過敏性腸症候群
の漢方薬




  ブログ 3000処方 病院のくすり 病院ランキング





過敏性腸症候群の漢方治療
  安中散 

加味逍遙散
  1. (瘀血、下腹部の抵抗/圧痛、ぢ。月経障害)

桂枝加芍薬大黄湯
  1. 痙攣性便秘に
  2. ウサギの糞(兎糞)、腹部膨満、腹痛。
  3. 下痢で腹痛。

桂枝加芍薬湯
  1. 体質中等度、ファーストチョイス。
  2. 下痢又は便秘、腹部膨満、腹痛あり。
  3. 下痢の後、腹痛やテネスムス (残便感・しぶり腹)あり。
  4. 胃症状はあまりない。
  5. 過敏性腸症候群は「心の痛み」が「おなか」に現れる機能的疾患である。質問者の場合も昇進を機にストレスが重なり、心の状態と密接につかがりのある腸が警報を発していると思われる。
     この病気の第一の選択剤は[桂枝加芍薬湯]である。芍薬は甘草など他の生薬と組合わさって腸の蠕動運動を調節する。胃腸の不快とともに口内炎が出来やすく、それほど空腹でもないのにお腹がゴロゴロとかキュウと鳴って困るという人は半夏瀉心湯がよい。
     疲労性の下痢が続くようなら真武湯。下痢と便秘を交互に繰り返す場合は、他の漢方医学的所見と併せて柴胡桂枝湯小建中湯を選ぶ。神経過敏の人には香蘇散半夏厚朴湯などを考慮する

桂枝加竜骨牡蛎湯
  1. (気滞、気うつ、腹部膨満感、ゲップ 、抑うつ、神経過敏、焦燥感)

桂枝茯苓丸
  1. (瘀血、下腹部の抵抗/圧痛、ぢ。月経障害)

香蘇散
  1. (気滞、気うつ、腹部膨満感、ゲップ、抑うつ、神経過敏、焦燥感)

柴胡桂枝湯
  1. 体質中等度。
  2. ストレス性胃炎
  3. 疝痛する。

四逆散
  1. (気滞、気うつ、腹部膨満感、ゲップ、抑うつ、神経過敏、焦燥感)
  2. 体質やや強壮

四君子湯
  1. (気虚、腹痛、易疲労、食欲不振)

芍薬甘草湯
  1. 疝痛時に頓服。

小建中湯
  1. (気虚、腹痛、易疲労、食欲不振)
  2. 虚弱体質、栄養不良、疲労感が強い。
  3. 腹痛が反復する。

真武湯
  1. (気虚、腹痛、易疲労、食欲不振)
  2. 著しく虚弱、顔面蒼白やせて冷え症
  3. 水様便~無形軟便
  4. 腹痛は軽い
  5. 低血圧傾向、脱力感、無力感

人参湯
  1. (気虚、腹痛、易疲労、食欲不振)
  2. 著しく虚弱。顔面蒼白、やせて冷え症。
  3. 軟便~下痢
  4. 上腹部の緊張と膨満

大建中湯
  1. (気虚、腹痛、易疲労、食欲不振)
  2. 体力ない虚弱者。
  3. 腹部膨満、鼓腸、ガス疝痛に。
  4. 冷たい飲食物で悪化。

当帰建中湯
  1. 貧血傾向の虚弱者。
  2. 手足の冷え、痛みがある。
  3. 月経痛にも。

半夏瀉心湯
  1. 栄養状態中等度以上
  2. 胃もたれ、ゲップ、悪心、嘔吐、胃部のつかえ感。
  3. 心下痞硬
  4. 腹鳴
  5. 急に便意が強くなる

平胃散
  1. (気滞、気うつ、腹部膨満感、ゲップ、抑うつ、神経過敏、焦燥感)

補中益気湯
  1. (気虚、腹痛、易疲労、食欲不振)

抑肝散
  1. (気滞、気うつ、腹部膨満感、ゲップ、抑うつ、神経過敏、焦燥感)

六君子湯
  1. (気虚、腹痛、易疲労、食欲不振)栄養状態中等度。
  2. 胃腸虚弱で、上腹部に不定愁訴
  3. 食欲不振、胃もたれ、胸焼け













2010年、ゼリア新薬工業は西洋ハーブを活用してIBSの大衆薬を開発する。
2009年に買収したスイスの製薬会社ティロッツファーマがつくった治療薬「コルペルミン(Colpermin)」を応用。
有効成分は西洋ハーブのペパーミントオイル。
ヒトの体内で筋肉収縮に関わるカルシウムが細胞内に流入するのを防ぎ、強い腸管の収縮を抑える効果がる。
IBSの「下痢型」と「便秘型」の両方に使える。


フェーカリス菌SF3B株
2013年、フェーカリス菌という乳酸菌に、ストレスや緊張による腹痛を和らげる効果があることを動物実験で明らかにした(ビオフェルミン製薬)。
第86回日本薬理学会で発表



<1>[オプシディアン]





関連情報 大腸炎」「潰瘍性大腸炎」「虚血性大腸炎」「偽膜性大腸炎」「腹痛「不安」「ストレス」「心身症」「下痢」「急性下痢」「慢性下痢




    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
    東洋医学の考え方

漢方薬の選び方
 ブログdraun
よく使う漢方薬
 ツムラ番号   漢方処方3000


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved