情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





肝機能障害






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






脂肪肝
A型肝炎
B型肝炎
C型肝炎
肝炎
慢性肝炎





肝臓
  • 体内で、最も大きく、最も重く、最も高温の臓器。
    1. 肝臓の重さ・・・・・1000g~1500g(体重の1/50)
    2. 肝臓の長さ・・・・・左右25cm、前後約15cm。高さ約15cm。
    3. 1個の肝臓には約2500億個の肝細胞がある。
    4. 肝臓に供給される血液量・・・1分間に1000~1800ml

肝臓は、栄養分の分解と合成、栄養分の貯蔵、有害物質の解毒、胆汁の生産などを行う化学工場。
  1. 胃腸で消化された栄養素は血液にのって、1分間に1㍑のペースで肝臓に運ばれる。
  2. 肝臓を手術で3/4を切除しても、約4ヶ月で、元の大きさに再生する。
  3. 通常、細胞に含まれる染色体は46本だが、肝細胞には92本、138本という染色体を持つものが多い。


1000個で臓器の働き
  • 2009年、肝臓の細胞は100個集まっても組織的に働かないが、1000個集まれば肝臓の役割を発揮する。東京大学の酒井康行教授らのグループが人の肝細胞を使った実験で明らかにした。
    肝細胞を1個から順に数を増やしてガラスの上に張り付け、いくつ集まったときにタンパク質が作られるかを調べた。肝臓が作るタンパク質の1つ。「アルブミン」は肝細胞が1個、10個、100個ではほとんど検出されなかったが、1000個以上集まったときには確認できたという。
    肝臓が作り出し、解毒作用に関係する酵素タンパク質が活性化するかどうかでも、肝細胞が1000個以上集まったときに働きが高まることがわかった。






肝機能障害
肝臓は体内の化学工場
  • 代謝の中心的役割を担っている


中間代謝を担う・・・
  1. 糖代謝
    • ◇グルコースの供給
      • 腸管で吸収したグルコース以外の単糖類(フルクトース・ガラクトース)を生体が利用できる糖分子であるグルコースに変換する。
    • ◇グリコーゲンの合成・貯蔵
      • 脳にとって唯一のエネルギーであるブドウ糖をグリコーゲンに変えて肝臓が蓄え、必要に応じてブドウ糖やアミノ酸に戻して血液中に放出、血糖量やエネルギー量を調節する。
      • 血液中のグルコース濃度が90mg/dl以上あるときは肝臓は多くのグルコース分子からグリコーゲンを合成し、貯える。逆に血液中のグルコース濃度が低下すると、肝臓はグリコーゲンを分解してグルコースを作り、血中に放出する。
    • ◇糖新生(生体内で糖質以外の物質からグルコースを新たに作ること)
      • グルコースが不足したときや、タンパク質。脂肪の摂取が過剰になったとき、肝臓はタンパク質や脂肪を糖に変換できる
  2. 脂質代謝
    • ◇リポタンパク質の合成
    • ◇脂肪酸とコレステロールの合成・分解
  3. タンパク質代謝
    • ◇アミノ酸の供給
    • ◇血漿タンパク質の合成
    • ◇アンモニアの無毒化
      • 体内に入ってきた有毒物質は、肝臓で無毒化される。たとえば、消化中に作り出されるアンモニアは、そのまま血液中に混入して体内にめぐると有毒だが、肝臓で無毒な尿素に変わりやがて体外へ排出される


胆汁の合成・分泌
  1. ビリルビンを抱合型に変え、排泄しやすくする
  2. 胆汁酸を合成し、コレステロール、ビリルビンと共に胆汁として分泌する
  3. 胆汁酸は少量での脂質の消化・吸収を助ける。胆汁はアルカリ性の消化液で、大便の色は胆汁の色素に由来する

