情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



縦隔腫瘍





ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






せき

呼吸困難

大動脈瘤

肺性心


体腔






=mediastinum
(media=中;-stinum=パーティション)
胸腔内の中央にあり、左右の肺胸膜にはさまれた領域。

体腔のなかで腹側にある胸膜腔のあいだの組織の固まりをいう。

縦膈には肺自身を除く胸郭の内臓がすべて含まれていて、心臓・食道・気管、それにいくつかの大きな血管が含まれる。

[上縦膈]
[前縦膈]
[中縦膈]
[後縦膈]に分かれる。





縦膈腫瘍の病態
  • 鑑別診断では腫瘍の好発部位が重要。
  • 前縦隔では、[奇形腫][胸腺腫][甲状腺腫]が多い。
  • 中縦隔では、[気管支嚢胞][心膜性嚢胞]
  • 後縦隔では、[神経原性腫瘍][消化管嚢胞]が多い。
  • リンパ腫は、中縦隔・前縦隔の上部・後縦隔の上部に多発する

縦膈腫瘍の症状
  1. 初期は
    1. 倦怠感
    2. 食欲不振
    3. 胸骨下の圧迫感ぐらいだが
  2. 次第に
    1. 乾咳
    2. 百日咳様(犬吠え様)咳嗽
    3. 喘鳴
    4. 呼吸困難となる。
  3. さらに
    1. 嗄声(左反回神経麻痺)
    2. 胸痛
    3. 脈拍数の増加又は減少(迷走神経の圧迫)
    4. Horner症候群(頸部交感神経の圧迫)
    5. 嚥下困難を認め、
    6. また上半身の皮下静脈の怒脹(上大静脈の圧迫症状)
    7. さらに顔面の鬱血性浮腫
    8. チアノーゼを呈する。
  4. ときには左右脈拍に相違を認め、又胸骨付近に膨隆をみることがある






胸部X線
胸部CT
血算・生化学検査・・・一般検査で異常は出ないことが多い。
「α-フェトプロテイン」
「HCG-β」
「可溶性IL-2受容体」
腫瘍生検
67Gaスキャン・・・腫瘍の悪性度







比較 縦隔腫瘍 大動脈瘤

<1>呼吸困難。
<2>嚥下障害。
<3>循環障害(チアノーゼ・静脈怒張・水腫)
<4>神経痛・嗄声・瞳孔不同。

第1〜3肋間、胸骨右or左に濁音界を認める

○胸腺腫、奇形腫、
○胸郭内甲状腺腫
○気管支嚢胞、
○心膜性嚢胞
○神経性腫瘍、
○他疾患に由来する縦隔リンパ節腫張:
・サルコイドーシス
・白血病
・悪性リンパ腫
・肺ガン
○外傷
○大動脈炎、
○動脈硬化、
○梅毒



セキ、
呼吸困難、
疼痛(圧迫性)
激烈かつ拍動性の疼痛。
(胸骨下・肩胛骨間に放散する)



<1>初期変化無し。
のち胸壁にびまん性or一部膨隆。
胸骨右縁、喉頭部の拍動
<2>静脈怒張
<3>末期に、鎖骨上窩に腫瘤
<4>肋骨の破壊 Oliver-Cardarelli徴候
<5>チアノーゼ
(顔・頚部・上肢)
胸壁膨隆

胸部断層撮影。
胸部CT。
リンパ節試験切除。
血液検査。
喉頭鏡。
痰(腫瘍細胞)。
拍動性(一方向)
X線検査
(4方向撮影、キモグラフィー)
大動脈造影、
Wassermann反応



頚部・腋窩のリンパ節腫張 脈拍の左右不等。
血圧の左右差



漢方薬あれこれ 括楼薤白白酒湯
括楼薤白半夏湯
赤丸









解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査副作用