痔瘻の漢方薬
  黄蓍建中湯


荊芥連翹湯


桂枝加芍薬湯


桂枝加朮附湯


四君子湯
  1. ○○氏痔を患う多年、肛門潰爛し、時に膿血を出し、臭比なし。面色萎黄、肢体倦怠、諸薬無効なり。四君子湯黄蓍・槐角を以て100余剤与え服し、全く癒える。《方読便覧》


四物湯
  1. 内熱痔瘻、下血する者:「黄柏、黄芩、槐花」《方読便覧》


十全大補湯


秦艽防風湯
  1. 便秘の傾向があって、排便の時に疼痛を発し、ときどき膿がたまって、しかも体力は相当に充実している者によい。
    痔瘻ばかりでなく、痔核で痛み出血するものによい。通じの具合で大黄は加減する(漢方診療医典)


排膿散及湯


排膿散料


八味地黄丸


竜胆瀉肝湯


六味丸


痔瘻(じろう)
肛門の周囲にあるポケット状の組織に便が入り込み、大腸菌などが感染して起きる痔瘻。

肛門近くに孔が開く痔で、下痢することが多い男性によく見られる。

あな痔とも呼ばれる。

痔瘻は30歳代までの若い人によく見られます。

また、痔核(いぼ痔)は一般に長い期間をかけてできるのですが、痔瘻は突然現れる急性のものです


肛門の細胞の寿命・・・・4.3日





子供の痔瘻
大半は手術不要
  • 「生後2ヶ月のS君。肛門のすぐ横が腫れてきたといって、母親が驚いて外来に連れてこられた。おしりをふこうとすると痛がった泣くという。
    見ると、肛門の右横が2cmほどの大きさに赤く腫れ上がっており、さわると痛がる、肛門周囲膿瘍という、膿がたまった状態であった。
    肛門周囲膿瘍といった肛門の病気は、大人の病気と思われがちだが、赤ちゃんもよくかかる。肛門陰窩という、肛門のすぐ上のくぼみからばい菌が入り込み、肛門のすぐ横の皮膚の裏に膿がたまった状態である。ほとんどが男の子に起こり、生後1ヶ月から3ヶ月の間に発症のピークがある。
    また、母乳栄養児や、排便回数の多い場合に起こりやすいといわれている。熱が出ることは少なく、全身状態は良好である。放置すると、自然に破れて膿が出てくるが、その前に気付くことが多い。
    注射針で皮膚に小さな穴を開け、膿を逃がしてやり、肛門の周りを清潔に保つことで多くの場合は治ってしまう。肛門陰窩と皮膚の間に膿の流れる菅が完成されてしまった状態を痔瘻といい、繰り返し腫れて膿が出てくることも多いが、1、2歳頃までには腫れなくなってくる。
    大人の痔瘻との多きな違いは、ほとんどの場合、手術をしなくても治ってしまうことである。しかし、1、2歳を過ぎても膿が出続けると、手術が必要なことがある

【民間療法】
  • ケイトウ・ドクダミ・ニワトリ・ニンニク・フキ・ワタ・ワレモコウ。







  クローン病」 
痔核」 
痔出血」 
脱肛」 
肛門周囲膿瘍






    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
    東洋医学の考え方

漢方薬の選び方
 ブログdraun
よく使う漢方薬
 ツムラ番号   漢方処方3000


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved