霍乱(かくらん)
★漢方の病名

  • 吐瀉病、日射病、熱射病にて吐瀉する症。
    コレラ症状。
    発病が突然で、吐瀉激しく、煩悶して気持が悪いもので、俗に「
    吐き下し」ともいう

  • 古人が霍乱と呼んだ病気は、激しい嘔吐、下痢、腹痛を訴える病気であるが、これに五苓散を用いる場合と人参湯を用いる場合のあることについて、《金匱要略》は次のように述べている。
    • “霍乱で、頭痛、発熱、身疼痛の状があって、熱が多くて水を飲みたがるものは五苓散の主治するところで、寒が多くて水を飲みたがらないものは理中丸(人参湯を丸にしたもの)の主治である”《大塚敬節》

  • 霍乱、吐利甚だしき者、及び所謂暴瀉の症は、急なる者は死、朝を崇らず。若し倉皇として措を失し、疑議して策を誤らば、人を非命に斃さん。その罪何れにか帰せんや。医人は当に平素討究講明し、以て急を済ひ、難を靖んずべし。
    霍乱病は、外感に由ると雖も、蓋し傷食也。又疝徴を挟んで激動する者有り。その吐せず、下らず、胸腹劇痛する者は、当に先ず備急円、或いは紫円を与えて、以て之を吐下すべし。腹痛、悶乱止み、而して嘔止まず、薬汁入らざる者は、宜しく「
    小半夏加茯苓湯」を以て、その嘔を止むべし。吐下の後、頭痛、発熱し、身疼痛し、渇して嘔吐し、小便利せず、脈浮数なる者は、「五苓散」に宜し。前症にして吐利止まず、四肢微冷し、熱飲を好む者は、「人参湯」なり。吐下止みて、大熱大渇し、煩躁し、しんげひこうする者は、「白虎加人参湯」なり。前症にして頭痛し、汗出で、悪寒し、身体疼痛し、心下痞硬せざる者は、「白虎加桂枝湯」なり。乾嘔止まず、冷汗、厥逆し、転筋し、脈微にして絶せんと欲する者は、「四逆湯」を用ふ可し。苟も攻伐の術、治安の策を精究し、施設に誤無んば、その起つ可き者を起たしむる、豈にそれ難からんや《類聚方広義》

霍乱の主薬
  • かっこう・半夏を主薬とすべし《万病回春》






霍乱に用いる漢方薬
  1. 益元散
  2. 回生散
  3. 加減正気散
  4. 加味姜附湯
  5. 既済湯
  6. 桂苓白朮散
  7. 呉茱萸湯
    1. 霍乱:激しい嘔吐、下痢、腹痛を訴える病気
    2. 霍乱、転筋し、吐瀉止まず、頭目昏眩し、須臾も救わざる者《雑病翼方》
    3. 霍乱、吐せず下らず、心腹劇痛して、死せんと欲する者は、先ず備急円、或いは紫円を用い、継いで此方を投ずれば、則ち吐せざる者無し。吐すれば則ち下らざる者無し。已に快吐下を得るときは、則ち苦楚脱然として除かん。その効至って速かなり。《類聚方広義》
  8. 五苓散
  9. 止渇湯
  10. 四逆湯
  11. 椒豆散
  12. 小半夏加茯苓湯
  13. 参胡三白湯
  14. 大承気湯
    1. 乾霍乱を治す。《方読便覧》
    2. 乾霍乱を治す:「ぷらす檳榔良姜」《聖済総録》
  15. 二香黄連散
  16. 人参湯
  17. 麦門冬湯[4]
  18. 白虎加桂枝湯
  19. 白虎加人参湯
    1. 霍乱、吐瀉の後、大熱、煩躁し、大渇引飲、心下痞硬し、脈洪大なる者を治す《類聚方広義》

  20. 木萸散
  21. 木瓜湯


チェック
関連情報
コレラ







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