ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



(接触皮膚炎)かぶれ



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





薬剤による接触性皮膚炎
できもの
湿疹
ウルシかぶれ
中毒性表皮壊死症
薬剤性過敏症症候群
急性汎発性発疹性膿疱症(AGEP)
スティーブンス・ジョンソン症候群
広告




接触皮膚炎の画像
かぶれの漢方薬
  1. 越婢加朮湯
  2. 荊芥連翹湯
  3. 梔子柏皮湯
  4. 十味敗毒湯
    1. 白髪染めによるかぶれに良く効く《大塚敬節》
  5. 十味敗毒湯 +カルシウム
  6. 消風散
  7. 太乙膏
  8. 排膿散及湯
  9. 白虎加人参湯
  10. 防風通聖散
  11. 補中益気湯
  12. 六味丸カルシウム



【鵞掌風】 (がしょうふう)=指掌角皮症。
きっとう (きっとう)=俗につぶつぶという。
皮膚の表面に小さい粒状の隆起が群がっているもの。



【民間療法】
○オトギリソウ・カキ・ギシギシ・クリ・サイカチ・サラシナショウマ・サンショウ・スギナ・ユキノシタ。



かぶれ接触皮膚炎
接触皮膚炎

原因物質を避ける
皮膚病の中で多いものの1つに接触皮膚炎、いわゆる『かぶれ』がある。


化学物資や金属などが肌に触れると起きやすい。

東邦大学医学部の伊藤正俊教授(皮膚科学)は「ありふれた病気と軽視せず、専門医とよく相談して原因を見つけ、早めに対策をとることが大切」という。
接触皮膚炎を起こすものは、化粧品や台所洗剤をはじめたくさんあります。接触皮膚炎は湿疹・皮膚炎と総称される病気の1つです。湿疹・皮膚炎は皮膚病の1/5〜1/3で、うち半分は接触皮膚炎と見てよいでしょう。
皮膚に発赤(赤い斑点)やカユミなどの炎症症状が現れます。


小水疱や鱗屑、皮膚の肥厚を来します。

原因になる物質は多様で、多いのは化粧品と外用剤、植物、金属です。花屋さんが毎日いろいろな花に触って皮膚炎を起こした例もあります。
また、接触皮膚炎は刺激性とアレルギー性に大別されます。
  1. 刺激性は酸やアルカリなど刺激の強い物に触れて起きる場合と、刺激が弱い物が何度も同じ場所に触れて起きる場合があります。台所洗剤による手荒れは後者でしょう。
  2. アレルギー性の場合には物質(アレルゲン)に一度触れると、体がそれに反応し、二度目に同じ物質に触れたときに起きます。アレルゲンへの敏感さは人によって異なり、発症する人とそうでない人がいます。化粧品の成分はアレルゲンを極力除いていますので、アレルギー性のものは少なくなっていますが、毎日使うので刺激性の接触皮膚炎になる例が少なくなりません。
刺激性、アレルギー性ともに遺伝的な要因による差はありません。むしろ原因物質への接触の頻度が関係します。
接触皮膚炎に最も影響があるのは乾燥です。皮膚の表面が傷つき、原因物質が浸透しやすくなります。アセ(汗)も大敵です。


たとえば金属はイオンにならないと皮膚炎を起こしませんが、汗で容易にイオンになります。
さらに、接触皮膚炎が避けられない職業もあります。たとえば理容師・美容師はパーマ液やシャンプーなどに毎日触れるので、人によっては発症することがあります








一次刺激性接触皮膚炎 (ICD)
= Irritant Contact Dermatitis

原因物質の接触によって皮膚の炎症を誘発する。

原因物質の毒性の強さによって、症状の強さが決まる。

アレルギーは無関係なので、誰でも起こりうる




アレルギー性接触皮膚炎 (ACD)
= Allergic Contact Dermatitis

原因物質に触れると、皮膚の炎症細胞が感作される。

次に、またその原因物質に接触することによって、皮膚の炎症細胞が活発に働き湿疹を誘発する。

原因物質の毒性の強さと症状の強さは相関しない。

アレルギーのある人のみ生じる。
薬剤による接触性皮膚炎

原因物質
  1. レタス
  2. さくら草(園芸植物)


カビ(マラセチア)
健康な人の皮膚に常在するカビの一種『マラセチア』が皮膚炎を引き起こす仕組みの一端を理化学研究所のチームが突き止めた。

細胞がストレスにさらされると活性化するタンパク質「ミンクル」がマラセチアを認識し、炎症反応を引き起こしている可能性があるという。

マラセチアは普段は無害だが、条件次第で皮膚炎などを引き起こし、ふけ症の原因にもなる


早いカブレと遅いカブレ
症状が1時間〜2時間で出るのが早いカブレ。
  • ヤマイモなどで起きやすい。


症状が1週間〜2週間で出るのが遅いカブレ。
  • 目薬、
  • 化粧品、
  • ウルシ、
  • ギンナンなどで起きる。



皮膚についた異物を樹状細胞 がリンパ管を通してリンパ節に運び、リンパ球がそれに対抗する武器を用意することで、カブレの準備ができあがる。



関連情報 薬剤による接触性皮膚炎」「できもの」「湿疹」「ウルシかぶれ中毒性表皮壊死症」「薬剤性過敏症症候群急性汎発性発疹性膿疱症(AGEP)」「スティーブンス・ジョンソン症候群






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査