ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP


ペット感染症
zoonosys(人畜共通感染症)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





イヌ・ネコ回虫症
ネコひっかき病
先天性トキソプラズマ症
喘息
原因不明の高熱
ペスト
オーム病
クリプトコッカス症
サルモネラ症
レプトスピラ
狂犬病
エキノコックス症
西ナイル熱
シャーガス病
広告




ペット感染症人畜共通感染症ZOONOSYS
アメーバ赤痢
イヌ糸状虫症 肺に銭形陰影。
→「肺ガン
(イヌ)
蚊の刺傷。
イヌ・ネコ回虫症 肝腫脹、
発熱、
視力低下

飛蚊症
網膜芽細胞腫
体毛に付着した虫卵がゴミと共に口から入り感染する
エルシニア症 食中毒
胃腸炎、
急性肺炎
(イヌ・ネコネズミ
排泄物の汚染物 から経口感染する
オウム病 発熱、
せき
(インコ・文鳥)
乾燥した糞の吸入
クラミジアと呼ばれる細菌より小さな微生物が病原体で、発熱・頭痛、ノドの痛みなど風邪によく似た症状が出る。しかも診断がつきにくい」
エキノコックス症 腹部の膨満感など。進行すると肝機能障害を起こす キタキツネの糞
エボラ出血熱 高熱と筋肉痛、頭痛などの後に
胸や腹部の痛みと
下血 吐血
死亡者の90%以上が消化管出血を起こしていた
自然界からの経路は不明。サルから移った例あり。
血液などを通じ人→人へ感染する
カンピロバクター症 食中毒 (イヌ・ネコ・小鳥)
Q熱 突然の高熱、
関節痛
イヌ・ネコの15%が病原菌を持っている。
狂犬病 マヒや錯乱などの症状のあと、呼吸マヒで死亡
[ワクチン]あり。
イヌ、ネコ、キツネ、アライグマなど
クリプトコッカス症 髄膜脳炎、
肺炎
(ハト・小鳥)
えさの口移し、乾燥した糞の吸入
サル痘 発疹や高熱など天然痘に似た症状 サル、リス、プレリードッグ
米疾病対策センター(CDC)は2003年7/2、米国で6月に初めて確認された天然痘に似た病気、
サル痘の感染源は、ペットとしてアフリカから輸入されたアフリカオニネズミなどの動物と確認したと発表
人→人へ感染する
サルモネラ症 下痢、吐き気、
発熱
腹痛、
食中毒
(は虫類・イヌ・ネコ
排泄物の汚染物から経口から
トキソカラ症 肝臓肥大や
視力低下を招く。
イヌやネコにいる寄生虫が人体に侵入
トキソプラズマ症 流産、死産、
リンパ腺炎、
網脈絡膜炎
ネコ)糞で汚れた砂などから虫卵が口に入り感染
西ナイル熱 発熱や頭痛。
約1%は重症化して肺炎に
鳥のウイルスを蚊が媒介
ネコひっかき病 発熱、
リンパ節の腫れ
髄膜炎、
脳症
ネコ
ひっかき傷、咬傷、
ノミによる刺傷
パスツレラ症 傷口・リンパ節の腫れ
骨髄炎、
髄膜炎、
敗血症
ネコ・イヌ)ひっかき傷、咬傷、空気感染、えさの口移しなどで感染する
イヌやネコから移る代表的な病気で、患部の化膿や敗血症などを引き起こす。
ネコはすべて、イヌは約75%が原因菌を保有している。
どんなにキレイに洗っても菌は駆除できない
皮膚糸状虫症 発疹、
皮膚炎
ネコ・イヌ)
直接の接触
動物にすみつくカビの仲間(真菌)がヒトに移り、皮膚の炎症(発疹や化膿)を引き起こす。
原因菌としてはイヌやネコに多い[イヌ小胞菌]が多く、ウサギやネズミなどが持つ[毛瘡菌]による感染例もあります。
・症状の特徴は、[白癬]と同じように、皮膚にハッキリした輪状の炎症が生じ、かゆみを伴います。
患部は顔や首、手足が多い。
・毛瘡菌はハムスターやハリネズミなどからも検出されています。感染すると手がチクチクして水疱ができたり、または皮がむけたりします
ブルセラ 細菌によって引き起こされる家畜の病気。人に感染すると種々の症状が出る
イヌとキスして→「ブルセラ死亡例あり
ペスト 腺ペストは急な発熱、強い全身症状。
肺ペストに移行すると致死率高い
野生齧歯類(ネズミなど)からノミを媒介して人へ
人→人へ感染する
ラッサ熱 ・発熱
・出血
・ショックなど
西アフリカの大型ノネズミの尿
人→人へ感染する
レプトスピラ症 発熱、
全身倦怠感、
筋肉痛、
黄疸、
出血、
腎障害

