ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



関節が痛い(関節痛)



HOME 血液検査 漢方薬(選び方)
漢方医学 色彩療法
ブログ 病名(症状) 漢方薬(臨床) 生薬の薬性 宝石療法
病 院 (副作用) 漢方薬(50音順) 生 薬 名 音楽療法
針 灸 ツムラ番号 漢方薬3000処方 臓腑(主治薬) 養生





広告




関節痛の漢方薬
@温経湯


A越婢加朮湯
  1. 43歳女性。
    左側膝関節の疼痛を主訴として来院した。患者は、硬く肥満し、1回も妊娠したことがない。月経は異常なく、大便は1日1行。尿はやや頻数、舌には白苔がある。膝の痛みは、歩行時はもちろん、5分間以上坐っていると、痛みに堪えられなくなるという。医師は神経痛といい、按摩師は脂肪塊が神経を圧迫するためだと言ったという。しかしなかなか治らないという。患部を触診するに、拇指頭大の脂肪塊状のものがあって、これを圧すると痛む。私はこれに越婢加朮湯を与えたが、15日分の服用で、塊状物が消失して、疼痛も拭うようになくなった。
    私はこの治験に気をよくして、結核性の膝関節炎にこの方を用い、反って疼痛が増し、食欲も減少して面目を失ったことがある。越婢加朮湯は老人や虚弱者には注意してほしい。
    《大塚敬節》


B葛根湯


C桂枝加朮附湯
  1. 冷え症で痛み
  2. 四肢のマヒ感、屈伸困難。
  3. やや虚証の人で、冷えや湿気により痛みの増強するものに用いられる(漢方診療医典)
  4. エラスチン
  5. スクアレンサメ軟骨
  6. 霊芝


D桂枝湯
  1. 関節・筋肉リウマチ
  2. 自然発汗があり、微熱、悪寒する


E桂芍知母湯
  1. 関節腫痛(疼痛):関節に発赤・熱感・疼痛がある《中医処方解説》


F五積散
  1. 冷え症、易疲労
  2. 胃腸虚弱
  3. 冷えや湿気の順応性が乏しい


G柴胡桂枝湯


H疎経活血湯


I大承気湯
  1. この方は腹部が充実膨満して、脈にも力があって、便秘するものを目標に用いる。大柴胡湯証では胸脇苦満があるが、この方は臍を中心として膨満している。このような状態で膝関節や足関節の痛み者に用いる《大塚敬節》
  2. 50歳会社社長。肥満したがっちりした精力旺盛という体格である。主訴は腹部の膨満感で、そのため睡眠がよくとれないことがあるという。肩も凝り、左右の膝関節には疼痛があり、坐っておれないという。小便は頻数で量も多いが大便は秘結していて、下剤を飲まないと通じがない。腹部は全般的に膨満して抵抗があり、脈は沈実である。尿中にはタンパクを証明し、血圧は180-100である。そこで大承気湯を与えたところ、毎日便通があり、身体が軽くなり、肩凝りも、膝の痛みもなくなった。血圧には変化がない。通計100日ほど服薬して海外旅行し、服薬を中止した。
    大承気湯証の患者には、尿の頻数と多尿を訴える者があり、又、膝関節や足関節に疼痛を訴える者がある。
    《大塚敬節》


J大防風湯


K当帰芍薬散


L風湿舒筋丸


M防已黄蓍湯
  1. 急に生じる関節痛・腫痛《中医処方解説》
  2. 膝関節炎、リウマチ
  3. 水太り体質。色白で汗をかきやすい。
  4. 風湿相打ち皮膚に客す。
  5. 四肢無力、関節煩疼する者を治す:・独活」《雑病翼方》


N麻黄湯


O
  1. 患部に熱を持つ。
  2. 関節炎、リウマチ
  3. 冷えると痛む








チェックしましょう
朝起きたときの歩き始めに、特にひざが痛む 変形性膝関節症
歩くと股関節が痛む 変形性股関節症
ひじを動かすと、はじめは痛むが、しばらくすると和らぐ ひじの変形性関節炎
指を動かすと痛い 腱鞘炎
指を動かすと親指が痛い の可能性
同時に何カ所もの関節に痛みがある 関節リウマチ
足の親指の関節の激しい痛み 痛風
急に熱を持ってはれる 化膿性膝関節炎
淋菌性関節炎
外傷で関節とその周辺が痛む ねんざ
脱臼
腕を前方に上げたり、回しにくい




関節
関節は、
  • 凸型の関節頭と凹型の関節窩が向き合い、そのまわりを関節包という丈夫な膜が包んでいる。
  • さらにその外側は2つの骨を靱帯がつないでいる。
  • 骨と骨の間は滑液で満たされて、骨が摩耗しないようにしている。
    1. 関節液の変化
    2. 手の関節
    3. 足の関節





関節痛arthralgia
[arthr-]=関節、
[-algia]=痛み。


あちこちの関節が痛む疾患

関節に器質的障害を起こす疾患

うつ病の随伴症状としても起きる 





関節が痛くなる原因
  1. ひじ
  2. 手指
  3. ひざ
    • [オスグッド-シュラッター病]
    • [十字靱帯損傷]
      [ジャンパー膝]
    • [半月板損傷]
      [変形性膝関節症]
    • [ランナー膝]
  4. 足指
  5. 全身





(副作用で関節が痛くなる医薬品)
  • 「アルデシン」「アルドメット」「クラビット」「セレクトール」「セレスタミン」「ゾビラックス」「ダイアート」「タケプロン」「テオドール」「デジレル」「デプロメール」「トレドミン」「ノルバスク」「パンスポリン」「ファーストシン」「プレドニン」「ペンタサ」「メバロチン」「ラシミール」「リーゼ」「リピトール」「リュープリン」「ルボックス」






多発性関節痛





●全身倦怠・発熱で始まり、
局所の発熱・発赤・腫脹・激痛をきたす。

●疼痛は拍動性で連動で増強する。
単発性が多いが、多発することもある。





●頭痛・全身倦怠・筋痛・四肢痛で始まり、

●次いで発熱と共に特有の症状を示す
原疾患の症状が出る








●扁桃炎に続発する。

●発熱と共に1〜2個の関節の発赤・腫脹・発熱・疼痛をきたす

●数日で他の関節に波及する

●小児に多い
心疾患・舞踏病を合併し、治癒後、関節に異常は残らない




●間欠熱が多い。

●高度の発汗を示すことあり。

●筋痛・関節痛のみ示すことあり
職業・環境をチェック
赤沈、白血球数
ブルセラ凝集反応


gout
●中年男性に突然発症。

●1〜2関節に発赤・発熱・腫脹をきたし、2〜3時間後激痛を起こす
赤沈、血液尿酸、
関節X線検査
痛風結節生検







女性に多い。
関節に疼痛・変形をきたし、慢性に経過する。
微熱、貧血、栄養障害をきたす。
白血球増加。
赤沈促進
CRP試験。RA試験。
Waaler-Rose反応。





osteoarthritis
健康な老人に徐々に発症。
初め機能障害があり、続いて、運動時に関節が痛む。
腰椎・股・膝関節に好発。
関節に炎症はない。
慢性関節リウマチ・痛風に合併することあり。





(fibrositis)
中年以後に発症。
全身に多発したり、頸椎・腰椎・肩・手首に限局したりする。
痛みは軽い。
進行すれば強直を起こす。
痛みは朝軽く、運動で消失し、夕方増強する。
「内科診断学」金芳堂 p180





型の超音波診断装置で検査
  • 2009年、GEヘルスケア・ジャパンは、本体がノートサイズの超音波診断装置を発売。
    骨や靱帯、末梢神経などを鮮明に捕らえられる。
    あらかじめ筋肉や骨などを画像にするのに最適条件を登録している。
    バッテリーで1時間稼働。操作ボタンは4つ。
    リウマチや関節の異常などの診断にはX線撮影やCT・MRIを使うのが一般的。だが、最近は超音波診断装置を使う医師も増えている

抗ウツ薬「ヂュロキセチン」に関節の痛みを緩和する効果
  • 米製薬jのイーライリリーは今月上旬に米食品医薬品局(FDA)に承認を申請した抗ウツ薬「ヂュロキセチン」に関節の痛みを緩和する効果があると発表した。
    米ウィスコンシン大学医学部の研究グループがボストンで開催された米国精神保健会議で研究成果を報告した。偽薬や抗ウツ薬パロキセンチンと比較して痛みの緩和効果を統計的に実証したという。
    関節痛はうつ病患者が訴える派生症状の1つだが、既存の抗ウツ薬には関節痛を和らげる効果はほとんど無い。




関連情報 関節炎
多発性関節炎
結節性多発動脈炎
結核性関節炎
筋筋膜症
関節症
慢性関節リウマチ
悪性関節リウマチ
関節リウマチ
若年性関節リウマチ
線維筋痛症」(全身が痛む)」 
ブルセラ
リウマチ熱
筋肉痛 
 
手の関節
  
足の関節







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査