ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP







HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




の応用
インフルエンザ
     

息切れ
     

疫痢:
  • ☆疫痢で高熱が出て、下痢とともにケイレンを発する場合に用いる。《大塚敬節》

     
嘔吐:
  • ☆嘔吐止まず、諸薬無効の者、脈浮数は表邪壅遏に属する。本方を与えすみやかに癒える。
  • ☆二日酔いで、嘔吐する者には、五苓散や順気和中湯が良く効くが、嘔吐、下痢があり、また心下部の痛む者には、この方の効く場合がある《大塚敬節》

     
悪寒

肩こり:
  • ①悪寒、頭痛
    ②感冒<胃腸型>
    ③下痢<発熱性>
    ④太陽病。

     
感冒:<胃腸型>
     
気管支喘息
     
急性胃腸炎
     
急性腸炎
     
胸中煩悸     
  • ☆平日項背強急し、心胸痞塞し、神思悒欝(ユウウツ)して、舒暢(ジョチョウ)せざる者を治す。或いは大黄を加う。《類聚方広義》
     
ケイレン:
  • ☆疫痢の初期のケイレン《大塚敬節》

     
下痢:
  • ☆<発熱性>
    ☆(悪臭のある下痢・裏急後重・肛門の灼熱感)
    ☆表邪陥下の下利に効あり。《勿誤薬室方函口訣》
    ☆下痢性疾患にして、裏急後重有り、熱性症候盛にして、心下部満悶し、汗出でて脈浮数なる証。《奥田謙蔵》
    ☆発汗を行いて後病解せず、下痢日に数余行、心下部痞満し、汗出でて脈浮数なる証。《奥田謙蔵》
    ☆下痢の初期に葛根湯を与え、而も下痢止まらず、熱性症候益々増進する等の者。《奥田謙蔵》
    ☆小児早手(=疫痢)の下痢に用いる。
    ☆疹已に出て瀉する者によろし。
    ☆瀉久しくして痢に変ずる者→「乾姜芩連人参湯」《麻疹心得続録》
    ☆傷寒恊熱利して喘する者を治す。
    ☆熱瀉を治す。

         
     
口渇
     
口内炎:
  • ☆口内炎等。《奥田謙蔵》
    ☆口瘡を治す:「紅花、石膏」《浅田宗伯》
    ☆鵝口瘡を生じ、飲食ともに減じた者に:「葛根黄芩黄連湯1/4紅花0.5・石膏3.0」で著効《大塚敬節》
    ☆急性肺炎で、抗生物質を濫用したため、下熱後、カンジダ性潰瘍となり、口腔内及び舌一面に、紅斑様の糜爛を生じ、ところどころに白斑の苔が出来て、飲食が出来ず、言語を発することも困難を感ずる者に、「葛根黄芩黄連湯紅花2.0・石膏10.0」を用いたところ、7日後には、ほとんど苦痛を訴えないほどに軽快した。《大塚敬節》

     
高血圧
     
項背強
     
自汗
     
心悸亢進
     
心下痞:
  • ☆微熱ありて下痢頻発し、心下部閉塞の感あり、或いは疼痛する証。《奥田謙蔵》


     
㉒頭痛
     
㉓赤痢
  • ☆小児の疫痢。《済世薬室》

     
舌炎
     
㉕喘息
  • ☆此方の喘は熱勢の内壅する処にして主証にあらず。
    ☆喘息には、証に由り、半夏、石膏、或いは大黄を加う。《奥田謙蔵》


歯痛:
  • ☆項背強急し、心下痞塞し、胸中寃熱(寃=エン、ぬれぎぬ)して、眼目、牙歯疼痛し、或いは口舌腫痛、腐爛する者二は、大黄を加ふれば其の効速かなり。《類聚方広義》


丹毒:
  • ☆丹毒、及びその類似疾患等。《奥田謙蔵》

              
脳血管障害・後遺症:
  • ☆脳溢血の発作後にして、発熱し、心気不安、顔面潮紅及び頭痛、煩躁を現し、脈浮大にして数なる等の証。《奥田謙蔵》

     
発熱:
  • ☆艾灸後の発熱。《奥田謙蔵》
    ☆疹後、身熱除かざるを治す。《保嬰撮要》

    
二日酔い:
  • ☆酒客の表証に用いるは活用なり。《勿誤薬室方函口訣》
    ☆過酒後の吐下、心痛する者。
    ☆宿酔にして煩熱を訴える等の証《奥田謙蔵》

     
不安神経症
     
不眠症

ほてり

麻疹
  • ☆高熱が出るとともに痙攣を起こすものに用いる。また、高熱、咳嗽があって下痢する者に用いることがある(漢方診療医典)

     
胸苦しい:
  • ☆身熱劇しくして心煩し、或いは暴瀉数行、脈浮数なる証。《奥田謙蔵》

     
目が充血
     
やけど:
  • ☆火傷後の発熱等。《奥田謙蔵》

         



は、
その葛根を用ふること最も多し。しかして項背強急の証なし、蓋し闕文(文が欠けている)なり。これを下裏して汗出づる者に施すに、終に効あることなし。項背強急して前証ある者は、即ち是れ影響するなり。《薬徴》

項背強急し、心下痞し、心悸して下利する者を治す。《吉益東洞》







関連情報 」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査