[ワクチン]あり。
(イヌ・ネズミ・ハムスター)
尿で汚染された下水や泥。四肢の傷口から経皮感染




エールリッヒオーシス(虫咬症)
・この原虫は0.2〜0.8マイクロb大でグラム陰性のリケッチア様桿菌である。

・白血球に取とりこまれたものは、染色すると桑の実のように赤紫色の円形の集合体として観察できる

10%くらいの患者はショック死する危険性があるという。

ヒトの血液の単核球か好中球の細胞質内に赤紫色の桑の実のような小体を見つけることが診断のキッカケになる。

自動分析装置では発見できないため、検査技師の腕が重要になる。遺伝子検査で確定診断する

  • (症状)
    @ 犬などに寄生するダニによく潜んでおり、
    これに咬まれると2週間くらいたって頭痛・倦怠感・筋肉痛・発熱などの症状がでてくる。
    A 白血球が減少 する
    B 血小板の数は減少する
    C 肝機能は正常である。





カプノサイトファーガによる感染症
2002年に、国内初の死亡者が出た。
イヌの口内で見つかる菌。
発症すると腎不全・敗血症・髄膜炎などで30%が死亡する。




ハムスターにかまれ死亡
埼玉県に住む男性(40歳代)が、2004年2月、飼育していたハムスターに指をかまれた直後に意識不明となり、搬送先の病院で死亡していた。

傷口からハムスターの唾液が体内に入り、急激なアレルギー反応である『アナフィラキシー』が起きて、持病の喘息を誘発した。

ハムスターなどの齧歯類にかまれたのが原因でアナフィラキシーを起こした人は1995年以降、全国で17人報告され、16人は大事に至らなかったが、1人は植物状態 になった。

かまれた直後の死亡例は今回が初めて。

診察した清田和也・さいたま赤十字病院救急センター長は「常に起きるわけではないが、アレルギー体質の人や、かまれる危険が高い獣医師は気をつけた方がいい」と注意を呼びかけている。
死亡した男性は4〜5年前からジャンガリアン・ハムスターを飼い、何度もかまれていた。



死亡の当日は自宅で左手の指をかまれた直後に咳き込み、数十分後に倒れているのを家族が発見。

病院に運ばれたときには心肺停止状態で助からなかった。

男性の臓器や血液を調べたところ、アレルギーの際に多く見られる白血球の一種が見つかり、ハムスターのタンパク質への強い反応も確認された。
アナフィラキシーで持病の喘息が誘発され窒息死したらしい。





サル輸入禁止
2004年6月、厚生労働省は動物から人にうつる感染症の発生や蔓延を防ぐために、ペット用サルの輸入禁止やほ乳類・鳥類の輸入届け出制の導入など輸入規制を強化する。

届け出制は2005年10月までに実施。

ペット用サルの輸入禁止は輸出国と協議の上実施時期を決める。

現在、サルは米国や中国、インドネシアなど一部の国から輸入が認められている。2001年には約70匹がペット用に輸入された。

ほ乳類や鳥類は感染症の恐れがないことを示す衛生証明書の添付を義務づける。」
→「Bウイルス



アライグマ回虫
人間に感染すると重度の脳障害を引き起こし、死亡率も高い『アライグマ回虫』が、動物園など全国7カ所の飼育施設のアライグマに寄生していることが国立感染症研究所の調査で分かった。同研究所が2000年〜2003年にかけ、全国の動物園などのアンケートを実施。飼育してると答えた82施設のうち、感染はないと回答した施設を除く46施設から糞や園内の土を採取し回虫の有無を調べた。その結果、計7施設(飼育頭数130)から回虫を検出。

