ドクトルアウンの気になる情報
なおる/ナオル/




脚気





ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






最低血圧が低い
ビタミンB1
浮腫
多発性神経炎
倦怠感






脚気の漢方薬
越婢加朮湯
  1. 口渇、浮腫(実腫)
  2. 尿量減少
  3. 水腫性脚気にして、歩行時下肢に倦怠、痿弱、疲労感あり、頭重、口渇し、しばしば汗出で、下腿浮腫し、知覚鈍麻等ある証《奥田謙蔵》


九味檳榔湯
  1. 脚気Beriberi:
  2. 心悸亢進、肩こり、倦怠感
  3. 便秘傾向
  4. 腫満短気する者、「唐侍中一方」よりは服し易く効あり
  5. 脚気の浮腫(湿脚気):息切れ及び心腹痞積、ふくらはぎの緊張。《龍野ー漢方処方集》


桂芍知母湯
  1. 脚気:能く痛痺転筋不仁を治す《脚気提要》


香蘇散
  1. 「+・木瓜・・芍薬」《矢数道明》


五積散
  1. 冷え症
  2. 易疲労
  3. 胃腸弱い


呉茱萸湯
  1. 脚気、心を攻め、嘔吐甚だしきを治す。
  2. 衝心し、煩躁死せんと欲するを治す。
  3. 脚気衝心、煩、嘔逆し、悶乱する者を治す《類聚方広義》



四物湯
  1. 動悸甚だしき者、四物湯或いは効あり。蓋し水分の動を以て標準と為す《和田東郭》
  2. 脚気、心の冲する者を治す:「+黄柏」《万病回春》
  3. 《医学心悟》曰く、脚気、湿熱を離れず、また両足忽然として枯細する者有り、俗に乾脚気と名づく。これ風燥の症なり。「+牛膝・ 木瓜」之を主る。今、腫気を帯ぶる者は「+木瓜・蒼朮・」、更に佳なり。《脚気提要》


芍薬甘草附子湯
  1. 初め湿脚気(浮腫のある脚気)にかかり、薬を飲んで水気がとれて後、乾脚気となり、両脚が萎縮して力を入れることが出来ず、膝はひきつれて伸ばすことが出来なくなり、諸薬を用いて効のない者には芍薬甘草附子湯を与えて、日光に浴せしむるときは必ず治るものである《内科秘録》


小半夏加茯苓湯
  1. 脚気の険症を治す《原南陽》《山田業広》
  2. 水腫性脚気等にして、嘔吐を発する証《奥田謙蔵》
  3. 脚気、嘔吐甚だしく、諸薬納れざる者を治す。按ずるに《外台秘要方》《必効》脚気を療する方、及び《文仲》の脚気心に入り悶絶死せんとするを療する方、并びに小半夏湯を用ゆ。ただ姜汁を以て生姜に代ゆるのみ。《脚気提要》


大承気湯
  1. 脚気衝心。
  2. 脚気、胸腹腸満し、一身浮腫し、胸動怒濤の如く、短気して嘔し、二便閉渋する者は、衝心の基也。此方に非ずんば、その迅劇の勢を折衝し、結の毒を蕩滌すること能わざる也。脚気症、その人胸中跳動し、心下堅く、短気、腹満し、便秘して脈数なる者は、仮饒(タトエ)その状緩症に似たるも、決して軽視し可らず。必ず不測の変有らん。早く此方を用い、以て欝毒を逐除する時は、則ち大患に至らずして治せん。匕を執る者、忽諸にする勿れ、《類聚方広義》
  3. 脚気にして、腹満強く、喘鳴息迫し、大小便共に通ぜざる証《奥田謙蔵》


大防風湯
  1. 脚気:日久しく、脈脛枯細し、あるいは痒く、あるいは軟、洩する者、及び痢後風、鶴膝風、附骨疽、一切の腿腫毒、潰爛し、膿水絶えず、 その人虚羸する者、皆これを治す。《雑病翼方》
  2. 脚気痿弱を治す


