ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




腎臓結石



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)


腎臓結石の漢方薬   
尿管結石の漢方薬    
腰が痛い
腰痛症
ホウレンソウ
広告



腎臓結石の漢方薬
  1. 桂枝茯苓丸
    1. 左側の尿管に結石があって、時々激しい腹痛を起こす患者を診察し、左側腸骨窩の内側に抵抗と圧痛のあるのを目標に、この方を用いたところ、2週間で、赤小豆大の血塊が排泄されて、それきり全治した。《大塚敬節》
  2. 牛車腎気丸
  3. 五淋散
  4. 芍薬甘草湯
    1. ケイレン痛
  5. 小柴胡湯
  6. 清心蓮子飲
    1. 胃腸虚弱
    2. 猪苓湯で胃腸障害がある者
    3. 神経質

  7. 大建中湯
    1. 私がかって腎臓結石に罹って、激しい疝痛に悩んだ時、大建中湯で小豆大の結石2個を排出して治ったことがあるが、この時は腹がパンパンに緊張して、蠕動がよく分からなかった。ガスが充満していたのである。《大塚敬節》

  8. 大柴胡湯
  9. 大承気湯
  10. 調胃承気湯
  11. 猪苓湯
    1. 排尿痛、排尿困難、血尿、口渇。
    2. 下部尿路結石
    3. 石の排出に
  12. 桃核承気湯
  13. 当帰建中湯
  14. 八味地黄丸
  15. 六味丸




尿管結石に用いる漢方薬






芍薬甘草湯 (シャクヤクカンゾウトウ)
  • (冷えがない、腹直期の緊張)
芍薬甘草附子湯 (シャクヤクカンゾウブシトウ)
  • (冷え、腹力が弱い)
大建中湯 (ダイケンチュウトウ)
  • (冷え、腹力が弱い)






桂枝茯苓丸 (ケイシブクリョウガン)
柴胡桂枝湯 (サイコケイシトウ)
  • (胸脇苦満)
清心蓮子飲(セイシンレンシイン)
大黄牡丹皮湯 (ダイオウボタンピトウ)
大柴胡湯 (ダイサイコトウ)
  • (胸脇苦満)
猪苓湯 (チョレイトウ)
  • (下焦の熱)
猪苓湯合四物湯 (チョレイトウゴウシモツトウ)
  • (下焦の熱)
桃核承気湯 (トウガクジョウキトウ)
当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
八味地黄丸 (ハチミジオウガン)
  • (腎虚)
竜胆瀉肝湯 (リュウタンシャカントウ)
  • (下焦の熱)






尿路結石
早朝、左の脇腹に激痛が走り病院に運び込まれた。

  • 尿検査やX線写真で尿路結石の疑いがあるとされ、泌尿器科を受診した。
    尿路結石症は近年増加しており、10人に1人は患うとされる。
  • 30〜50歳の男性に多く、95%以上を上部尿路結石が占める。
  • 結石が尿管を圧迫しして腎臓と尿管の接続部である腎盂の内圧が急激に上昇すると、側腹部に痛みが生じ、しばしば下腹部に広がる

痛みは夜間や早朝に多く、嘔吐を伴うこともある。

  • 診断は尿検査、X線検査、排泄性腎盂尿管造影、超音波検査でつくことが多い。Tさんは左尿管結石と診断された。直径6mm以下の結石は自然に排泄される可能性が多い。
    結石が排泄しないときは手術を行う。
  • 1988年に保険適用になったことから、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)が尿路結石治療の第1選択肢になっている。日本には700台以上の装置があり、年間5万件以上治療されている。
  • 尿路結石は患者の50%以上が再発するため、再発予防が重要になる。原因がハッキリしている場合はその原因を取り除く治療をすれば良い。

多くは原因不明であり食事療法が重要になる・・・生活習慣病の1つ。

  • 水分を十分に摂取し、
    1. 動物性タンパク質の過剰摂取を控え、
    2. 結石を予防するマグネシウムや食物繊維の多い野菜類、海草類を摂取する
    ことである。

  • 結石は水分の補給がなく、尿が濃縮される夜間に出来やすい。
    1. 夕食を早めにとり、
    2. 食べ過ぎないように気をつけて、
    3. 夕食後に水分を十分摂取する
    ことが大切である





脂肪や高タンパク食を控えましょう
右の腎臓に石があり、機能していないと言われました。右の腎臓は取るべきでしょうか?人工透析が必要になりますか?

