ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。   

  • 自殺





HOME ブログ  治るコム  健康診断 病名(症状 血液検査 医薬品




死因
突然死
境界性パーソナリティ障害
ウツ病
男性更年期障害
自律神経失調症
色彩療法
無気力
憂鬱
「不安
ストレス
気ウツ

おぼれる




舌をかみ切れば死ねるのか?
ただ痛いだけ


舌を噛みきって自決する。アクション映画や時代劇で、スパイや忍者が捕まったときに見られる自決の方法だ。

しかし、実際はそう簡単に死ねるものではない

また、捕まった犯人が舌を噛んで自殺を図ったという話は聞くが、実際に死んだという事例を扱ったことはない


そもそも、なぜ舌を噛み切ったら死ぬのかという、その理由を知らない人が多いようだ。

もし、死んでしまうとしたら、舌を噛み切ったことによって出血が起こり、その血が気管のほうに吸い込まれたときだ。血は気管の中で凝固するので、それが詰まったときに窒息死することになる。

しかし、すぐに血を吐き出してしまえば大丈夫である。

誤って噛みきってしまった場合でも、あわてずに血を外へ吐き出すようにすればいい。

あまりの痛さに気が動転するかもしれないが、舌を噛み切ったくらいでは死なない。

ということを理解しておけば冷静に対処できる。


出血多量で死ぬ、
ということもないので心配はいらない


ただ、噛めば、舌が痙攣収縮して気道を塞ぐので死ぬ、と説明している人もいるが、そうしたケースを見たことがない
(上野正彦著「ヒトはこんなことで死んでしまうのか」p100〜)





睡眠薬で自殺できる?
小説などでよく自殺に使われ依存性もあると言われるなど睡眠薬への一般のイメージは良くありません。



睡眠薬は大別すると20世紀初頭から使われてきたバルビツール酸系、35年ほど前に登場したベンゾジアゼピン系、その他(非ベンゾジアゼピン系)があります。その他の睡眠薬には最近市場に出てきたものがあります。臨床での主流はベンゾジアゼピン系とその類似化合物です」



「バルビツール酸系は延髄まで含めた脳全体を鎮静化する作用があるので、量が増えると呼吸中枢が抑えられます。このため自殺や犯罪に使われたこともあります。


今でも医師が『なるべく飲まない方がいいのだけれど・・・』と言いながら不眠症患者に薬を手渡すことも多い。こうしたことが睡眠薬のイメージを悪くしたのでしょう」






切腹ですぐに死ねるか?

苦しみが長く続くだけ
  • 切腹してもすぐに死ねるものではない。

背骨の脇を通っている太い血管、腹部大動脈を切断すれば死んでしまう。しかし、正面から切るにはかなり奥にある。(中略)

そうしたことを知らない普通の人が切腹しても、浅くしか刺さないだろうから、すぐには死なない


このときは、ただ腹のキズが痛いだけで、結局は腸に穴が開いて腸内容物が漏れて急性腹膜炎を起こして、2、3日後に死ぬことになる。

腸内容物とはその中身、つまり大便が体内に漏れると、ヒトは2、3日後に急性腹膜炎を起こして死ぬのである。(中略)

また、中途半端に浅い切腹をした場合、腸自体にキズがついていなくても、やはり危険は伴う。というのも、傷口から腸が体外へ飛び出してくるため、雑菌がそこにたくさんついてしまい、あわてて腹の中に押し込めようものなら、雑菌も一緒になって体の中に入ってしまうことになるからである。そうなれば、それもまた長く苦しい痛みが続く
  • (上野正彦著「ヒトはこんなことで死んでしまうのか」p102〜)




自殺
自殺

今春の米精神医学会で「50歳を超えた男たちー危険な種」というタイトルの興味深いシンポジウムが開かれた。参加した数百人の精神科医の大半は男性の中高年で、勉強のためか、自分のことが気になって来ているのか、よく分からない不思議な雰囲気が漂っていた。
そこで発表されたデータによれば、
  • 白人の男性の場合、30歳〜60歳の間で自殺率が倍増し、
  • さらに60歳を超えると5倍に増えるという

男性の平均寿命が女性より短いのは、心筋梗塞脳卒中などの血管障害に加えて、自殺が多いためだと考えられている。


日本でも同様の傾向が認められ、自殺は高齢者に多い

最近では、40歳代と50歳代の男性に自殺が急増しており、他殺もこの年代に大きくなっている。
  • 身体的には男性ホルモンのテストステロン が低下してくる。
  • それに伴い、性的機能が低下し、勃起不全が重要な問題になってくる。
  • また血管障害も増加し知的な機能も低下してくる


社会的にもだんだん定年が近づいてきて、それまでの人生をまとめながら、次の人生を新しく組み立てる準備を始めなくてはならなくなる。


身体的・社会的なストレスが影響してうつ病になる中高年は少なくない。






自殺のサイン

  • 原因不明の身体の不調が続く
  • 酒量が増す
  • 失踪など自ら危険な状況を作る
  • 仕事の負担が急に増える、大きな失敗をする
  • 職場や家庭でのサポートが得られない
  • 本人にとって価値あるもの(職・地位・家族・財産)を失う
  • 重症の病気にかかる
  • 大切にしていた品物を誰かにあげる
  • 自殺を口にする
  • 今まで沈んでいたのと反対に不自然なほど明るく振る舞う
  • 自殺未遂におよぶ







