ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



腎不全



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





急性腎不全
慢性腎不全
薬剤による急性腎不全
腎炎
急性腎炎
慢性腎炎
タンパク尿
高脂血症
かゆい
低カルシウム血症
人工透析
腹膜透析
広告




腎不全掻痒症に用いる漢方薬
温清飲(血虚)

黄連解毒湯

加味逍遙散(血虚)

桂枝加黄蓍湯(気虚)

三黄瀉心湯

四物湯(血虚)

十全大補湯(気虚)

真武湯
  1. 虚証で顔色不良、冷え症で疲れやすく浮腫傾向がある(漢方診療医典)


当帰飲子(血虚)

人参湯

補中益気湯(気虚)



腎不全
腎不全
  • 疾患名ではなく、病態名。
    原因疾患に関係なく糸球体濾過量が低下した状態を総称。

    人工透析or腹膜透析が必要になる。」


腎不全の種類
  • 急性腎不全 ARF(acute renal failure)
    • ・腎前性(GER↓)
      ・腎性(腎実質障害)
      ・腎後性(尿管閉塞)

  • 慢性腎不全は以下の経過を経る。
    • 腎予備力低下期→
    • →腎機能不全期(尿濃縮力↓)→
    • →腎機能代償不全期→
    • →(Azotemia、低 Ca血症、高P血症、Acidosis)→
    • →尿毒症期(高K血症も出現)






骨炎や骨折に注意
腎不全などで血液中のリンを排泄出来ない患者は、血中のリンが増え、カルシウムが減る。 


リンを抑えるため、副甲状腺ホルモンの分泌が増えるが、ホルモンは同時にカルシウムを排泄するため、カルシウム不足による骨炎や骨折を引き起こす。 




移植で「生活の質」良好に
腎不全とは
本来は尿とともに体外へ排出されるべきタンパク質などの代謝産物、いわゆる「尿毒素」が血液中に蓄積する病態のことであり、進行すれば意識障害や消化器からの出血・心不全などで死亡する。


最近まで職場の近くにある血液透析センターに週3回通い、血液中の尿毒素を取り除く透析治療を1回につき約4時間受けつつ仕事も順調にこなしてきた。しかし、透析治療は拘束時間が長く、商用でも出張が制限されるなどの点で不自由を感じ、センターの先生とも相談の上で10数年前から死体腎移植の希望登録をしていた。


死体移植は1年間に150〜200件実施されている。 

希望登録が以前は都道府県の腎臓バンクが行っていたが、今では社団法人の日本腎臓移植ネットワークが行い、oさんもそこからの指示で血液検査を受けて自分に合った提供者が出るのを待った。
そんなある日、脳血管障害で亡くなった男性の家族から腎提供の申し出があり、その候補者にOさんが決定した。移植ネットワークからの連絡を受けたとき、若干の不安があったものの即座に決心した。 



一般的には腎移植手術は全身麻酔下で行う。

移植後は拒絶反応を予防する目的で免疫抑制剤を服用し続ける必要があり、この薬が様々な副作用を引き起こす可能性はあるが、移植後の患者さんのQOL(生命・生活の質)は血液透析に比較しておおむね良好である。ただし厳重な服薬チェックを初めとする自己管理の必要性は血液透析の時以上に重要である。
  幸い術後経過は順調で40日ほどで退院となった。現在では仕事に趣味のゴルフに多忙な日々の傍ら、奥さんと二人三脚で毎日の服薬リストの記入や血圧・体重の管理にいそしみ、健康への気配りに怠りのない充実した生活を送っている 







拒絶反応
  • 2009年、順天堂大学の奥村康教授は臓器移植の際に起きる拒絶反応を抑える新しい治療法を開発した。
    移植後に使う免疫抑制剤の使用量を大幅に減らすことができる。
    東京女子医科大学の寺岡慧教授との共同研究。

  • この治療法は移植前に臓器の提供者と移植する患者が持つ白血球の一種『T細胞』を特殊なタンパク質と一緒に混ぜて培養し、移植後に患者の体内に戻す手法。
    2008年以降、生体腎移植患者9人に治療し8人で効果があった。免疫抑制剤の使用量が1/4にまで減るケースもあった。
    肝臓移植については2010年から北海道大学と臨床研究を始める。北大の藤堂省教授とは5〜10人の生体肝移植患者で実施の予定




急性腎不全を引き起こす有害因子
  1. エチレングリコール
  2. ジオキサン
  3. 四塩化炭素
  4. 蛇毒
  5. タリウム
  6. パラコート
  7. 砒素
  8. 無機水銀化合物
  9. 硫酸ジメチル



(腎不全患者に要注意の医薬品)
  • アデカット」「ガスター」「クラビット」「ケフラール」「コナン」「ザイロリック」「ジウテレン」「セタプリル」「セレスタミン」「ゾビラックス」「ダイアモックス」「タガメット」「タリビット」「ディオバン」「テグレトール」「ニューロタン」「ノフロ」「バクシダール」「パナルジン」「パンスポリン」「ブリブラチン」「フルイトラン」「ブロプレス」「ペンタサ」「ボルタレン」「ポンタール」「ニューロタン」「フェルデン」「メバロチン」「リピトール」「リーマス」「リウマトレックス」「リスバダール」「レニベース」「ロキソニン」「ロンゲス」「ワソラン」
  • 「アルダクトンA」「ソルダクトン」「ダイクロトライド」「ナトリックス」「ノルメラン」





食で補完できる
協和発酵は、老化を抑制する遺伝子が機能しなくなっても栄養分の摂取で補えることをマウスの実験で明らかにした。

老化抑制遺伝子が働かないと骨粗鬆症動脈硬化などが起こり早死にするマウスに、リン酸を減らし亜鉛を増やしたところ、症状が回復しきちんと成長した。ヒトも同様の遺伝子を持っており、医薬品開発に役立つという。


クロトー遺伝子」という老化抑制遺伝子を発見した鍋島洋一京都大教授と協力した。
クロトー遺伝子は腎臓に多く、他の器官にも影響を及ぼす。
機能が失われると、血液中のリン酸やカルシウム濃度が高まる。
この遺伝子が機能しないマウスはヒトの老化と似た症状を示し、通常2年程度の寿命が60日程度に短くなる。

遺伝子操作でクロトー遺伝子がほとんど働かなくなったマウスを使い実験した。エサに含まれるリン酸濃度を通常の半分以下の0.4%にすると、オスでは骨の劣化や動脈硬化など遺伝子機能低下に伴う様々な症状がほとんど改善し、寿命も延び、生殖機能も正常に発達した。


一方、メスではリン酸を減らすだけでなく、当時に亜鉛の摂取量を増やしたところ、機能が回復した。
牛乳などに含まれるオロット酸と結合した亜鉛を通常の約10倍に当たる0.25%に増やして与えると、正常なマウスと同様に成長。生殖能力も獲得した。


ヒトは腎不全になるとクロトー遺伝子の働きが低下することが知られている。早老症にも関係する可能性が高いが詳しく分かっていない。 





















関連情報 急性腎不全」「慢性腎不全」「薬剤による急性腎不全」「腎炎」「急性腎炎」「慢性腎炎」「タンパク尿」「高脂血症」「かゆい」「低カルシウム血症」「人工透析」「腹膜透析






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査