ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



感情が不安定(情緒不安定)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)






広告




感情が不安定なときの漢方薬
茵蔯蒿湯

温経湯

加味逍遥散

加味逍遥散+四物湯

帰脾湯
  1. 今俗に云う癇証で、しきりに物事を苦にして種々の容体を言うて、自ら大病となし、或いは自刃せんとし、或いは悲傷する者がある。しかし時によっては、起居、飲食とも変わりなく、診察してみると、多くは脈が沈細で、人参や附子を用いたい様である。しかしこのような証はひどい虚証のように見えても、うっかり人参や附子の入った方剤はやれないものである。先ず疏肝散(柴胡剤など)がよい。
    1婦人が癇症だといって治を乞うた。そうして言うに、私の病気は癇症だけれども、帰脾湯を用いないで下さいという。そこで余がその訳を詰問すると、婦人がいうのに、先年、私の夫が癇症にかかって、ある医者に治を乞うたところ、その医者が虚証と判断して脾湯を与えた。
    するとたちまち上逆、発狂して自殺してしまったと。
    余はこれを信ずることが出来ず、疑問に思っていた。ところが、その後、また1人の婦人が癇性で治を乞うたが、虚証のように見えるので帰脾湯を用いたところ、たちまち発狂して、井戸に飛び込み死んだ。そこで始めて、前の婦人の云ったことが、こじつけでないことを知り感服した。  
    その後、また1人の男子の癇症を診察し、よほどの虚証であったから、帰脾湯を用いたところ、1年ばかりで全治した。
    帰脾湯は、証に適中すれば、その効は神の如くすばらしいが、一度誤るときは、人を殺すこともすみやかである。よくよくつつしみ、虚実を弁別して用いなければならない。《椿庭夜話


荊芥連翹湯

桂枝茯苓丸

香蘇散

柴胡加竜骨牡蛎湯
  1. この方を癇症や癲狂に用いてしばしば効を得た。
    当今の病人は、気鬱と肝うつの病人が10中の7、8である。肝うつが募ると癇症となる。婦人はわけても肝うつと癇症が多い。この場を会得すれば当今の雑病の治療も困難ではない。《傷寒論》では胸満、煩驚、小便不利の者に用いている。この数症の中で、胸満が主症で、煩驚、小便不利が客症である。畢竟、胸満するから自然と胸中が煩する。煩するから精神が不安で事に触れて驚くようになる。気が胸に上って結ばれるからそこに鬱積してめぐらない。それで小便の不利が起こる。それ故にこの方を用いる標準は胸満である。もちろん大小便の通じ悪く、煩驚があれば正面の証である。さて癇症は色々の証を現す病で、夜床につくと、眼に色々のものが見えたり、また水気が臍の下から攻め上がって呼吸が促迫して、脚気衝心のようになったり、発作のたびに手足がひきつれ、ひどいときは痙病のように、反り返る。夜間たまたま眠ると夢を見、種々の症状を現す。このような場合、胸満、煩驚、小便不利があれば、必ずこの方を用いるが良い。《餐英舘療治雑話》
  2. 年が40歳あまり。
    ある日突然眼を見張って、まばたきをせず、訳の分からないことを口走り、屋根に登ったり、垣根を飛び越えたりして走り騒ぐようになった。またひどい大食で、鰯魚のなますを大きな盆に1杯入れてあったものを半分も食べて、まだ飽きたらないもののようである。その上、からだや四肢を団子大のものが走り回るようになった。そこで人々は狐つきだとして、神に祷ったり、仏にお願いをかけたり、針をしたり、灸をしたり、刺絡をして血をとったり、薫法をして煙を嗅がせたり、ありとあらゆることをした。こんな風で100日ほどたったが、依然として治らない。ところがたまたま団子大のものが3つも4つも左の顎のところに集まって、瘰癧のようになり、ひどく歯が痛むようになった。すると、いままでも狂躁状態がピタッと止み、ただ訳の分からないことをいうだけとなった。そこで余に往診を乞うた。
    余はこれを癇症と診断して、柴胡加竜骨牡蛎湯を与えたところ、歯痛が治まり、瘰癧の様なものも、だんだん消え、妄語もまた止んで10日あまりで全治した。その後は感冒のような軽い病気にかかっても、他の薬剤よりも、柴胡加竜骨牡蛎湯の効く場合が多くなった。(福富元・和漢医林新誌第76号)


柴胡加竜骨牡蛎湯+陳久散

柴胡桂枝乾姜湯

柴胡清肝湯

柴朴湯

三黄瀉心湯

四物湯

参蘇飲

大建中湯

当帰四逆加呉茱萸生姜湯

当帰芍薬散

補中益気湯

六君子湯

苓桂朮甘湯




(かん)=精神病を指す。
  1. 大人を癲といい、小児を癇という《古今医統》
  2. 癇は発作に間がある意ともいう。
肝証 (かんしょう)
=癇症と同じ意味に用いられ、神経症、精神病などを指していることもある。



「アメシスト」「煙水晶」「エメラルド」「オニキス」「オパール」「ガーネット」「カルセドニー」「クリソコラ」「クリスタル」「サードオニキス」「サーペンティン」「ジェト」「ジルコン」「真珠」「トパーズ」「トルコ石」「ブラッドストーン」「ペリドット」「ルビー」




情緒不安定
感情が安定しない。
  • 感情の起伏が激しい。
  • 情緒不安定

(副作用で感情が不安定)


激越(げきえつ)

  • (要注意医薬品)
    「アナフラニール」「ジプレキサ」「デプロメール」「トリプタノール」「トレドミン」「パキシル」「ハルシオン」「ルジオミール」「ロドピン」


脳波で感情測定
  • 「脳機能研究所(川崎市、社長・武者利光東京工業大学名誉教授)は、喜びや悲しみ、疲労感など12種の感情を測定出来るシステムを開発した。 システムは感情の変化に伴って脳の特定位置でのアルファ波、ベータ波などの各脳波の大きさが変化することを利用した。
    脳波は被験者に頭に付けた10ヶ所の電極で拾い、そのデータを新開発のファジー論理ソフトウエアーで解釈する。脳波の解析はこれまで、専門家でなければ難しかったが、新システムは素人でも読みとれるようにした





精神不安 不安神経症」「神経症」「パニック障害」「不安」「恐怖症」「気疲れ」「抑鬱症」「気ウツ」「仮面うつ病」「褐色細胞腫」「ストレス「ドキドキ」「疳積持ち」「イライラ」「肝機能障害」「デトックスおけつ










解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査副作用漢方薬針灸