なおるコム/治るかも 
自律神経作用薬

TOP広告病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬会員サービス







自律神経作用薬
自律神経失調症




自律神経作用薬
交感神経興奮薬

アドレナリン作動薬
α受容体作動薬 昇圧薬 ノルエピネフリン
β受容体作動薬 鎮咳薬 (イソプレナリン)
α、β受容体興奮薬 エフェドリン
交感神経抑制薬

アドレナリン遮断薬
α受容体遮断薬 血管拡張薬 (トラゾリン)
β受容体遮断薬 抗不整脈薬
降圧薬 プロプラノロール
α、β受容体遮断薬 (ラベタロール)
その他 (グアナベンズ)
メチルドパ
副交感神経興奮薬

コリン作動薬
消化管機能促進薬
(コリンエステル類)
塩化ベタネコール [ベサコリン]
塩化カルプロニウム [アクチナミン]
塩化アセチルコリン
(アセコリ)
[オビソート]
[ノイコリンエー]
重症筋無力症治療薬
(抗コリンエステラーゼ薬)
(ChE薬)
ネオスチグミン [ワゴスチグミン]
塩化アンベノニウム [マイテラーゼ]
臭化ピリドスチグミン [メスチノン]
臭化ジスチグミン [ウブレチド]
副交感神経抑制・遮断薬

(鎮痙薬・粘膜分泌抑制薬)


抗コリン作用
  • 脳神経は、シナプス前部から放出された神経伝達物質を後部が受容することで、情報が伝わる仕組みになっている。この際、シナプス前部から放出された神経伝達物質が後部に受容されることなくシナプスの間隙に残った場合、シナプス前部が再取り込みを行う。
  • 三環系抗うつ薬などはセロトニンやアドレナリンのこの再取り込みを阻害することによって、うつ症状を軽減するなどの効果を発するが、同時に神経伝達物質の1つであるアセチルコリンがシナプス後部の受容体と結合することを阻害してしまう作用を持っている。
  • この作用を一般に抗コリン作用という。
  • 出てくる症状には
    • ・口渇
    • ・便秘
    • ・排尿障害
    • ・眠気
    • ・立ちくらみ
    • ・めまい
    • ・かすみ目
    • ・吐き気
    • ・食欲不振
    • ・胃部不快感
    • ・動悸
    • ・不整脈
    • がある
塩化トロスピウム [スパスメックス]
塩酸ジシクロベリン [レスポリミン]
塩酸パパベリン(塩パパ) [塩酸パパベリン]
塩酸ピペリドメート [ダクチラン]
「ダクチル」
臭化エチルピペタナート [パンンプロール]
臭化水素酸スコポラミン [ハイスコ]
臭化チキジウム [セスデン]
臭化チメピジウム [スパスメックス]
臭化バレタメート [シンメタン]
臭化ブチルスコポラミン [ブスコパン]
臭化ブトロピウム [コリオパン]
[ブトロパン]
臭化プリフィニウム [パドリン]
臭化プロパンテリン [プロ・バンサイン]
臭化メチルアニソトロピン
(臭化メチルオクタトロピン)
[バルピン]
トレピブトン [スパカール]
フロプロピオン [コスパノン]
[スパネート]
硫酸アトロピン
(硫アト)
[硫酸アトロピン]
メチル硫酸N-メチルスコポラミン [ダイピン]
ヨウ化オキサピウム [エスパレキサン]
[エスペラン]
ヨウ化チエモニウム [ビセラルジン]
ロートエキス [ロートエキス]
合剤 [静注用マグネゾール]
その他 子宮収縮薬 マレイン酸エルゴメトリン [エルゴメトリンF]
マレイン酸メチルエロゴメトリン
(エルゴメ)
[パルタンM]
[メテナリン]
[メテルギン]
自律神経調整薬 トフィソバム [グランダキシン]




TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬会員サービス