情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





尋常性乾癬






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






乾癬
おけつ






画像






=「鱗屑癬」。乾癬の一種。

<1>対側性に肘頭に、半米粒大の紅斑を生じ(膝蓋に好発する)、

<2>のち銀白色の鱗屑固着し、強いて剥がすと鮮紅色の紅斑面に点状出血がみられ(アウスピッツ現象)、

<3>外傷掻破などの刺激により同様の皮疹を生じる
(ケブネル現象)

1.病巣は湿潤せず、ほとんど自覚症・全身症状を欠き、慢性に経過して軽快・増悪を繰り返す。
2.一般に四肢伸側・肩甲間・躯幹・被髪頭部に生じる。
     
 (南山堂ー医学大辞典)




【西洋薬】 <1>ドボネックス軟膏:藤沢薬品が2000.613発売
【芳香療法】 <1>ベルガモット
<2>メマツヨイグサ油
【栄養療法】 <1>亜鉛の摂取(15mg/1日)が効果的です。
<2>ビタミンC、B群、E








尋常性乾癬の漢方薬
  1. 茵蔯蒿湯
  2. 温経湯
  3. 温清飲
    • 11歳、女子。
      「頸すじと背中に乾癬が出来て始終かゆいと言い、昭和41.5.10に来院。
      病歴は、小学1年生の秋、サバを食べて背中に“イボ”みたいな発疹が出来た。尋常性乾癬との診断で、日本医科大学皮膚科に3ヶ月間、順天堂大学皮膚科に3カ年間通った。通院中、昭和39.3月、関東逓信病院で全国の皮膚科専門医たちに供覧され、フルコートクリームを塗ることに結論が出たとのこと。フルコートを塗っているときは良いが、止めるとまた乾癬が出来て くる。そのうち塗っている部分の皮膚の色が変わってきた。3年間、大学病院へ通院しても治らない。しまいには太陽によく当たれとか、タワシでこすれとか、言われたので中止したという。
      乾癬をみると、頸すじと背中に“イボ”みたいな発疹が出来ていて、ちょっとみると毛虫が這っている感じで気味が悪い。発疹は赤味を呈し、乾燥していて、始終かゆい。そこで柱の角に背中をくっつけて、ごしごしすると言う。
      患者は顔色の青白い、痩せ型の少女。大変お茶が好きで、寝る前に茶碗で4~5杯飲むと言う。野菜類より肉類を多く摂り、チョコレートが好きだとの事。怒りっぽくて、冷え症で、走ったり、駆けたりすると左の脇腹が痛くなるという。便通は1日1回あるが、固い。小水はお茶を多く飲む割合には少ないという。
      腹診すると、鳩尾から両脇にかけて抵抗と圧痛があり、ヘソの両側の筋肉が棒のように突っ張っており、下腹部も緊張していて押さえると痛がる。そして非常にくすぐったがる。
      この腹診の結果と、その他の自他覚的所見とを総合して、次の4つの処方を考えた。
      <1>温清飲、
      <2>白虎加桂枝湯、
      <3>小柴胡湯+桂枝茯苓丸、
      <4>十味敗毒湯。
      この4つの処方の中で、胸脇苦満の症状、腹直筋の緊張、下腹部の緊張と圧痛から、はじめは小柴胡湯桂枝茯苓丸を用いようかと考えたが、患者の冷え症タイプ、お茶好きなどを考慮すると、これではちょっと強すぎると思い、温清飲を用いることにした。しかし、温清飲だけでは弱すぎると思い、柴胡・茵蒿・荊芥・苡仁・紅花・大黄などを加えて投薬した。
      本方を飲み始めると、まず便が快通して、それにつれて胸脇苦満と腹直筋の緊張がしだいに緩和され、くすぐったがるのが取れてきた。それから、下腹部の緊張と圧痛もしだいに緩和されてきた。これは乾癬の原因の1つと思われる血が浄化されてきたためと思われる。
      3ヶ月間飲むと、発疹が薄くなってきれいになり、1年6ヶ月の服用で発疹はすっかり消え、今まで憂鬱であった患者が朗らかになった」《寺師睦宗》
  4. 消風散
  5. 調胃承気湯
  6. 当帰飲子
  7. 当帰飲子霊芝
  8. 当帰飲子温清飲
  9. 当帰飲子荊芥連翹湯
  10. 当帰飲子
  11. 八味地黄丸
  12. 白虎加人参湯
  13. 六味丸



チェック
乾癬








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