 瞳孔の観察
死の確認には瞳孔の観察が不可欠

死亡すれば神経はマヒするから瞳孔は散大するのが普通である。

縮瞳して死亡するのは、有機リン系農薬かサリンなどの毒物による死亡しかありえない。

(上野正彦著「死体の教科書」p88〜)





 用語・・・「自殺の9割は他殺である」から
(検死)
  • 医師が死体の表面を検査して死因、死後経過時間などを判断すること

(検視)
  • 医師ではなく検察官や警察官が死体を検査する場合。


うっ血
  • ・静脈の血液の流れが悪くなって滞留する状態。
  • ・静脈の一部が強く圧迫されたり、詰まって局所的に起こることが多い。

溢血点
  • ・身体の組織内などに起こる、点状または斑状の内出血。
  • ・大きいものは溢血斑という。
  • ・窒息死の診断上、重要な症状とされる。

扼殺」(やくさく)
  • ・手や腕で首をしめて殺すこと。
  • ・手によって頚部が圧迫されることを扼頚(やくけい)という。
  • ・それによって死亡することを扼死、
  • ・他人によって生じた扼死を扼殺という。


絞殺
  • ・縄・紐(ひも)などの索状物を巻きつけて首を絞めて殺すこと。
  • ・気道を閉塞させることで呼吸ができないよういすることを絞頚、それによって死亡することを絞死、他人によって生じた絞死を絞殺という。



縊死」(いし) 
  • ・首をくくって死ぬこと。首つり死。


索溝」(さくこう)
  • ・首吊りのときに見られる
  • ・縊死・絞死者n頚部に残る、頚部を絞搾した縄索の痕を縊溝・絞溝、または、索状の恨なので索状恨、索溝と呼ぶ。



 飛び降り自殺のみきわめかた
 飛び降りた死体が自殺か事故なのか?

(2つのポイント)

@「生活反応」の有無
  • 生活反応というは、簡単にいえば、それが生きているときにできたものか、それとも死後にできたものかを判断するサインで、具体的に皮下出血や炎症、化膿などがある
  • これらは死亡した後には決して発生しない症状で、たとえば、高層ビルから飛び降りると死体い相当な内出血が発生するが、損傷はあるが出血を伴っていない場合は殺されたあとからビルから投棄されたと判断することができる。

A着地の状態
  • 通常、飛び降り自殺は足から落下することが多いため、これが、頭から落下していたり横向きに落下すると、自殺ではなく誰かに突き落とされたか、あるいは、事故の可能性が疑われる。


 (高額慰謝料)

自殺で家族を失った遺族が高額の家賃補償や慰謝料を請求され、トラブルになっている。

アパートの建て替え費用として2億円以上請求されたケースもあるという。

殺人事件や自殺があった住宅は「心理的瑕疵物件」と呼ばれ、不動産価値が下がるため損害賠償請求が認められている。ただ、判例が少ないため、賠償額に基準がない。






自殺者の・・・7割がうつ病と言われている

責任感の強い者ほど心の病になっても隠そうとするので、うつ病と気づくのが遅れる。

2003年度の自殺者(34000人)







アルコール

うつ病の場合、まずアルコールは厳禁」と大野慶応大教授は忠告する。

眠りを浅くし、ウツ症状を強める作用があることに加え、衝動的に自殺に及んでしまうこともある。楽しい酒場の雰囲気も気分の沈んだ人にはつらいので、アルコールに頼るのはよくない




 青い光が防ぐ

2012年、東京大学の沢田康幸教授らは、駅や踏切などに取り付けた青色灯が列車への飛び込み自殺を防ぐ効果があるとの研究結果をまとめた。

首都圏の71駅で2000年〜2010年に起きた自殺のデータを分析した結果、青色灯を設置した駅は未設置の駅と比べて、自殺が平均84%減少した。


沢田教授らのグループは、青色灯のある11駅と未設置の60駅を対象に計128件の自殺の傾向を調べた。

駅の大小などの条件を考慮して、統計的に処理すると、自殺の発生に明らかな差があるという。
  • 青色灯には人間の気持ちを落ち着かせる効果があるとされ、防犯灯として設置する地域が増えている。






大豆・海草・きのこ
2013年、国立国際医療研究センターなどは、野菜、大豆海藻、キノコなどを中心にした食生活をする人は自殺のリスクが半減すると発表。


野菜や果物、イモ、キノコ、大豆、魚などを多く食べて緑茶をよく飲むグループは
  • 自殺リスク・・・男性47%、女性46%下がった。
  • これらの食事には葉酸ビタミンCが多く含まれる。









    
ドクトルアウン  ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 漢方薬(症状別)
呼吸 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved