情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





人工甘味料






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)





肥満

ダイエットの宝石




人工甘味料でも太る
  • カロリーゼロの清涼飲料水を飲む習慣がある人は太りやすい。
    • 2011年、米テキサス大学のチームが発表した。
    • 研究チームは474人の男女を10年間にわたって追跡調査した。
    • ゼロカロリー飲料を好む人は、全く飲まない人に比べて、
      1. ウエストサイズの増加率が70%以上も上回った。
      2. 特に、1日2本以上飲む人の増加率は5倍以上になった。
      ゼロカロリー飲料に入っているのが「アスパルテーム」や「スクラロース」などの人工甘味料。これらは人間の舌にある甘味を感じるセンサーに砂糖と同じようにくっつく。このため甘いと感じるが、消化吸収されないため、カロリーが無いとされる。
      • 「キシリトール」などはカロリーが砂糖より少し少ない程度で、ゼロカロリー飲料には使われていない。

  • 米パヂュー大学
    • 大型ネズミ(ラット)を使った実験で、人工甘味料を使い続けると太りやすくなる可能性を指摘している。
    • ラットを2グループに分け、片方はヨーグルトに人工甘味料を混ぜ、もう一方は天然の砂糖の一種を加えた。
    • 2週間与え続けところ、人工甘味料入りヨーグルトを食べた方が太った。
    • しかも、人工甘味料を与えるのを止めてからも体重が増え続けた。

  • 米心臓協会・米糖尿病学会
    • 2012年7月、人工甘味料は砂糖を減らす1つの手段だが、長期的にみると糖分の摂取量を抑えてダイエットにつながるかどうかわからない、と発表。






人工甘味料で血糖値が異常
  • 2014年、菓子や清涼飲料水に広く使われているサッカリンなどの人工甘味料には、代謝に関わる腸内細菌のバランスを崩して血糖値が下がりにくくなる作用があるとする研究成果を、イスラエルの研究チームがネイチャー電子版に発表した。
  • サッカリンに外にもスクラロースやアスパルテームにも同じ作用があることをマウス実験で確認。








人の舌には甘味を感じるセンサー(受容体)は1種類しかない。
サントリーと東京大学のグループは甘味受容体の構造を明らかにした。
受容体は2種類のタンパク質が組み合わさっている。
砂糖と結合するのは「hT1R2」と呼ぶ1種類のタンパク質。
タンパク質を作るアミノ酸のうち10個が甘味物質の認識に強く関係していた。
甘味物質がhT1R2と結合すると、背中合わせにある「hT1R3」というタンパク質の構造が変わり、その情報が別のタンパク質を通じて細胞に伝えられ、神経を通じて脳で甘いと感じる。
この構造をまねたのが人工甘味料。
  1. アスパルテーム・・・・8個
  2. スクラロース・・・・・・・6個
  3. アセスルファム・・・・・4個
  4. サッカリンナトリウム・4個
甘味受容体との結合が強いほど甘味を強く感じる。
ただ、人工甘味料には、苦味やえぐみがある。
人工甘味料は甘味受容体だけでなく、苦味の受容体にも結合する。






キシリトール
トウモロコシの芯から
  • 2012年、北見工業大学の堀内淳一教授らは、廃棄するトウモロコシの芯からキシリトールを製造する技術を開発した。
  • トウモロコシの芯は植物繊維のヘミセルロース30〜40%とセルロース20〜30%を含む。
  • セルロースは糖のグルコースにし、バイオ燃料の原料とする。
  • ヘミセルロースが分解してできるキシロースという糖はバイオ燃料には向かず、ほとんど利用されていなかった。
  • 堀内教授らは、ヘミセルロースの分解物であるキシリロースを食べて分解する酵母の一種「カンジダ」を使った。
  • トウモロコシの芯を細かく砕いて、濃度が極めて薄い硫酸に入れ、120℃で60分間煮ると、キシロースが出てくる。このキシロースの溶液にカンジダを入れて30℃ぐらいの環境で2日間培養する。
  • カンジダは酸素が十分な環境ではキシリトールを作らないが、酸素の供給量をギリギリまで少なくするとキシリトールを作るようになる。
  • 溶液中のキシリトールを濃縮して精製すれば、食品などに使える。
  • 現在使われているキシリトールの多くは、シラカバの木から取りだしたキシロースを原料に化学反応を使い量産している。





人工甘味料
合成技術などを使って人工的に作り出した甘味料。戦後の砂糖不足の代替物質として使用されていたが、同じ質量で砂糖の数百倍〜数千倍の甘さを持つ物質の開発が進んだことで、ダイエットなどの用途として需要が拡大した。すべて食品添加物としての認可を受けている。
米国を中心に海外での消費が圧倒的に多く、日本では1割にも満たないという。
一方で、砂糖使用量が多いロシア、東欧、南米ではほとんど普及していない
  D-トリプトファン(アミノ酸の一種)
  アスパルテーム


アスパルテーム
  • ラットを用いたin vivo実験で、リンパ腫及び白血病を誘発する可能性が示唆された。

甘さ砂糖の4000倍
  • 味の素は砂糖の4000倍の甘さを持つ人工物質を合成し、結晶化することに成功した。西アフリカ原産のつる状植物の実に含まれる『モネリン』という甘味タンパク質を出発物質にし、タンパク工学的な処理を加えた。
    モネリンはアミノ酸が94分子繋がった小さなタンパク質。ザイールなどの西アフリカの密林地域で7月から10月の雨期に出来る赤い実の中に含まれ、現地ではこの実を甘味料として使っている。口に含むと甘さが1時間以上持続する

甘さ砂糖の8000倍
  • 米モンサントは米食品医薬品局(FDA)に、ノン・カロリーの新型甘味料『ネオテーム』の販売許可を申請した。ネオテームは砂糖の8000倍。低カロリー甘味料のアスパルテームの200倍の甘さがある甘味料。98年までには認可されれば、アスパルテームに取って代わる甘味料になると見られている。

砂糖の2万倍
  • 味の素は同じ質量で砂糖の2万倍、アスパルテームの100倍の甘さを持つ超高甘味度甘味料を開発した。主力人工甘味料であるアスパルテームの誘導体で、同商品の弱点とされる耐熱性などにも優れているという。安全性試験などを経て2〜3年後にも米食品医薬品局(FDA)に食品として申請する。








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