当帰芍薬散


八味地黄丸
  1. 疲労倦怠感、夜間多尿、浮腫
  2. 手足の冷え、腰痛
  3. 下肢の麻痺:《金匱要略》に“崔氏八味丸は脚気上って小腹に入り、不仁するを治す”とあり、この脚気は近代医学の脚気を指すばかりでなく、足の麻痺するもの一般を指している《大塚敬節》
  4. 軽症脚気等にして、下腹部軟弱、麻痺特に著しき証《奥田謙蔵》
  5. 此に脚気上り入り、少腹不仁と云ふは、その初、脚部麻痺し、或いは痿弱、微腫し、小便利せざる者等の症、遂に少腹不仁と作るにして、本と陰症に非ず。故に治も亦難からざる也。若し腹中に毒充満し、ひいて四肢に及び、遂に水気を見はす者に至っては、少腹不仁、小便不利等の症有りと雖も、此方を能く功を立つる所に非ざる也。急に大承気湯を与えて、以て之を下す可し。若し疑殆して決せず、姑息の治を為すときは、則ち短気、煩躁し、衝心して死せん《類聚方広義》
  6. 脚気で下半身がシビレて、歩行に困難している老婦人を1ヶ月足らずで、八味丸で全治せしめたことがある。30歳の婦人が10ヶ月目にお産をして、その後、脚気になり、ビタミンB剤の注射を続けているが、全く効がないという。
    症状は下肢と下腹部のシビレ感で、sれに客がだるく、力がぬけたようで歩行困難である。食欲や大小便には異常はない。多少息切れがあるが、動悸は感じない。
    八味丸を与えて、ビタミン剤を止める。これで次第に足に力がつき、シビレ感も去り、8週間の服薬で全治した。《大塚敬節》




漢方療法
湿脚気


ビタミンB欠乏が急激に起こったもので、浮腫を伴う」

「運動麻痺・知覚麻痺も現れることが多い。」

浮腫が強いと右心不全が生じることがあり、これを『脚気衝心』と呼び、急死することが多く恐れられていた。《中医処方解説》




乾脚気
(かんかっけ)=浮腫のない脚気。

「ビタミンBの欠乏が徐々に起こったもの」

「筋肉の萎縮・知覚麻痺・運動麻痺が見られる」

浮腫は生じない。」




民間療法
針灸のツボ
  • 「脚気などという病気はない、腎臓が悪いのです。腎臓をなおせば脚気など治るので、わけない病気です。
  • ただ三里ST-36と太谿KI-3をすえたたけでも治ります。
  • 太谿KI-3は腎臓の原穴、三里ST-36は胃経の合だから治るのです。
  • 腎臓と脾臓がなおるので脚気もなおるのです」(沢田流針灸真髄p87)
  • 陰陵泉、三陰交、絶骨。
  • 脚気八処の穴
    • 風市、伏兎、犢鼻、足三里、上巨虚、下巨虚、外膝眼、懸鐘(絶骨)




脚気(かっけ) 
脚気
=1642年、オランダ領ジャワ島で、オランダの医師ブロンチウスが発見。

「この地域には現地人によって羊(ジャワ語で羊のことをberiという)と呼ばれている厄介な病気がある。


これは一種の麻痺症状で特に脚部、手部の知覚麻痺及び運動麻痺が著しく、全身が侵されることもある


ビタミンB
の欠乏症

  下肢の倦怠感
  ・知覚異常
  ・知覚鈍麻
  ・食欲不振
  ・便秘
  ・心悸亢進
  ・心肥大
  ・浮腫

などの症状を呈する。








脚気の症状
はじめ最低血圧の降下
  (60mgHg以下となり、しばしば0となる)



心音の第2肺動脈音の亢進などの循環器障害


食欲不振吐き気便秘などの消化器障害


浮腫


手足の知覚麻痺・しびれ・疲労感


ふくらはぎの筋肉を他から圧迫されると痛みを覚える


腱反射が減弱


ついには手足の神経が麻痺して歩行困難となり、筋萎縮をきたす


循環器障害がひどく悪化(心臓は右方へ拡大)すると、わずかな身体運動の増加により急性心力衰弱すなわち衝心(脚気衝心)を起こし死亡することがある
(薬学大事典p103)




脚気の自覚症状





脚気の検査所見

(鑑別)

(1)神経炎:
  1.アルコール中毒
  2.マラリア
  3.ペラグラ(意識明瞭で浮腫あり)


(2)浮腫・・・・浮腫性疾患との鑑別





最低血圧が低い」「ビタミンB1」「ヘルニア」「浮腫」「多発性神経炎」「好酸球増加」「倦怠感」「関節痛」「しびれ」「便秘」「吐き気」「運動マヒ」「ギランバレー症候群








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