なおるコム/治るかも 
気になる健康情報女性の男性化

HOME広告病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬会員サービス



女性の男性化
無月経」「月経不順」「体毛




腫瘍 副腎皮質の腫瘍
「22歳の未婚の女性。彼女が自分の体についてふと疑問を感じたのは18歳の時であった。それまでは規則正しかった生理が次第に不規則になり、ついには無くなってしまった。そのうち、ふくらはぎや腹部の産毛が濃くなり、硬い毛に変わってきたように感じたと言う。
さらに、顔に硬い毛が現れるようになり、毎日ひげ剃りで剃らなければ外出出来ないくらいまでなった。お腹の毛もかなりの硬さとなり、へそまでつながるぐらいになった。それでも若い女性のことで、誰にも相談できず悩んでいたという。21歳になって、声がテノールの低音となり、さすがに母親が娘の異常に気づき、来院することになった。
来院時、
  • 彼女の声は明らかに男性の声の領域まで低くなり、
  • 顔面にはヒゲの剃り跡がみずみずしく認められた。
  • 陰毛と体毛がつながり男性型の分布をし
  • 乳房の明らかな萎縮
  • 筋肉質のふともも、
  • 性器の変形
など女性の男性化現象が見いだされた。
じつは、健常な女性でも副腎や卵巣から男性ホルモンが分泌されたり、肝臓などで活性化されて生じる男性ホルモンが存在するが、せいぜい男性の1/10程度である。ところが、もし男性ホルモンが過剰に分泌されると成熟女性であっても男性化がおこる。検査の結果、彼女には男性ホルモンを過剰に産生する副腎皮質腫瘍が見つかった。
このような腫瘍はまれであっても、悪性であることがしばしばで、その場合は予後はあまり良くない。幸い、彼女の腫瘍は手術によって取り除くことが出来た。術後の経過は劇的で、まず、ヒゲや体毛が軟らかくなりつつ減少し、性器の変形も改善をみるようになった。
 術後の彼女の言によると、「まるでオオカミ男から元に戻ったみたい」
オス化 あごひげが生えてきた女性が見られる。
女性の社会進出につれて、女性の男性化と専業主夫が目につくようになった。





女性の男性化(男性の女性化)
  • ドミニカ共和国 サリーナス村で
    1. 10際まで女児→その後からだが変化し、筋骨たくましい男性に。
    2. 13歳まで男児→おしりが大きくなり始め女性になった。
    28人以上の事例がある。
  • GnRH細胞からホルモンのリレーがはじまり、性別を決める。




TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬会員サービス