ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



かいちゅう(回虫)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



関連情報 好酸球増加E型肝炎



回虫の漢方薬
  1. 烏頭桂枝湯
  2. 烏梅丸
  3. 烏頭湯
  4. 黄連湯
  5. 甘草乾姜湯
  6. 甘草粉蜜湯
  7. 呉茱萸湯

  8. 鷓胡菜湯
  9. 椒梅湯
  10. 大烏頭煎
  11. 大建中湯
    1. 蛔蟲に因る腹痛等にして、熱性証無き者《奥田謙蔵》
    2. 京極の美濃屋の娘が熱病が治ったあとで、腹が大変痛むようになった、私はその脇下痞硬を診て、大柴胡湯や柴胡桂枝湯の類を与えたが一向に効が無く、そこでよくよく脈を診てみると洪大である。回虫で腹の痛む時は脈が洪大であることに気づき、駆虫剤である鷓胡菜湯、檳榔湯、鶴虱散などを用いたが、更に効がない。そこで大建中湯を与えたところ、1回で効があり、3回呑むと食欲が出て、5回分を呑む頃には痛は消えてしまった。《有持桂里》

  12. 当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  13. 人参湯
  14. 八味地黄丸
  15. 檳榔鶴虱散《外台秘要方》
  16. 茯苓飲







○カボチャ・クララ・クロマメ・ザクロ・スギナ・ニシキギ・ニンニク・モモ・ヨモギ・リンドウ。






◎「虫下し」に使われる[カイニン酸][ドーモイ酸]は、どちらも回虫の筋肉にあるグルタミン酸受容体を強く刺激して、筋肉をケイレンさせて、虫を動けなくする作用があり、動けなくなった回虫は、やがて糞便と一緒に排泄される。

[カイニン酸][ドーモイ酸]はともに、神経伝達物質である[グルタミン酸]と類似の構造をもち、神経に対する作用も似ている。
(川合述史著「一寸の虫にも十分の毒」p160〜162講談社より)






【~厥】 (かいけつ)
=蛔虫による四肢の厥冷。
【虫積】 (ちゅうしゃく)
=慢性の蛔虫症。






関連情報 「犬・猫回虫症」好酸球増加E型肝炎







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査