ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



水疱性角膜症



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告






水疱性角膜症
  • 2014年、京都府立医科大学や同志社大学、滋賀医科大学のチームは、目の角膜を透明に保つ角膜内皮が傷み、視力が低下する水疱性角膜症患者3人に、培養して作った角膜内皮細胞を移植する臨床研究を実施し、視力回復に成功したと発表した。
  • 水疱性角膜症は、角膜に溜まった余分な水分が排出されなくなり、角膜が濁ったり水ぶくれする病気。
  • 研究チームは、米国から輸入した角膜内皮細胞を、薬剤を加え培養する手法を開発した。増やした細胞を2013年12月以降、男女3人の角膜の裏側に注入し定着させたところ、角膜が透明に戻った。
  • 視力は0.05から0.1〜0.9に回復した。



角膜内皮細胞の再生医療の臨床試験
  • 2013年までに、日本ケミカルリサーチは、京都府立医科大学、同志社大学、滋賀医科大学と共同で、角膜内皮細胞の再生医療の臨床試験に着手する。

  • 対象は、水疱性角膜症

  • 水疱性角膜症は、角膜の最も内側の部分である角膜内皮細胞が減ったり、キズつくことで起きる。角膜内の水分量を調節する角膜内皮細胞に異常が起きると、眼内から角膜にしみ出してくる水分量が増えすぎて、角膜が水ぶくれし、視力が低下する。
  • 症状が進むと痛みを伴う。
  • 角膜内皮細胞は自然には増殖しないので、治療は点眼薬で症状の進行を抑えるか、角膜移植しかない。
  • 臨床研究では1人のドナーから取りだした角膜内皮細胞を特殊な方法で培養し、患者の眼内に注射する。









関連情報







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査