現在、薬物投与による駆除や施設の消毒を実施している。

この回虫はアライグマの小腸に寄生。
糞と一緒に排泄された卵を人間が摂取すると体内で幼虫が脳などへ移り、発育・視力障害などを起こす。

米国では重い脳障害患者が幼児を中心に少なくとも12人確認され、うち3人が死亡。



プレリードッグ
(野兎病)


厚生労働省は2002年10/18、プレリードッグの輸入を禁止することを決めた。寄生するノミによってペストなどを媒介する危険性が米国で指摘されているため。政令を11月中にも改正、来春から実施したい考え。感染症対策のため輸入を禁止する動物はサルに次ぎ2種類目となった。
キッカケは、2002年夏に起きた騒動だった。「プレーリ輸出業者の施設内で野兎病が発生し、250匹が死亡した。日本へ輸出された280匹にも感染の可能性がある」と、米疾病対策センターから厚生労働省に緊急通報が2002年8月に届いた。



野兎病はヒトにも感染し、発熱や悪寒を引き起こす。
抗生物質で治療できるが、まれに死亡例もある。

同省結核感染症課は、輸入自粛を業界に求める一方、280匹の流通系の追跡で輸入業者6社を割り出したが、52のペットショップを突き止めただけ。飼い主も特定出来なかった。

実は、つい最近まで、日本には動物輸入の統計さえなかった。厚労省の要請で、2001年から財務省の貿易統計に加えられたばかりだった。それによると、2001年のプレーリーの輸入は13400匹。哺乳類全体では119万匹、鳥類・爬虫類・両生類は7億8000万匹にも上った。それらの多くがペット用とみられる。
輸入の際、牛・豚・鶏などの家畜類は、家畜伝染病予防法の検疫を受ける。しかし、それ以外の動物は、エボラ出血熱を媒介するサルが感染症予防法で、狂犬病の恐れがあるイヌ・ネコ・キツネ・スカンク・アライグマが狂犬病予防法で検疫対象になっているだけだ。
コウモリ・オウム・ネズミなどの感染症を媒介する危険性がある動物は空港からペットショップまでノーチェックで素通りだ。
厚労省は急遽、感染症予防法をプレーリーにも適用し、2003年3月から原則輸入禁止にすることを決めた。
外来の野生生物をペットにするのは、予防注射をしないで、感染症がはびこっている国に旅行に出かけて、生水を飲むことよりも危険なことだ。




サーズ・・ネコに感染
新型肺炎、重症急性呼吸器症候群(SARS)の原因ウイスルがネコやフェレット(イタチの仲間)など身近な動物に感染して広がることをオランダや香港の研究チームが突き止め2003年10/30のネイチャーで発表した。




ミドリガメで感染症
2005年3月と10月、千葉県内でミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)のサルモネラ菌によって女児が重症の感染症に罹患した事例が報告されていた。
女児2人は一時重篤な状態になったが、すでに回復している。
文部科学省は2006年3/9までに、飼育に当たる児童・生徒に注意を徹底するように都道府県教育委員会などに緊急の指示を出した。

幼稚園と小学校については「飼育を控えるべきだ」としている。
手軽で買いやすいミドリガメを育てている学校は多いとみられる。

国立感染症研究所の病原微生物検出情報によると、1人は家でミドリガメを飼育していた1歳3ヵ月の女児で、
  • 熱性ケイレンで入院。
  • 39.6℃の高熱が出て、
  • 足の硬直を起こした。
検査でサルモネラ髄膜炎と分かった。
もう1人は5歳2ヵ月の女児で、急性腸炎と敗血症を起こした。飼っていた家の水槽の水から多量の菌が検出された




チェック
イヌ・ネコ回虫症」「ネコひっかき病」「先天性トキソプラズマ症」「喘息」「原因不明の高熱」「ペスト」「オーム病」「クリプトコッカス症」「サルモネラ症」「レプトスピラ」「狂犬病」「エキノコックス症」「西ナイル熱」「シャーガス病









解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査