薬物代謝・解毒
  1. 酵素群P450の働きで薬物や毒物を代謝し、排泄しやすくする。
  2. 脱水酵素によりアルコールを分解する

ビタミン・の貯蔵
  1. ビタミンA
    • 脂質とともに吸収され肝臓に貯蔵される。
    • レチノール結合タンパク(RBP)と結合して血中に放出される
  2. ビタミンD
    • 皮膚で紫外線を浴びるとコレカルシフェロールは、肝臓で水酸化されえ活性が高まる、→さらに腎臓で水酸化され→活性型ビタミンD3となる。
  3. ビタミンB12
    • 回腸で吸収されたコバラミンは肝臓に貯蔵され、胆汁として再び腸管に入る。
    • トランスコバラミンと統合して血中を運搬される
    • フェリチンの形で肝臓と脾臓に貯蔵される。
    • トランスフェリンと結合して血中に放出される


循環血液量を調節する
  • 肝臓は心拍出量の25%をプールしている

血液を浄化する
  • 類同のクッパー細胞が種々の抗原や老化赤血球を貪食する。

造血する
  • 胎生5ヶ月までは肝臓が主な造血器(胎生期のみ)



肝臓の基本的検査

肝細胞
障害の検査
[GOT][GPT][GOT/GPT]
[ALP][γ-GTP][コリンエステラーゼ]
[総タンパク][アルブミン][蛋白分画]
[HBc抗体][HCV抗体]
[チロシン][分枝鎖アミノ酸]
[ICG][血液凝固検査]
肝細胞
変性・壊死
の検査
[GOT][GPT][GOT/GPT]
[ALP][γ-GTP]
[総ビリルビン][直接型ビリルビン]
[総タンパク][蛋白分画]
[IgM-HA抗体][HBs抗原][IgM-HBc抗体]
[HCV-RNA][HBV-DNA]
[血液凝固検査(PT)(APTT)]
胆汁うっ滞
の検査
[総ビリルビン][直接型ビリルビン]
[総コレステロール][リン脂質]
[ALP][ALPアイソザイム][LAP][γ-GTP]
[AFP][PIVKA-Ⅱ][CEA][CA19-9]
[血液凝固検査]



肝臓へ入るもの 肝臓から出るもの
門脈(portal vein)からは:
  • 胃腸で消化された栄養素を血液にのせて、1分間に1000ccのベースで肝臓に運び込む
  • 門脈は腸管から血液を運んでくる
  • (門脈は機能性血管)
栄養素
  • その人の体に合った500種類以上の栄養素を肝臓で合成し、肝静脈から全身へ送る
リンパ管からは:
  • 腸で吸収された脂肪を肝臓へ運ぶ
胆汁(1日500~1000ml)
肝動脈からは:
  • 1分間に1500ccの血液が流れ込み、酸素と栄養を補給する
  • 腹大動脈→腹腔動脈→総肝動脈を経由してくるのが固有肝動脈で、酸素を供給する栄養血管
リンパ
血管
  • 通常の臓器の血管系は(動脈)→(毛細血管)→(静脈)という経路をたどるが、

  • 肝臓の血管系は
    1. 流入する血管に冠動脈(幹細胞に酸素を与える栄養血管)と門脈(腸で吸収した栄養素を肝臓に運ぶ血管)の2系統があり、
    2. 流出する血管は中心静脈から注がれる肝静脈の1系統です。





肝機能検査(1)総論→「健診
(病因)
肝炎ウイルス
[IgG-HA抗体][IgM-HA抗体]
[HBs抗原][HBs抗体]
[IgG-HBc抗体][IgM-HBc 抗体]
[HBe抗原][HBe抗体]
[HBV-DNApolymerase] [HBV-DNA]
[HCV抗体][HCV-RNA]
[HDV抗体]
(病因)
原発性胆汁性肝硬変
[抗ミトコンドリア抗体]
(病因)
代謝性疾患
[セルロプラスミン]、[鉄及び鉄結合能]、
[α1プロテインインヒビター]
(病因)
肝細胞ガン
[αフェトプロテイン]、[PIVKA-Ⅱ]
肝細胞障害 [GPT][GOT][γGTP][ALP]
[総胆汁酸][LDH]
胆汁排泄機能 [総ビリルビン][直接ビリルビン]
[総胆汁酸][ICG] [BSP]
タンパク合成機能 [アルブミン][コリンエステラーゼ]
[プロトロンビン時間][ヘパプラスチンテスト]
アミノ酸代謝 [血漿アミノ酸]
糖代謝 [血糖][グルコール負荷試験]
[ガラクトース負荷試験]
脂肪代謝 [コレステロール][コレステロールエステル]
尿素サイクル [アンモニア][BUN]
線維化の状態 [Ⅲ型プロコラーゲンペプチド]
[Ⅳ型コラーゲン]
間葉系の反応 [γグロブリン][TTT][ZTT]
門脈-大循環短絡 [ICG][総胆汁酸][血漿アミノ酸]
[アンモニア][血小板]