◇どんな病気ですか?

  • 「腎臓に、尿中のカルシウムやシュウ酸、尿酸、リン酸などの成分が固まって石が出来ます。砂のように細かな石から、腎臓全体を埋め尽くす大きなものまで、サイズは様々です。」
      

◇痛くはないのですか?
  • 「腎臓内にとどまっている間は無症状ですが、尿路に出ると、痛みや血尿が起きます。石が尿路をふさぎ、尿が通れ無くなると、腎臓がむくむ[水腎症]と呼ばれる状態になります。」
      

◇なぜ石ができるのですか?
  • 「尿の成分のバランスが崩れ、カルシウムなどが多くなると、溶けきれなくなり、結晶化します。これが集まり成長して、石になるのです。原因によって、石の構成成分は変わります」
      

◇尿成分のバランスが崩れるのは、どんな場合ですか?
  • いろいろあります。
  • 水分の不足や長期の寝たきり、
  • 尿路感染症、痛風でも起きます。
  • 膠原病の治療などに使うステロイドホルモン剤も、原因の1つです。
  • 副甲状腺からホルモンが過剰に出て、骨のカルシウムをどんどん溶かす病気や、尿細管の細胞がうまく働かず、尿がアルカリ性になる病気の可能性もあります」。  
      

◇石を取る方法は?
  • 石が直径5ミリ程度までなら、様子を見ます。
  • 自然に出ることが多いからです。
  • 1センチぐらいになると、治療の対象になります。
  • 方法は衝撃波で石を小さく砕いて、自然に排出させる方法や、背中に穴をあけて内視鏡を入れ、石を取る方法を使います。
     

◇予防法は有ますか?
  • 生活指導が重要です。
  • 食事では、脂肪や動物タンパク質、塩分を控えましょう。高タンパク食は、石をとても作りやすく『石は美食の産物』と言われるほどです。たっぷりの夕食、食べてすぐ寝る習慣は、どちらも良くありません








腎臓結石
  • 血尿と腰背部へ放散する腎疝痛があり、X線により結石の存在が証明される。


腎臓結石の病態
  • 腎・尿路において可視的な大きさに結晶が形成されたもの

(腎臓結石に要注意の医薬品)
  • 「ダイアモックス」ワンアルファ

腎臓結石の検査
  1. 尿沈渣
    1. 赤血球の存在は結石の指標となる
    2. 白血球は尿路感染症の指標となることがある。
  2. 血清Ca濃度・・・・10.5mg/dl以上で副甲状腺機能亢進症を疑う
  3. 血清尿酸
  4. 血清電解質
  5. 血液ガス分析
  6. 尿pH・・・・・・・pH5.5以下で尿酸結晶ができやすい
  7. 尿中Ca排泄量
  8. 尿中シスチン排泄量・・・60mg/g・Cr以上でシスチン尿症
  9. 血清成分分析
  10. 腹部X線
  11. 腎盂造影
  12. 腹部超音波





腎臓結石の種類
@カルシウム結石
  • 蓚酸カルシウム結石
  • 1 大部分が尿中にカルシウム多い病態、即ち高カルシウム尿症による。
    2 高カルシウム尿症の原因には、
    1. 原因不明の特発性高カルシウム尿症
    2. 腸管からのカルシウム吸収の増加
    によることが多い、
    3 その他の高カルシウム尿症の原因には、
    1. 原発性副甲状腺機能亢進症
    がある
    4 苦みをもつものがシュウ酸を多く含む。
    シュウ酸はカルシウムを一緒に摂取すると体外へ便として放出される。


