情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





海草(海藻)






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)







コンブ
モズク
スピルリナ






海藻(かいそう)
海藻の種類

スサビノリ
  • (荒び海苔)は紅藻類の海藻。
  • スサビノリは国内で養殖される水産物生産量の約3割を占める。
  • 2013年、水産総合研究センターは、九州大学や国立遺伝学研究所、日立ソリューションズなどと共同で、のりの材料として広く養殖されているスサビノリの全遺伝情報(ゲノム)を解読した。
  • 解析の結果、約4300万塩基でできており、その中に10327個の遺伝子がある。
  • ノリは細菌と共生しており、表面にある細菌のDNAが混ざり、ゲノム解読が困難だった。
  • 研究グループはノリの葉を切り出して表面を洗った後、酵素で処理し、解析装置にかけた。




海藻の成長に必須のビタミン・・・サルシン
  • アオノリなど緑色の海藻の成長に欠かせないビタミンの一種を、海洋バイオテクノロジー研究所(岩手県釜石市)の研究グループが発見した。陸上での海藻養殖に道を開き、絶滅が危惧される四国の四万十川のカワノリなどの保存や育種に役立つ。
    成果は2005年3/11付けのサイエンスに掲載。
    海藻の表面に共生するバクテリアなどが様々なビタミンを合成し、海藻の成長を助けていることが様々な実験で推定されている。しかし微量のため検出が難しかった。研究グループは共生バクテリアの培養液を精製することに成功。
  • 陸上の植物が持つ植物ホルモンと一部共通の構造を持つ『サルシン』と呼ぶビタミンの一種を発見した。
    詳しく調べたところ、1フェムトc(フェムト=1/1000兆)の単位で海藻の細胞に働きかけて正常な構造変化を促して葉を茂らせることが分かった。逆にこの物質が無いと、細胞の構造変化が起きず、葉っぱ状の構造が崩れて1種類の細胞の塊になってしまう。
    この物質を使えば、試験管や水槽など陸上で海藻の養殖が可能になる。



海藻の中に含まれる成分がヒトの腸内の解毒作用を高める
  • 長瀬産業は京都大学名誉教授との共同研究で、海藻の中に含まれる成分がヒトの腸内の解毒作用を高める効果があることを確認。
    藤多哲朗・京大名誉教授、西野輔翼・京都府立医科大学教授、奥山徹・明治薬科大学との共同研究で、2006年の日本薬学会で発表した、
    褐藻類のアラメ、カジメ、クロメが多く含んでいる海藻ポリフェノールをマウスに食べさせ、排泄物を調べた。
    海藻ポリフェノールには、解毒効果を弱めるとされる酵素が腸内で発生することを防いだり、整腸作用があるビフィズス菌を増やす効果があることを発見した。





成分 ワカメ
(湯通し塩蔵)
マコンブ
(素干し)
ヒジキ
(素干し)
浅草のり
(焼きのり)
アオノリ
(素干し)
カロリー
タンパク質 4.1g 8.2g 10.6g 40.9g 18.1g
脂質 0.5g 1.2g 1.3g 2.0g 0.3g
カルシウム 190mg 710mg 1.4g 410mg 840mg
2.8mg 3.9mg 55.0mg 12.7mg 32.0mg
ビタミンA 470IU 560IU 310IU 13000IU 12000IU
ビタミンB1 0.03mg 0.48mg 0.01mg 1.10mg 0.56mg
ビタミンB2 0.07mg 0.37mg 0.14mg 3.20mg 1.90mg
ナイアシン 0.2mg 1.4mg 1.8mg 9.0mg 6.0mg
カリウム 250mg 6.1g 4.4g 2.4g 3.2g
リン 95mg 200mg 100mg 610mg 740mg
コレステロール 1mg 22mg





藻(も)の活用
クラミドモナス 油の含有率が高い・・60〜70%。
ジェット燃料に。
シュードコリシスチス 油の含有率が高い
ジェット燃料に
ヨーグルト程度の酸性環境で育つ
シンビオディニウム サンゴと共生。
界面活性剤の原料成分を含む。
ソラリス 15℃〜45℃の海水で育つ
ジェット燃料に。
ヘマトコッカス 「アスタキサンチン」を生成する。
ポツリアコッカス 油に含有率・・・50%
ジェット燃料に
ユーグレナ・EOD-1 油の含有率が高い。
ユーグレナ・グラシリス 石垣島で大量培養に成功
ジェット燃料に
健康食品に。
ルナリス 4℃〜25℃の海水で育つ
ジェット燃料に。




藍藻の遺伝子を改変しアミノ酸を生成
  • 2015年、明治大学の小山内祟専任講師は理化学研究所と共同で、光と二酸化炭素(CO2)からアミノ酸を効率よく作る手法を開発した。
  • 藍藻の一種「シネコシスティス」を使った。
  • 研究グループは、生体リズムや代謝を制御する遺伝子「RpaA」に着目。この遺伝子を改変すると、食品添加物や家畜の飼料となる「グリシン」や「リジン」などの有用なアミノ酸の生成量が増えた。








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査