ドクトルアウンの気になる情報
なおる/ナオル/



(東洋医学)
漢方医学




ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)







漢方薬の選び方
漢方薬の臨床応用
漢方薬ー50音順
症候別ー漢方薬




(東洋医学の思考法)
東洋医学の考え方は、“病気を治す”より、“病人を治療する”ことに重きをおいてきた。


たとえば、糖尿病を治療するに当たって、 西洋医学では、病気の原因と思われる血糖値が高いことや、インスリンの分泌が悪いことなどを問題にする。ところが、東洋医学では、患者さんの訴えるノドの渇き、疲れやすさ、皮膚のかゆみなどを取り除くことに専念する。
(中略)



(診察方法)


疾病に対するアプリーチが違っている西洋医学と東洋医学では、診察方法から異なっている。


西洋医学では、

患者さんをベッドに寝かせ、膝を立てさせ、腹直筋の緊張をやわらげ、肝臓や腎臓など、内臓の状態を見やすいようにして診察にとりかかる。

東洋医学では

まったく逆で、膝を伸ばして腹直筋を緊張させ、皮膚と筋肉の間にある結合組織の状態を診察する


さて、この結合組織が近代医学にとっていかに重要な分野であるかを述べてみよう。


(毛細血管)

結合組織をめぐる問題の1つに、細動脈や毛細血管など微小な血管を流れる血液の循環がある。

結合組織には微小血管、特に毛細血管が分布する。
  1. 毛細血管の大きさは、直径4ミクロン程度である。
  2. 一方、矛盾するようだが、この血管を、2倍近い大きさの赤血球 (直径7ミクロン)が流れている。
球形のままでは通過できないため、長形に押しつぶされた状態に変形して通ることになる。

ところで、この赤血球 の膜に付着するコレステロールが増えると、膜がかたくなって変形しにくくなる。

変形しにくいということは、赤血球が毛細血管を通りにくくなることであり、これが血液の循環を疎外して、冷え症などの不定愁訴の原因となる。


このほかにも、血液中に脂肪コレステロールが増えても、血液の粘稠度が増し、毛細血管を通りにくくする場合もあり、(中略)
ここでの流れが、体全体の血液の流れの善し悪しに大きく関係するわけで、これを東洋医学は、長い年月にわたる経験のなかで学び取り、治療に取り入れてきたわけである。


(細胞間質液)


血管の外には、細胞間質液とよばれる血管からしみ出た液がある(中略)


最近、
糖尿病、出血、酸素欠乏時には、この細胞間質液のpHが7.0以下にまで下がることが分かった。

血液自体のpHは7.4に保たれているのにである。

これまで、細胞間質液のpHは血液のpHとおなじであろうと考えられていただけに、意外な発見であった。


(インスリン)

困ったことに、pH7.0付近では、 血糖が細胞にとりこまれやすい状態になり、細胞のエネルギー代謝を活発にするインスリンの働きをにぶらせてしまうのである。

pH7.4では、インスリンは目一杯作用するが、7.0では作用できない。

したがって、
もともとインスリンの作用が弱い糖尿病では、細胞間質液のpHが下がっているので、ますますこのインスリンの作用が弱くなる。このことから、細胞間質液のpHを上げることが、糖尿病の治療に連なると思われる。 (中略)


酸素の供給が悪くなると筋肉や結合組織にある細胞(脂肪細胞や線維細胞など)では、糖の分解が不完全になり、炭酸ガスと水に分解されるはずのものが途中止まりになり、乳酸ができる。


糖から乳酸までの過程では、酸素なしでエネルギーを糖から引き出せるのである

しかし炭酸ガスと水まで分解されるものと比べると著しく効率が悪く、細胞はエネルギー不足になりがちである。


さらに生じた乳酸が困ったことをする。

細胞を取り囲んでいる溶液(細胞間質液)のpHが乳酸によって低下するのである。

細胞間質液のpHは、血液と同じように、正常では7.4前後に保たれている。ところが、乳酸がたまってくると7.0前後にまで低下する。

細胞間質液のpHが低下すると、細胞のエネルギー源である血糖の細胞への取り込みを促すインスリンが働けなくなる。
  • (奥田拓道著「和漢薬」中公新書p3〜)








3つのパターン
「漢方医学には、大きく分けて、
の3種類があります。
ちょうど漢字がそれぞれの国で違うように、その内容は全く異なっています。




日本漢方の特質
普通漢方というと、現在、中国で行われている中国の伝統医術と同じものと思っている向きも多いようであるが、それは、とんでもない間違いである。

我が国の医術は、鎌倉時代に中国の伝統的な医術から脱皮する萌芽見られ、室町の中期に医聖《曲直瀬道三》がでて、中国の伝統的な医術から脱皮して、我が国独自の医術体系をつくっている。

そして、この道三流の医術が全国を風靡して、徳川の中期に及んだが、徳川の中期に医傑《吉益東洞》が出て、この道三流の医術に真っ向から反対し、厳正な批判を加え、我が国の医術は古代の漢方に復古すると同時に、我が国、独特の漢方がうち立てられた。

それ故、我が国の漢方はまったく現在の中国の伝統医術とは別のものであることを知らねばならない。それはあたかも現在の日本の文章が、漢字や漢語と用いて書かれて居るけれども、訓み方も、使用法も、中国とは全く違っているのと同じことである。
(中略)





日本漢方の特徴1つのに、腹診を開発したことがあります。
中国漢方には無く、西洋医学の腹診とも、その方法や目的が異なります。
多くの天才を輩出した江戸時代に確立された腹診は、「気」の流れと、虚実の判断を可能にする事で随証療法の精度を高めました。


吉益東洞のいう「古方」とは、「傷寒論」や「金匱要略」に記載された処方のみを用いることではなく、張仲景の医論である「方」と「証」を対比させた治療法則をもつものを古方といっている。

古方と後世派では「陰虚」の意味が違う。
古方の漢方処方


・いろいろな病気の症状・経過・適用すべき方剤などを、重症の傷寒と軽症の中風とを例にとりながら、説いたのが《傷寒論》。

早くから臨床医学の宝典として珍重され、《黄帝内径》とともに後世の医家に用いられた。

わが国近世中期に、傷寒論にもとづく医学理論を重視した学派を古医方という。もとは《傷寒卒病論》十六巻。現行本は、晋の王叔和の改編を経て、北宋の治平年間(1064〜67)に改訂されたもの
漢方書籍










関連情報 漢方薬

熱証・寒証
実証・虚証
傷寒論
日本漢方
韓国漢方
和漢蘭
漢方医学史
医食同源
色彩療法
音楽療法









解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査