A尿酸結石


Bマグネシウム-アンモニウム-リン結石
  • 尿路感染症により発症する


Cシスチン結石






結石を破砕
ESWL(Extracorporeal Shock Wave Lithotripsy)
=体外衝撃波結石破砕術



破砕技術
  • 2007年、東京大学の松本洋一郎教授のグループは、腎臓や膀胱内にできた結石を砕く技術を開発した。波長の違う2種類の超音波を使うことで、数_bサイズの結石でも的確にねらい打ちできる。
    約0.5_bと約3_bの波長の超音波を利用する。まず波長の短い方を結石に当てると、表面の圧力が微妙に変化してとても小さな気泡が無数にできる。その直後に波長の長い超音波を送り込むと泡が勢いよく破裂し、結石に衝撃が加わって砕ける。
    システインと呼ぶ非常に硬い成分でできた結石も粉々にできる。
    気泡が超音波を一点に集めるレンズのような働きをするため、数マイクロb四方の狭い範囲に絞ってエネルギーを当てられる。周囲の組織に内出血を起こることもなかった。


破片を残さず
  • 2009年、東京大学の光石衛教授と松本洋一郎教授らのグループは、超音波を使った結石治療装置を開発した。従来のタイプでは結石のかけらまでは取り除けなかった。
    開発した装置では・・・結石を溶かすように除去できる。
    成果は9月の日本ロボット学会で発表。
    開発した装置は超音波診断装置と治療用超音波照射装置を組み合わせた。
    体内の結石の位置を確認しながら特殊な超音波を結石の照射する。
    具体的には、高周波と低周波の2種類の超音波を使い結石を溶かすように破壊する。3.8メガヘルツの高周波と553`ヘルツの低周波を交互に当てることによって、結石の中でマイクロバブルを発生させ、これが弾けることによって結石を細かく破壊する。
    超音波は31_秒ごとに0.02_秒ずつ照射するが、結石を完全に溶かすには1時間〜数時間かかる。
    開発した装置では、呼吸などで体が動いても治療用の超音波を正確に結石に当てられる。
    ブタの腎臓を使った実験では、1秒間に2〜3cm動かしても正確に照射して結石を溶かすことができた。
    3年後の実用化をめざす


確実に粉砕
  • 2010年、ボストン・サイエンティフィックジャパンは尿路結石を粉砕する装置を発売。
    内視鏡などを介して体内に挿入し、圧縮空気で金属製の棒を振動させて結石を砕く。振動回数を1秒間に1回から調節できる











微生物を発見?
ヒトの尿路結石中にアパタイト(リン酸カルシウム)の殻を持つ微小の微生物が潜んでいることを岡山大学泌尿器科の公文裕巳教授と松本明特別研究員(元川崎医大教授)らは2004年4/19日確認した。

この微生物は結石を作る“核”で、生態が解明されれば尿路結石や動脈硬化などの原因解明や新しい治療薬の開発に応用できる。
公文教授らは、腎臓などに出来た結石を細かく砕き、フィルターで漉して他の細菌を排除、放射線で殺菌したウシ胎児の血清で培養した。これまでに68個中10個から微生物を分離し、42個でこの微生物に特徴的な形状の粒子を確認した。

分離された微生物は直径が2/1000_と、最大のウイルスと同じくらいの大きさ。培養を続けると、直径数_/1000のアパタイトの殻で覆われた。

ウイルスと異なり、栄養を得て自己増殖するという


2008年、岡山大学の公文祐巳教授らは尿路結石などの原因となる微生物として注目を集めてきた物体の正体が実は生物ではなく、脂質が酸化した化合物であると断定した。
試験管内ではまるで生命体のように振る舞うが、DNAが無いことを確認、生物ではないと結論づけた。

この物体は1998年にフィンランドの研究グループが「
ナノ微生物」として見つけた。

結石の成分であるアパタイト(リン酸カルシウム)の殻などを持ち、尿路結石などを引き起こす微生物と見られたが、大きさが数10ナノb〜数百ナノbと小さく、本当に生物かどうか論争が続いていた。

公文教授は尿路結石をすりつぶして血清で培養。培養液の殺菌に使うガンマ線を当てたところ、10ナノbぐらいの核となる部分に脂質が酸化して積み重なり、あたかも生物が自己増殖するように振る舞った。
DNAは見つからなかった。
同教授らは『
ナノ石灰化小球』と名づけ、新規化合物などとして特許を出願。


動脈硬化を起こしたマウスの血管でもこの物質が見つかった。
尿路結石や動脈硬化の進行を初期段階で調べる診断薬に可能性がある。









チェック
関連情報
腎臓結石の漢方薬   
尿管結石の漢方薬    
腰が痛い」「腰痛症」「ホウレンソウ




広告






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