
  • 薬物療法(サイトカイン療法)
    • インターフェロンα、インターロイキンU
  • 薬物療法(化学療法)
    1. スニチニブ
    2. ソラフェニブ
    3. エベロリムス
    4. テムシロリムス(承認申請中)





治療薬
治療薬「ネクサバール」一般名(ソラフェニブ トシル酸塩)
  • 腎細胞癌に有効な世界初の経口キナーゼ阻害薬
    2008年1月25日、製造承認を取得した。
    今回承認された適応は「根治切除不能または転移性の腎細胞癌」。
    用法・用量は「成人1回400mgを1日2回経口投与」。


治療薬「スニチニブ」
  • 日本ではイマチニブ抵抗性の消化管間質腫瘍(GIST)と
    根治切除不能または転移性の腎細胞癌(RCC)
    を適応症として2008年4月に承認された。


治療薬「アフィニトール」(一般名:エベロリムス)」
  • アフィニトールは、「mTOR」と呼ばれるタンパク質を標的とする薬剤。
  • mTORは結節性硬化症による腫瘍の形成過程でも作用しており、これを阻害することで腫瘍を抑制する。
  • 転移性の腎細胞ガンの治療薬。
  • 2012年、結節性硬化症に伴う腎臓と脳の良性腫瘍向けに適応拡大を取得した。

「レンバチニブメシル酸塩」と「エベロリムス」を併用
  • 2016年、エーザイは、抗ガン剤「レンバチニブメシル酸塩」とエベロリムスを同時投与すると腎細胞がんに一定の改善効果があることを動物実験で確かめた。





ガンを冷凍して殺す
2011年、日立メディコはガン腫瘍細胞を冷凍して死滅させる機器をイスラエルから輸入する。

冷凍手術機はイスラエルのガリルメディカル社製。

腫瘍に直接針を刺し、高圧ガスを使って急速冷凍することで腫瘍を壊死させる。

この手術機を使った施術が保険の対象になった。
  • 10月現在、
    • 国立がん研究センター中央病院
    • 東京慈恵会医科大学付属柏病院
    • KKR札幌医療センター斗南病院
    に納入している。
  • 保険の対象になるのは直径4ab以下の腎臓ガンだが、今後は骨腫瘍乳ガンなどへの適用も進む見込み。



チェック
ガン
ガンの種類と症状 
ガンの転移
抗がん剤











TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