肝機能(各論)
薬物で
肝障害
[GPT]と[γGTP]の組み合わせが敏感に反応。
使用薬物で肝障害を起こしていないかどうかのチェック
[脂肪肝] 体重の変化とGPTの組み合わせが敏感に反応 [HBs抗原]
[HCV抗体]
[GPT]
[γGTP]
[アルコール性肝障害] [γGTP]が最も敏感に反応。
肝炎ウイルス
キャリア
肝炎ウイルスマーカー検査が不可欠
[潜在性肝疾患] [GPT]と[γGTP]の組み合わせが敏感に反応。
A型肝炎
(HA)
発症時には、IgM-HA抗体が陽性(+)
既往を調べる検査:IgG-HA抗体
症状が軽快し、GPTが正常化すれば治癒と判定。





B型肝炎
(HB)
発症時には、HBs抗原が陽性(+)
急性では、IgM-HBc抗体価が高い。
慢性では、IgM-HBc抗体価が低く、IgG-HBc抗体価が高い。
GPTが2ヶ月以上正常で、HBs抗原が陰性(ー)化すれば治癒。
C型肝炎 発症してもHCV抗体が陰性(ー)の場合あり。
GPTが6ヶ月以上持続的に正常範囲の場合、治癒とみなす。

活動性
の判断
[GPT][GOT][γグロブリン]







障害の程度
を反映する
[ICG(インドシアニングリーンテスト)]
[Ⅳ型コラーゲン]
慢性
B型肝炎
HBe抗原が陽性(+):感染力が強い
HBe抗原が陰性(ー)で、GPT高値が持続:ウイルスの変異
肝細胞ガンが発生するので、[AFP]と超音波検査必要
慢性
C型肝炎
活動型:インターフェロンで30~40%治癒する。
自己免疫性肝炎 女性に好発。
1.肝炎ウイルスマーカー・・・陰性(ー)
2.GPT・・・・・上昇(持続的or反復的)
3.γ-グロブリン・・・高値(2.5g/dl以上)
4.以下の検査が必要になる。
 (a)血中自己抗体:
     LE細胞
     抗核抗体
     抗平滑筋抗体(ASMA)
     抗ミトコンドリア抗体(AMA)
 (b)CRP
 (c)赤沈

Gilbert症候群 間接ビリルビン・・・・高値
GPT・直接ビリルビン・・・正常
LDH・・・・・・正常







「肝前性」
「肝性」
「肝後性」
に分ける。
体質性黄疸
(Dubin Johnson 症候群)
(Rotor症候群)
間接ビリルビン・・・正常
GPT・ALP・・・・・正常
直接ビリルビン・・・高値
肝細胞障害による黄疸 直接ビリルビン・・・-高値
間接ビリルビン・・・上昇
GPT・・・・高値
LDT/GPT・・・低値
・肝内胆汁欝滞から
・胆道閉塞性疾患から
直接ビリルビン・・・高値
間接ビリルビン・・・正常
GPT・・上昇(軽度~中等度)
ALP・・・・・・高値








リストラによる出向で、短期間に肝機能異常者が増加した。
調査対象:平均年齢33才。出向期間平均25ヶ月。48名。       
  (肝臓機能異常者の人数:1名~12名)
  (肥満指数で肥満の人数:13名~25名)
  (ストレスを訴えた者:38名/48名) 
  (タバコの本数:14.2~24.4本/1日)
  (アルコールの平均摂取量:140g~298g/週)



















