情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





冠状動脈硬化症






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






最低血圧が高い

肥満

おけつ(おけつ)




冠状循環
冠状動脈(colonary artery)は、
大動脈弁のすぐ上の大動脈に始まる。
  • 冠状動脈血流量は、大動脈圧とともに変化するが、
    1. 物理的要因(心収縮中に受ける環状血管の圧迫)と
    2. 心筋細胞から放出される代謝因子
  • によっても影響を受ける。


(代謝因子)・・・多くの代謝因子が冠状血流量の制御に関与している。
  1. +
  2. CO2
  3. 2の減少
  4. +
  5. 乳酸
  6. NO(一酸化窒素)
  7. アデノシン


これらの中でアデノシンが最も強力と見られている。
  • 心機能の需要が高まると筋細胞からアデノシンが放出されて冠状動脈の拡張を引き起こし、冠血液量が増加する。












冠状動脈硬化症 coronary arteriosclerosis
冠状動脈にみられる動脈硬化症 (冠動脈硬化症)
  1. 男性に多く、拡張期血圧との関係が深い
  2. 50才以上の肥満との関係も深い






心臓バイパス手術後の動脈硬化抑制
  • 米国立心臓・肺・血液研究所は心臓の冠動脈バイパス手術を受けた患者の血中コレステロール値を大幅に下げることで、移植した血管の動脈硬化の危険を低減出来ることを臨床試験で明らかにした。

  • バイパス手術を受けた約1400人にコレステロール低減薬を異なる用量で投与、4〜5年間追跡調査した。
    移植した血管が動脈硬化を起こす割合は血中コレステロールをやや下げた組で39%、大きく抑えた組みで28%だった。
    米国では手術を受けた患者の半数は10数年でバイパスが詰まってしまう為、薬物治療の意義は大きいと見られている







冠動脈をつくる遺伝子
  • 2010年、米エール大学のチームは、心筋細胞へ栄養や酸素を送る冠動脈を作る遺伝子の働きを解明した。
    「ERK1/2」と「P13K」という2つの遺伝子で、遺伝子の働きのオンとオフが切り替わることで冠動脈が作られることを、ネズミや熱帯魚を使って確認。
    研究グループは『p13リン酸化阻害因子』という酵素を狙い撃ちする薬を使って、この2つの遺伝子のシグナルを制御することにも成功した。
    冠動脈に障害が起きると、これまでの治療法では患者の足の血管を使って血管を作る手術を行っていた





漢方薬あれこれ 括楼薤白半夏湯
失笑散+人参












TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