なおるコム/治るかも       
カフェイン中毒




TOP広告病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬会員サービス



カフェイン中毒
パニック障害」「頭痛」「不整脈」「動悸






カフェイン
カフェインの中毒症状
  • ・・・強い不安感が特徴・・「パニック発作」に似た症状。

カフェインの禁断症状
  • 吐き気
  • 頭が重く感じる(頭重)
  • 熱感or冷感
  • 頭痛
  • 意欲・集中力が低下する
  • 不安感・抑鬱感
  • 筋肉痛
  • 視力障害
  • 神活動の低下
  • 疲労感
  • 社交性が低下する。



カフェイン中毒 カフェインを大量に摂取することで起きます。
発汗 「男子生徒が受験のため、1日コーヒーを12〜13杯飲んでいました。
1.心臓の動悸
2.手足の発汗とシビレ
3.死ぬような恐怖感を訴え、救急車で病院へ。」
パニック 「彼女が飲むコーヒーは、普段は1日に1杯程度ですが、深夜に及ぶ仕事でコーヒーを8杯飲んだ夜、パニック発作で目が覚めました。それから1ヶ月ほど仕事が続き、同じようにコーヒーを飲んでいると、パニック発作を起こり、病院を訪れました。診察した医師からカフェイン中毒を指摘され、コーヒーを飲むのを止めたところ、パニック発作は起こらなくなりました」
パニック障害
「17人の健常者と21人のパニック障害の患者に体重1kg当たり10mgのカフェインを飲んでもらい、カフェインによる不安の程度を
  1. [神経質]
  2. [恐怖感]
  3. [吐き気]
  4. [心臓の動悸]
  5. [落ち着きのなさ]
  6. [ふるえ]
の6項目で測定しました(チャーネー・エール大学)
 その結果、健常者の場合、カフェインによって不安の程度が増すことはあっても、あまり対したことはなかったが、パニック障害の患者は21人中15人(71%)が、パニック発作と同じような感覚に襲われました。
不安感 「男子高校生が数ヶ月間、不安感が続き成績も下がってきたと受診。彼の不安は
  • ささいなことにビクつき
  • 小さな物音にもドキッとしてしまう
ことで、パニック発作は無かったものの、
  • 手足の発汗・手指のふるえ
  • 不眠などの身体症状
も認められました。
この高校生は最近まで、1日7、8本のコーラ類を飲み続けていて、さらに宿題が多い日は、コーラ類の他にコーヒー数杯も飲んでいたことが分かりました。医師の指導でコーラ類やコーヒーを飲むことを止めると、不安症状は消え、学校の成績も元に戻りました」
カフェインの含有量 コーヒー・・・・・・・・・100〜150mg/cup
インスタントコーヒ・・・ 86〜 99mg/cup
紅茶・・・・・・・・・・・ 60〜 75mg/cup
コーラ類・・・・・・・・・40〜 60mg/1ビン
ココア・・・・・・・・・・・ 10〜 20mg/cup
耐性が生じる 「寝る前にコーヒーを飲むと眠れなかった人でも、毎日コーヒーを飲んでいると眠れるようになります。」
「頭をすっきりさせるために、1杯のコーヒーで十分だったのが、いつの間にか2杯以上飲まなければ、すっきりしなくなる」
カルシウム拮抗薬 2008年、米ボストン大学は、市販の狭心症治療薬の一種がコカイン中毒の症状軽減に有効なことをネズミ実験で確認。
脳内の神経伝達物質とコカインの禁断症状に関係があり、重症化にはカルシウムイオンが関わっていることが明らかになった。カルシウムイオンの通り道をふさぐカルシウム拮抗薬を試したところ、コカイン中毒特有の症状を軽減した。




TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬会員サービス