(アルコール・アセトアミノフェン症候群)
「埼玉県で起きた保険金殺人事件で風邪薬が「凶器」に使われていたことが分かり、多くの人が驚いた。欧米では、風邪薬の主成分であるアセトアミノフェンアルコールと一緒に飲むと重い肝臓障害を招くことは良く知られており、社会問題にもなっている。酒やタバコで効き目が落ちたり、悪影響が出たりする薬は少なくない。
中野次郎・元米国オクラホマ大学医学部教授(臨床薬理学内科)によると、『
アルコール・アセトアミノフェン症候群』は約10年前から英国、数年前からは米国で話題になっている。
米国で一番飲まれる解熱鎮痛剤アセトアミノフェンはほとんど肝臓で分解されるが、少量の肝臓毒素が出来る。大量のアルコールがあると、この毒素を無毒化するのに必要な物質が出来ない。肝細胞が壊れて有害物質が脳に回って意識を失う。48人の死亡を報告した医師もおり、アルコール中毒の死者のかなりがこの症候群だった可能性がある。昏睡時は8時間以内にアセチルシスティンの注射で救命治療する。


アルコールとの相乗作用では、睡眠薬・精神安定剤・大麻やモルヒネなども、呼吸中枢や血圧中枢の働きを抑え、一晩で死に至ることもある。睡眠薬を常用していたマリリン・モンローやエルビス・プレスリーらに死因もこの種のものだったとみられている。




肝障害を引き起こす有害因子
  • α-メチルドーパ
  • アジュマリン
  • エタノール
  • 四塩化炭素
  • 化学療法剤
  • 肝炎ウイルス
  • クロルプロマジン
  • クロロホルム
  • 抗生物質
  • 抗テンカン剤
  • 毒キノコ(タマゴテングタケetc)
  • パラコート
  • その他
    • 「カリブ海に浮かぶジャマイカ島の住民には肝機能障害をもつものが多く、肝硬変が多発し、また家畜にも肝障害が多く発生することが知られていた。この地方には、キク科の[キオンSenecio]、マメ科の[タヌキマメCrotaria]などの属やムラサキ科の[ヘリオトロープ属Heliotropium]の植物が野生しており、住民たちはこれらの植物の葉を「ヤブチャ(bush-tea)」として飲用していた。講談社「天然毒」p16参照)


(医薬品の副作用で肝機能障害)
  • アデカット」「エパデール」「カプトリル」「クラビット」「コニール」「コントミン」「セタプリル」「セレクトール」「セロケン」「ダイクロトライド」「タナトリル」「ダルメート」「ダントリウム」「テグレトール」「テノーミン」「デパス」「ニバジール」「ニューロタン」「ノルメラン」「ノルバスク」「ノフロ」「トレドミン」「バクシダール」「バイロテンシン」「PL顆粒」「ヒポカ」「ペルジピン」「ヘルベッサー」「ポンタール」「メバロチン」「ラシックス」「リズミック」「リピトール」「リポバス」「リュープリン」「ルジオミール」「レニベース」「ロヒプノール



肝細胞を増やす遺伝子
Wnt9a
肝細胞を増やす遺伝子・・・Wnt9a(ウィント9a)
2008年、熊本大学の横内祐二教授らは、肝臓の細胞(肝芽細胞)が増殖するのに重要な遺伝子(Wnt9 a)を発見した。ニワトリの胚実験ではWnt9 aの働きを強めると肝臓重量が1.4倍に増え、肝芽細胞の分裂頻度も1.7倍になった。この遺伝子からタンパク質が作れないように操作してテストすると、肝臓の成長は妨げられ、正常な場合より4割程度軽くなった。
血管内皮細胞の遺伝子ウィント9aは分泌型のタンパク質を作り出し、これが肝芽細胞の増殖に重要であることが分かった。




