情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



顔色が悪い
(顔面蒼白)




ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






顔が赤い
顔が黒い
顔が黄色い
顔がはれる







チェックしましょう
顔色が紫色をしている 心臓又は肺の病気が悪化
顔色が赤黒く、口の中に黒いシミ アジソン病
顔色が黄色っぽく、白目も黄色い 急性肝炎または胆石症で黄疸
顔色が赤黒い 緊張・興奮による一時的なもの
心臓病
胃腸障害
重金属中毒
立ちくらみや動悸・息切れ 鉄欠乏性貧血
黄疸が現れる 溶血性貧血
鼻血など、感染症に対する抵抗力が低下 再生不良性貧血
中年以降で、顔色が青白い 胃・十二指腸潰瘍
腹や胸が苦しく、吐血した 胃腸からの出血
舌に炎症がある 巨赤芽球性貧血




顔色悪い
  • 顔色がさえない。
  • =顔面蒼白
  • =皮膚にツヤがない。
  • =皮膚の色ツヤが悪い


(副作用から顔面蒼白に)
  • 「アタラックス」「テオドール」
  • 「ボスミン」「ポララミン」








顔色悪いときの漢方薬
  1. 安中散
  2. 温経湯
  3. 黄蓍建中湯

  4. 桂枝加竜骨牡蛎湯
  5. 桂芍知母湯
  6. 五積散
  7. 呉茱萸湯
  8. 柴胡清肝湯
  9. 酸棗仁湯
  10. 四君子湯
    • 《療治茶談》“四君子湯を用いる大事の口訣が1つある。唇の色に血色の少ない時は四君子湯の正面の証であると思うがよい。これは痔や下血の病人を診るときの口訣である。補中益気湯は手足倦怠の1つを目的にとり、四君子湯は面色の痿黄と唇の血色の少ないとの2つを目的にとっている。これが益気湯と四君子湯との区別である。益気湯でも顔色の痿黄が全くない訳ではない。四君子湯でも手足の倦怠が全くない訳ではないけれども、ただ口訣は10に10はなれず、動かない証だけを目的にするのである。これはまた口訣を学ぶ1つの心得である。”《大塚敬節》
  11. 四物湯
  12. 七物降下湯
  13. 十全大補湯
  14. 小建中湯
  15. 小半夏加茯苓湯
  16. 真武湯
    1. 顔色悪い:胃中及び下焦虚寒なる者に宜し。《先哲医話》

  17. 大建中湯
  18. 猪苓湯+四物湯
  19. 通導散
  20. 桃核承気湯
    1. <赤黒く脂ぎっている>

  21. 当帰建中湯
  22. 当帰芍薬散+加工ブシ末
  23. 当帰芍薬散
  24. 人参湯
  25. 人参養栄湯
  26. 半夏白朮天麻湯
  27. 茯苓飲
  28. 平胃散
  29. 補中益気湯
  30. 麻黄附子細辛湯
    1. <顔面蒼白>

  31. 木防已湯
  32. 六君子湯
  33. 苓甘姜味辛夏仁湯


チェック
卵巣ガン」「大腸ガン」「肝機能障害」「解離性大動脈瘤」「気分が悪い






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査