人事不省の漢方薬
  牛黄清心丸


呉茱萸湯
  1. 凡そ危篤の症、濁飲の上溢を審らかにして此方を処するときは、その効挙げて数へ難し。《勿誤薬室方函口訣》

三黄瀉心湯


小青竜湯


続命湯


通関散
  • 凡そ卒中昏倒して人事を醒せず、牙関緊急するは此れ風痰に中たるなり。
    <1>先ず通関散を用いて鼻に吹き、
    <2>に吐法を用う。
    <3>吐して後、未だ醒めざれば急に百会・人中・頬車・合谷に灸して、即ち導痰湯or摂生飲を服す。
    <4>やや醒むるをまって、その気未だ尽く順らず、痰未だ尽く除かざれば、ただ当に藿香正気散+南星・木香・防風・当帰を服すべし。1、2剤にして然して後、その症に中たるを視て、則ち当にその方を以て之を治すべし。《万病回春》







鬼撃(きげき)
  • =悪気にうたれて人事不省になる。
客忤(きゃくご)
  • =物におびえる。
    見慣れないものを見て驚きおびえて人事不省になる。





関連情報 中風
脳卒中
意識朦朧
ダンピング症候群









    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
    東洋医学の考え方

漢方薬の選び方
 ブログdraun
よく使う漢方薬
 ツムラ番号   漢方処方3000


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved