ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




過敏性腸症候群



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




広告



過敏性腸症候群の漢方治療
安中散

胃苓湯
  1. 虚実中間証
  2. 水様性の下痢、嘔吐、口の渇き、腹痛、
  3. 尿量減少、食欲不振、むくみ


加味逍遙散
  1. 、下腹部の抵抗/圧痛、ぢ。月経障害)

桂枝加芍薬大黄湯
  1. 虚証
  2. 腹部膨満感、腹痛、便秘、しぶり腹
  3. 便意があるのに快便できない人。
  4. 痙攣性便秘に
  5. ウサギの糞(兎糞)、腹部膨満、腹痛。
  6. 下痢で腹痛。

桂枝加芍薬湯
  1. 虚証
  2. 体質中等度、ファーストチョイス。
  3. 下痢又は便秘、腹部膨満、腹痛あり。
  4. 下痢の後、腹痛やテネスムス (残便感・しぶり腹)あり。
  5. 胃症状はあまりない。
  6. 過敏性腸症候群「心の痛み」が「おなか」に現れる機能的疾患である。質問者の場合も昇進を機にストレスが重なり、心の状態と密接につかがりのある腸が警報を発していると思われる。
     
    この病気の第一の選択剤は[桂枝加芍薬湯]である。芍薬は甘草など他の生薬と組合わさって腸の蠕動運動を調節する。胃腸の不快とともに口内炎が出来やすく、それほど空腹でもないのにお腹がゴロゴロとかキュウと鳴って困るという人は半夏瀉心湯がよい。
     疲労性の下痢が続くようなら真武湯。下痢と便秘を交互に繰り返す場合は、他の漢方医学的所見と併せて柴胡桂枝湯小建中湯を選ぶ。神経過敏の人には香蘇散半夏厚朴湯などを考慮する

桂枝加竜骨牡蛎湯
  1. (気滞、気うつ、腹部膨満感、ゲップ 、抑うつ、神経過敏、焦燥感)

桂枝茯苓丸
  1. 、下腹部の抵抗/圧痛、ぢ。月経障害)

香蘇散
  1. 気滞、気うつ、
  2. 腹部膨満感、ゲップ
  3. 抑うつ、神経過敏、焦燥感

柴胡桂枝湯
  1. 体質中等度。
  2. ストレス性胃炎
  3. 疝痛する。

柴苓湯
  1. 虚実中間証
  2. 下痢、吐き気、食欲不振、ノドの渇き、むくみ


四逆散
  1. 気滞、気うつ、
  2. 腹部膨満感、ゲップ
  3. 抑うつ、神経過敏、焦燥感
  4. 体質やや強壮

四君子湯
  1. (気虚、腹痛、易疲労、食欲不振)

芍薬甘草湯
  1. 疝痛時に頓服。

小建中湯
  1. 虚証
  2. 腹部軟弱で疲れやすい、動悸、手足のほてり、
  3. 頻尿、多尿、食欲不振、下痢
  4. (気虚、腹痛、易疲労、食欲不振)
  5. 虚弱体質、栄養不良、
  6. 疲労感が強い。
  7. 腹痛が反復する。

真武湯
  1. (気虚、腹痛、易疲労、食欲不振)
  2. 著しく虚弱、顔面蒼白やせて冷え症
  3. 水様便〜無形軟便
  4. 腹痛は軽い
  5. 低血圧傾向、脱力感、無力感

人参湯
  1. 虚証
  2. 下痢、軟便、食欲不振
  3. 腹壁薄く、腹部軟弱
  4. (気虚、腹痛、易疲労、食欲不振)
  5. 著しく虚弱。顔面蒼白、やせて冷え症。
  6. 軟便〜下痢
  7. 上腹部の緊張と膨満

大建中湯
  1. 虚証
  2. 腹部や手足の冷え、腹部膨満感、腹痛
  3. 腸の蠕動運動の亢進
  4. (気虚、腹痛、易疲労、食欲不振)
  5. 体力ない虚弱者。
  6. 腹部膨満、鼓腸、ガス疝痛に。
  7. 冷たい飲食物で悪化。

当帰建中湯
  1. 貧血傾向の虚弱者。
  2. 手足の冷え、痛みがある。
  3. 月経痛にも

半夏瀉心湯
  1. 虚実中間証
  2. 心窩部(みずおちあたり)がつかえる感覚、
  3. 腹部膨満、下痢、悪心
  4. 腹痛はあまり強くない。
  5. 栄養状態中等度以上
  6. 胃もたれ、ゲップ悪心、嘔吐、胃部のつかえ感。
  7. 心下痞硬
  8. 腹鳴
  9. 急に便意が強くなる

平胃散
  1. (気滞、気うつ、腹部膨満感、ゲップ、抑うつ、神経過敏、焦燥感)

補中益気湯
  1. (気虚、腹痛、易疲労、食欲不振)

抑肝散
  1. 気滞、気うつ、
  2. 抑うつ、神経過敏、焦燥感
  3. 腹部膨満感、ゲップ

六君子湯
  1. (気虚、腹痛、易疲労、食欲不振)
  2. 栄養状態中等度。
  3. 胃腸虚弱で、上腹部に不定愁訴
  4. 食欲不振、胃もたれ、胸焼け








<1>[オプシディアン]





過敏性腸症候群
(IBS)irritable bowel syndrome



全胃腸管の疾患でストレスなどに対して腹痛やケイレンなどの症状が出てくる病態。


ストレスなどで消化器中にセロトニンが増えすぎ、大腸の運動が活発になって下痢を起こす。


「意志が弱い証拠」などと誤解されやすい


患者は先進国に多く、国内患者数は50万人。

検査で炎症や潰瘍など目に見える異常が無いのに、下痢や便秘を繰り返すのがIBS。
  • 「下痢型」
  • 「便秘型」
  • 「交代型」
の3タイプがある。


授業中、何度も便意を催して席を立つ

試験会場に向かう途中でトイレに駆け込む


症状が悪化したIBS患者は、人工透析中の慢性腎不全患者よりも生活レベルの質が低いという報告もある。
過敏性腸症候群の病態

慢性の便通異常を呈し、腹痛を主とする種々の不定愁訴を訴えるが、それらを説明するのに十分な器質的病変が見いだせない腸管の機能的疾患。
X線で調べると、腸が垂れ下がっていたりして、正常な位置に無いことがある。


下痢や便秘・腹部膨満・腹痛などの症状が慢性的にでてくるが、大腸そのものに病変は無く、自律神経系の緊張が腸の機能に影響して起きる。


(過敏性大腸炎)

通常、下痢と便秘が交互に出現する(下痢と便秘を繰り返す)ことが多く、多量の粘液が便に混ざったり、嘔吐・食欲不振・鼓腸などを伴うことがある。


神経細胞が一番たくさんあるのが、次いで多いのが腸です。そのため腸は第2の脳とも言われる
心身症





過敏性
腸症候群
潰瘍性
大腸炎
虚血性
大腸炎

成人・女性に多い。
知的労働者に多い。
20〜50才。
性差なし
高年齢・女性に多い。
・リウマチ性関節炎との合併が多い
便


<1>下痢便
<2>
血液・膿を認めない
<1>粘血膿便
<2>
血便
血便下痢を突発する

<1>下痢・・・
・精神的要素が大きい
・午前中が多い。

<2>腹痛、

<3>下痢・便秘が交代する

<4>就寝時、排便のために目覚めることはない
<1>慢性下痢
(下痢の程度はいろいろ)
<2>発熱、食欲不振
<3>腹痛(軽い)
<4>重症では:
  • ・テネスムス
  • ・羸痩
  • ・貧血。
<5>合併症に:
  ・関節炎
  ・虹彩炎
  ・結節性紅斑
  ・壊疽性膿皮症
  ・硬化性胆管炎
急激に下腹部痛・血便から始まる


低タンパク血症(ー) 血液検査:
<1>CRP上昇する。
<2>白血球数増加。
*全大腸炎・左側大腸炎・直腸炎があり、再燃緩解型が大部分
罹患部にdefenseをしばしば認める




過敏性腸症候群の特徴
下痢や便秘が続く・・・「交代型」
  (下痢と便秘を繰り返す)


腹痛や下腹部がはる


不快感を伴う


排便で不快感が軽くなる


ストレス(就職・異動・・・)が増大すると症状が重くなる


夜中に腹痛はない。


血便はない。


体重は減らない




診断基準
ローマVという世界基準で診断されている。
まず、腸の内部に腫瘍などの疾患が無いことを確認。
その上で、過去3ヶ月に3日以上腹痛や腹部の不快感などがあった場合。
  1. 排便により症状が軽減する
  2. 排便回数が変化する
  3. ウサギのフン(糞)のように黒くコロコロとする
などの項目を満たせば、IBS(過敏性腸症候群)との診断がつく。









2009年、医療関連ベンチャーの○○はストレスなどが原因で腹痛や便通異常が起きる過敏性腸症候群について治験を英国で始める

過敏性腸症候群は腹部の不快感や腹痛があり、下痢など便通異常が現れる疾患。

消化管内でセロトニンという物質が増え、消化管の運動が過剰に活発になる。
候補薬はセロトニンの受容体と結びついて作用を部分的に抑え、腸が活発に運動するのを防ぐ。セロトニンを完全に抑えると便秘などの副作用が発現しやすい。




ストレスが発症の要因となっていると言われてきたが、感染性腸炎との関連も指摘されている。
本郷・東北大学教授によると、IBS患者の多くが、過去に感染性腸炎への罹患経験があり、腸粘膜に微細な炎症が見られるという。
炎症が無い人には問題とならないストレスでも、炎症があればIBSの症状を引き起こすという。


普段は無害な細菌で腸炎に
2017年、抗生物質を過剰に摂取すると腸内の細菌群が乱れて、普段は口や腸に生息している無害な細菌「肺炎桿菌」によって慢性腸炎が起きる可能性があることを、慶應義塾大学の本田賢也教授、早稲田大学の服部正平教授らがサイエンスに報告。
肺炎桿菌は高齢者や入院患者に肺炎や尿路感染症などを引き起こすことが知られている。

腸内細菌群が正常なマウスに肺炎桿菌を投与しても、腸管で増殖しなかったが、抗生物質とともに投与する実験では増殖した。
さらに肺炎桿菌に対応し過剰に活性化すると炎症を引き起こす免疫細胞の一種である「TH1細胞」も増えた。
腸炎のマウスに肺炎桿菌を投与すると、強い炎症が起きた。
研究チームは、抗生物質の過剰な服用に注意を呼びかける。一方、肺炎桿菌を標的とする抗生物質を開発できれば、潰瘍性大腸炎やクローン病などの新薬になる可能性があるという。


緊張ストレス
14歳の娘。
7歳頃から腹痛を頻繁に繰り返します。
突然痛みがやってきて2〜3分続くと治るのです。


性格は正義感が強くリーダータイプで、学校で楽しいことをしていると痛まないようです。「重大な病気はない」と診断されましたが、最近、痛み時間が長くなってきました

どんな病気が考えられますか?
  • 子どもの腹痛は約20%が内臓などの器質的なもので、残りは内臓の機能の問題です。
    まず、器質的なものか機能的なものかを確かめます。
    14歳という年齢で、繰り返し腹痛を伴う器質的な病気には
    • 『潰瘍性大腸炎』や
    • 『クローン病』
    があります。また、
    • 『胆石』や『腎結石』『膵炎』『胆管炎』
    なども考える必要があります。


検査で「重大な病気はない」と診断されたようですが?
  • 検査結果に異常がなかったとすると、たぶん機能的なものですね。この場合に考えられるのは、
    • 『起立性調節障害』
    • 『習慣性の便秘』
    • 『心因性の腹痛』
    • 『過敏性腸症候群』
    などです。起立性調節障害はわりと頻度の高いもので、小学校高学年から中学生に多く見られます。下痢や腹痛があり、立ちくらみや車酔い、寝起きが悪い、などの症状が見られます。


どの可能性が高いでしょう?
  • これまでの症状から,過敏性腸症候群の可能性が高いと考えられます。腹痛と下痢が反復して起こり排便があると治るという症状が3ヶ月以上続いているのは、この病気の診断基準に当てはまります。


過敏性腸症候群はいくつぐらいから見られるのですか?
  • 普通は、中学生以降に見られます。小さい子どもの場合はむしろ心因性の腹痛が多く、例えば、小学校入学による環境の変化で子どもが腹痛を訴えるケースでよく見かけます。相談者の場合も7歳頃から過敏性腸症候群を発症していたとは言い切れません。


相談者の子どもは、学校を楽しんでいる印象を受けますが?
  • 正義感が強くリーダータイプという性格だけに、緊張感やストレスがより大きく、腹痛や下痢の発症要因になっていることが考えられます。


なぜ痛むのですか?
  • 食べ物を食べると、腸は便を送り出すように拡張と収縮を繰り返します。過敏性腸症候群の場合、消化管運動が異常に高まり、知覚が過敏になって、精神的なストレスや自律神経の失調、食物の刺激から腸管の拡張、収縮がうまくいかなあくなる。そして、知覚過敏のために少しの刺激でもおなかが痛くなるのです。


過敏性腸症候群の治療は?
  • 精神的な安定が第一です。年齢とともに自分で精神をうまくコントロールできるようになると改善します。症状が長く続くとさらに不安になるので、必ず治ると自信を持ち、主治医と信頼関係を築いて勧めることが大切です。カウンセリングや薬物療法も有効ですので、相談するのも良いでしょう。


下痢をしていますが、食事で気をつけることはありませんか?
  • 便秘型では、繊維食が基本です。下痢型にも有効なことがありますが、
    1. ゴボウのように繊維の特に多いのものは、煮るなどして消化しやすくするのがよい。
    2. 生クリームやバターなどの高脂肪食は便秘を悪化させます。
    3. また、豆類やイモ類は消化するとガスが多く出て、腹痛の原因になりやすい。


生活で注意することは?
  • 不規則な生活や食習慣は、腹痛や便通異常を増長させると言われています。まず、規則正しい生活と食事をすることから始めましょう。
  • そして、便意を催す胃・結腸反射が強い早朝に朝食を食べ、排便習慣を身につけることが大切です




消化管の仕組み
スムーズな食物運搬
  • 2010年、自然科学研究機構生理学研究所の冨永真琴教授らと富山大学の杉山敏郎教授らのグループは、消化管が食物や便を肛門までスムーズに運ぶメカニズムを突き止めた。
  • 食物などの移動を感知するセンサー役のタンパク質の作用によって小腸や大腸の筋肉がゆるみ運搬を促すという。
  • 下痢や便秘をくり返す過敏性腸症候群の治療薬開発に役立つ成果。
  • 研究グループは
  • 腸の神経細胞の膜にあるタンパク質「TRPV2」に着目。
  • このタンパク質は食べた食物の移動など物理的な刺激に反応する。
  • マウスの腸を取りだしてTRPV2を刺激する薬を与えると、神経細胞から一酸化窒素が出て腸の筋肉を伸ばすことを確認した。
  • 生きたマウスに色素と一緒に刺激薬を飲ませると、刺激薬を飲ませない場合に比べて、色素が大腸まで早く運ばれた。
  • TRPV2がセンサー役になって、小腸や大腸の動きを強めていた。
  • 食物が入ってくると小腸の壁が押し広げられ、これが刺激となってTRPV2が動き始めると考えられている。







