ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



カイコ



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告


関連情報 アミノ酸 

シルク(絹)


カイコの民間療法
陰痿 夏蚕(ナツゴ)が孵化して蛾となったもののうち、まだ交尾していない雄を集め、炒黒し作末したものを酒服する。(強精剤となる。)
関節の腫れ・疼痛 蚕の幼虫の糞(蚕砂)を黄色になるまで炒って飲む
切り傷 蚕の幼虫の糞(蚕砂)を水に溶かし塗布する
月経閉止 蚕の幼虫の糞(蚕砂)を酒で煎じ、上澄み液を飲む
言語障害 白殭蚕を炒って作末し酒服する
高血圧 ①蚕の幼虫の糞(蚕砂)を飲む。
②蚕の幼虫の糞(蚕砂)を、一夜(酒浸)し乾燥後、作末し10~15g/日飲む。
③蚕の幼虫の糞(蚕砂)を黄色になるまで炒って飲む。
子宮の病気 「蚕砂・甘草」煎服。
湿疹 ゴマ油を煙が出るまで加熱し、そこへ(蚕砂)を入れ、冷えてから布で濾して塗布する。
小児の疳 白殭蚕を炒って作末し酒服する
神経痛
蚕の幼虫の糞(蚕砂)を飲む。
蚕の幼虫の糞(蚕砂)を、一夜(酒浸)し乾燥後、作末し10~15g/日飲む。
蚕の幼虫の糞(蚕砂)を黄色になるまで炒って飲む。
ジンマシン 蚕の幼虫の糞(蚕砂)を水に溶かし塗布する。
せき 蚕の幼虫の糞(蚕砂)の黒焼き末を、蜂蜜で練ってなめる。
喘息 蚕の幼虫の糞(蚕砂)を黄色になるまで炒って作末し、蜂蜜を加えて練ったものを、咳き込む度に、箸につけてなめる。
卒中の予防 蚕の幼虫の糞(蚕砂)を黄色になるまで炒って飲む。
中風 ①繭(マユ)の中のサナギ(蛹)を佃煮or油炒めなどで食べる 。
②蚕の幼虫の糞(蚕砂)を飲む。
③蚕の幼虫の糞(蚕砂)を、一夜(酒浸)し乾燥後、作末し10~15g/日飲む。
④白殭蚕を炒って作末し酒服する。
動脈硬化 白殭蚕を炒って作末し酒服する。
ニキビ 蛾を乾燥し作末し塗布する。
乳汁不足 ①白殭蚕を炒って作末し酒服する。
②白殭蚕を作末し寒梅粉で丸剤にし飲む。
乳腺炎 蚕の幼虫の糞(蚕砂)を水に溶かし塗布する。
乳房炎
妊娠予防
(避妊)
①カイコの卵の殻が種子紙についているもの(蚕卵紙)or卵の殻を黄色になるまで炒って2g/回、3日間ぐらい服用する。
②「蚕砂・牛膝」等分に作末し、混ぜて月の初めに水で飲む。
脳出血 ①蚕の幼虫の糞(蚕砂)を飲む。
②蚕の幼虫の糞(蚕砂)を、一夜(酒浸)し乾燥後、作末し10~15g/日飲む。
肺結核 繭(マユ)の中のサナギ(蛹)を佃煮or油炒めなどで食べる 。
白殭蚕を炒って作末し酒服する。
発熱 白殭蚕を炒って作末し酒服する。
半身不随
ヤケド ゴマ油を煙が出るまで加熱し、そこへ(蚕砂)を入れ、冷えてから布で濾して塗布する。
腰痛 ①蚕の幼虫の糞(蚕砂)を飲む。
②蚕の幼虫の糞(蚕砂)を、一夜(酒浸)し乾燥後、作末し10~15g/日飲む。
③「蚕のマユ・茄子のヘタ・葉」混ぜて黒焼きし、飯粒で練って塗布。
肋膜炎 繭(マユ)の中のサナギ(蛹)を佃煮or油炒めなどで食べる
リウマチ ①カイコの黒焼き作末し飲む。
②蚕の幼虫の糞(蚕砂)を黄色になるまで炒って飲む。
③「蚕のマユ・茄子のヘタ・葉」混ぜて黒焼きし、飯粒で練って塗布。



動物細胞の人工培養には牛の血清を使うのが一般的だが、ウイルス混入の恐れがあった。寺田聡・福井大学準教授らのグループは、絹の精錬時に出るタンパク質(セリシン)を使って培養効率を上げることに成功した。


91%解読
2009年2/10、農業生物資源研究所は、中国の西南大学などと共同でカイコゲノムの塩基配列を高精度に決定したと発表。
http://sgp.dna.affrc.go.jp/KAIKObase/
全塩基配列の91%を解読。どの遺伝子がどこにあるかまで分かるようになった。農業生物資源研究所と西南大学がそれぞれ独自に進めていたゲノム情報をもとに東京大学が開発したソフトを使って情報を統合、精度良く配列を決めた。
従来は細切れにしか分からなかった塩基配列が長い塊で分かるようになった。

ゲノム類似
2010年、カイコと農作物の害虫ではそれぞれんpゲノムの中で農薬耐性に関わる領域がほぼ一致することを、農業生物資源研究所と仏国立農学研究所などの国際チームが突き止めた。
農薬耐性を引きコサ右遺伝子などが共通していた。
調べたのはトウモロコシ、タバコ、ワタなどの作物を食べ、世界的に被害を起こしている「オオタバコガ」と「ツマジロクサヨトウ」。いずれもゲノムの解読は完了していない。
カイコのゲノムの中でニコチンなどの有害な物質を解毒する機能を持つ遺伝子群として知られる『P450』に着目。
オオオタバコガとツマジロクサヨトウにも同じ遺伝子群が存在し、農薬耐性の遺伝子の数が多いことが分かった。これらの遺伝子を増やすことで、オオオタバコガやツマジロクサヨトウは耐性を強めていったとみられる。



性行動支配する遺伝子
オスの交尾行動
  • 2011年、東京大学先端科学技術研究センターの神崎亮平教授と桜井健志特任助教らは、カイコガのオスの交尾行動が1つの遺伝子で引き起こされることを発見した。
  • メスが放つ性フェロモンの受容体(タンパク質)を作る遺伝子が交尾行動まで支配していた。
  • 同定した遺伝子は「BmORI」。
  • オスの触覚細胞の中に受容体を作る。
  • グループは、カイコガにコナガという別の蛾(ガ)のフェロモンとくっつく受容体を作る遺伝子を入れ、触覚の細胞に発現させた。遺伝子操作したカイコガのオスとコナガのメスを一緒の容器に入れると、カイコガのオスはコナガのメスに対してダンスをし交尾行動をした。
  • オスが同じ種類のメスに交尾行動をするのは、フェロモン受容体の種類で決められているからだと考えられている。


休眠物質・・・生きたまま臓器を保存
  • 2010年、岩手大学や積水メディカルなどのグループは、カイコガのペプチドを使って動物の細胞や臓器を長期間保存する技術を開発した。
    ペプチドに細胞を浸すと呼吸量が低下して休眠状態になり、傷害やストレスを受けず長期間そのまま生き続ける。
    開発には北海道大学と農業生物資源研究所、三重大学も参加した。
    利用したのはヤママユという日本原産で大型のガ(蛾)の仲間。通称「天蚕」と呼ばれ、糸をとるために江戸時代から飼育されてきた。
    ヤママユは9月中旬~翌年の5月中旬までの8ヶ月間、卵のなかで幼虫のまま休眠・越冬する。その幼虫の体内には休眠維持物質である「ヤママリン」というペプチドがある。
    研究グループはヤママリンを分析、人工合成に成功した。
    ヤママリンを加えた溶液にラットの肝ガン細胞を培養したところ、2日間、ガン細胞は分裂しなかった。細胞がどれだけ酸素を吸収するかを調べたところ、通常の20%程度に減少し、休眠したような状態になっていた。
    ヤママリンを取り除くと、肝ガン細胞は分裂。増殖を始めた。
    呼吸に関わる細胞内のミトコンドリアにヤママリンが作用し、呼吸量が減少し分裂が止まったとみられる。
    ヒトの胃ガンの細胞や神経芽細胞でも同様の結果が出た。
    ヤママリンは岩手大学の鈴木幸一教授が発見した物質。
    2004年に同定、アスパラギン酸、イソロイシン、ロイシン、アルギニン、グリシンの5つのアミノ酸にアンモニアがくっついた構造であることを突き止め、命名した。
    臓器移植や再生医療で臓器を保存する場合、保存剤に加えて氷などで冷やしているが、細胞に低温というストレスがかかり、最大48時間しか持たない。この新技術を使えば、細胞を成長させずに、2日間以上、長期間保存できる可能性がある。


尿素を栄養源に
  • 「農水省の蚕糸・昆虫農業技術研究所は、カイコが老廃物の尿素を栄養源として再利用している現象を見つけた。桑の葉に含まれる酵素を利用して尿素からアミノ酸を合成し、絹糸の原料にする。尿素を栄養源に出来る動物は珍しいという。栄養価の高いカイコ用人工飼料の開発につなげたい考えだ。
    カイコが利用している桑の葉の成分は「ウレアーゼ」と呼ぶ酵素の一種。カイコの体内では老廃物として尿素が生じるが、食べた桑に含まれるウレアーゼの働きで消化管内でアンモニアに変わる。
    カイコはこのアンモニアを吸収し、アミノ酸の一種のグルタミン酸を合成、これを絹糸タンパク質の原料として利用している。ウレアーゼを含まない人工飼料で育てたカイコは、尿素を栄養分として利用出来なかった」

クモの糸を吐くカイコ
  • 2014年、農業生物資源研究所は、クモの糸を吐くカイコの実用品種を開発することに成功した。
  • クモ糸シルクは通常のシルクより1.5倍キレにくく、鋼の約20倍の強さを持つ。
  • 十里あのシルクと同じ機械を使って、ベストとスカーフを作ることができた。
  • 研究グループは通常のシルクを生産するカイコに、オニグモの巣の縦糸のタンパク質の遺伝子を導入して組み換えカイコを作った。



関連情報 シルク(絹)






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査