夜食をとると・・・肝臓で代謝異常が起きる
不規則な食事で
  • 2012年、夜食など、不規則な時間に食事をとるとインスリン作用で、肝臓の「時計遺伝子」のリズムが乱れ、代謝が正常に機能しなくなることを名古屋大学の小田祐昭准教授らが突き止めた。
  • 体内ホルモンのインスリンは食後に膵臓(すいぞう)から分泌される。
  • 肝臓は腸などで消化された成分を代謝しており、インスリンの作用を受ける。
  • 研究者の間では、インスリンが肝臓の1日のリズムを調節するかどうか議論が分かれていた。
  • 小田准教授らは、ラットを使って、夜間の「活動期」、日中の「休息期」にインスリンを与え、肝臓への影響を調べた。
    1. 活動期・・・リズムをつくり出す時計遺伝子は正常だった。
    2. 休息気・・・リズムをつくり出す時計遺伝子は異常になった。





薬の副作用をチェック
・iPS細胞で本物並み肝臓
  • 2011年、大阪大学の水口裕之教授と医薬基盤研究所のチームは、ヒトの新型万能細胞(iPS細胞)を、本物の肝臓細胞と遜色のない細胞に成長させる技術を開発。
  • 特定の3個の遺伝子をiPS細胞に導入した。
  • 薬剤を分解する肝臓は新薬開発に欠かせない、
  • 製薬会社は現在、摘出した肝臓細胞を米国から購入して、薬の評価に使用しているが、高価で品質にバラツキがある。
  • 医薬基盤研はバイオベンチャーのリプロセルと組んで、肝臓細胞を使って薬の副作用を検査するサービスを2012年から始める。




体外肝細胞
  • 2011年、名古屋大学の小田祐昭准教授らは体外で培養した肝臓細胞を、実際の肝臓並みに高めることに成功した。
  • 研究チームは日本人から採取した実験用に市販している肝臓細胞「FLC-4」を用いた。培養血に細胞外マトリックスと呼ぶタンパク質などをのせ、細胞を積層化して培養した。この細胞内でタンパク質が作られる時に増える伝令リボ核酸(mRNA)量と、正常な肝臓細胞のmRNA量を測り、様々な能力を比べた。肝臓だけで作られるタンパク質のアルブミンを分泌する能力は、正常細胞と遜色なかった。
  • 脂質や薬物の分解でも一定の能力が認められた。
  • 薬の候補物質の安全性試験は現在、ラットやマウスなどの肝臓細胞を使うのが一般的。
  • この方法では、実際のヒト肝細胞が持つ薬物分解能力を正確に測れない。





肝機能障害の漢方薬
  1. 柴胡桂枝乾姜湯田七
  2. 柴胡桂枝湯
  3. 柴胡桂枝湯霊芝
  4. 柴胡桂枝湯陳久散
  5. 柴胡桂枝湯アミノ酸
  6. 柴胡桂枝湯マリアアザミ
  7. 柴胡桂枝湯胎盤エキス
  8. 四逆散陳久散
  9. 小柴胡湯
  10. 大柴胡湯
  11. 大柴胡湯霊芝
  12. 大柴胡湯陳久散
  13. 大柴胡湯胎盤エキス








[カーネリアン]
[ヒッデナイト
[イエローシトリン]
[胎盤エキス]
[
霊芝]
[
アミノ酸]
[
マリアアザミ]
[
スクアレン]
[コウジン]
[田七]


コウジン
  • 2012年、朝鮮人参の発酵物に肝機能障害を抑える効果があることを、長瀬産業と高石喜久・徳島大学教授らが報告。漬け物から分離した乳酸菌を使ってオタネニンジンを発酵させた。これをラットに7日間与えた後、感冒薬や解熱剤であるアセトアミノフェンを大量投与した。




チェック
かくれ肝障害脂肪肝」「A型肝炎」「B型肝炎」「C型肝炎」「肝炎」「自己免疫性肝炎」「慢性肝炎」「急性肝炎」「薬剤性肝障害」「肝硬変」「肝ガン」「激症肝炎」「肝不全」「アルコール性肝障害」「慢性多症状病」「先端巨大症」「低タンパク血症」「病気」「怒りっぽい」「倦怠感」「甲状腺機能低下」「栄養失調」「疲れやすい」「顔色がさえない」「黄疸」「だるい」「食欲不振」「イライラ」「酒に弱くなった」「二日酔い」「発疹」「活性酸素」「霊芝」「デトックス








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