脳と胃腸の間で働くホルモン
2014年、埼玉大学の坂井貴文教授と坂田一郎准教授らの成果。

脳からの指示で胃や腸にある2つのホルモンが働き、神経回路と血液を通じて再び脳に働きかける動きが腸の運動を決めていた。


まずマウス実験で、脳が血糖値の低下から空腹状態を感知すると、神経伝達物質が脊髄を通って胃の表面にある神経細胞にくっつき、「グレリン」というホルモンを出すことを確認。

人間では空腹を感じて脳から指令が来るとグレリンと同様に腸からも「モチリン」というホルモンが出る。

モチリンは胃の平滑筋に働き、約90分間隔で「強収縮」という胃の収縮を起こす。


次に、2つのホルモンを出すスンクスで実験。

2つのホルモンを受け取る受容体を阻む薬剤を投与した。ホルモンは片方でも阻害すると胃の強収縮が起きなくなった。雑菌や胃液がたまり、新しい胃液生産をジャマする。

スンクスを調べると、2つのホルモン受容体は脳視床下部や延髄にもあった。

胃腸などからの情報を脳に伝える神経回路を切断すると、食後の胃腸の収縮が起きなくなった。

グレリンとモチリンという2つのホルモンが腸の動きを左右する





西


<1>基本処方:
[Solanax 1.2mg+Buscopan 6T]分3。
   Solanaxの代わりに、
      Cercine 6mg or
      Rixe 15mg or
      Depas 1.5〜3mg。
  Buscopanの代わりに、
      Trancolon 6T or
      Coliopan 3〜6Cap。
<2>軟便の時:
[Biofermin R 3.0g+Phelloberin A 6〜9T]分3。
<3>便秘の時:
[MgO 0.6〜1.3g ]分3。


「イリボー」
2008年10月・・・男性向けの下痢型IBSに。
消化管の運動に大きく関わっている神経伝達物質「セロトニン」と結合し、その働きを阻害する。
便通異常を改善し、腹痛や内臓知覚過敏を改善する効果がある。

「リナクロチド」(一般名)
便秘型のIBS治療薬



  1. 下痢型
  2. 便秘型
  3. 交代性便通異常型
  4. 混合型
  5. 腹痛型


○下痢型・交代性便通異常型
  1. 軽症では、消化管運動調節薬や抗コリンやが効果的
    • 「セレキノン」300〜600mg/日(経口)分3
    • 「トランコロンP」 45mg/日(経口)分3
  2. 腸管内水分保持作用
    • 「コロネル」1.5〜3.0g(経口)分3
  3. 向精神薬を併用
    • 「セレキノン」+「ソラナッックス」
    • 「セレキノン」+「ドグマチール」
  4. 下痢が強いとき
    • 「ロペミン」
    • 「イリボー」

○便秘型
  • 「バルコーゼ」
  • 「マグラックス」

○腹痛型
  • 「セレキノン」
  • 「コリオパン」












2010年、ゼリア新薬工業は西洋ハーブを活用してIBSの大衆薬を開発する。
2009年に買収したスイスの製薬会社ティロッツファーマがつくった治療薬「コルペルミン(Colpermin)」を応用。
有効成分は西洋ハーブのペパーミントオイル。
ヒトの体内で筋肉収縮に関わるカルシウムが細胞内に流入するのを防ぎ、強い腸管の収縮を抑える効果がる。
IBSの「下痢型」と「便秘型」の両方に使える。


フェーカリス菌SF3B株
2013年、フェーカリス菌という乳酸菌に、ストレスや緊張による腹痛を和らげる効果があることを動物実験で明らかにした(ビオフェルミン製薬)。
第86回日本薬理学会で発表




チェック
大腸炎」「潰瘍性大腸炎」「虚血性大腸炎」「偽膜性大腸炎」「腹痛「不安」「ストレス」「心身症」「下痢」「急性下痢」「慢性下痢







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