カルニチン


ドクトルアウン ブログ  東洋医学  よく使う漢方薬 漢方の臨床  なおるかも









カルニチン
カルニチン

脂肪を代謝してエネルギーに変えるにの必要な栄養素

カルニチンは長鎖脂肪酸をミトコンドリアに運び脂肪酸をβ酸化するのに必須の物質です
  • カルニチンの構造式

体内でカルニチンの原料になるのが、リジンメチオニンです。



筋萎縮側鎖硬化症(ALS)
の一部のタイプに

2003年、小坂府立大学と倉敷成人病センターは、全身の筋肉が動かせなくなる難病『筋萎縮側鎖硬化症(ALS)』の一部のタイプに、食肉などに含まれるアミノ酸の摂取が有効なことを動物実験で突き止めた。
  • 運動機能低下が抑えられ、寿命も延びた。
大阪市大の井上正康教示、吉良幸美氏、倉敷成人病センターの内海耕慥医科学研究所長らの成果。同硬化症の約1割を占める遺伝性のタイプを対象に研究を進めた。このタイプの一部は遺伝子の異常によって、体に悪影響を及ぼす活性酸素を除去するミトコンドリアの機能が弱まり発症する。


細胞内の脂肪を燃やしミトコンドリアの機能を保護するアミノ酸のカルニチンに着目した。

羊や牛の筋肉などに多いアミノ酸で、人体内でも作られるが、外部から摂取する必要があるという。
同硬化症の症状を示すマウスにカルニチンを溶かした水を与えカルニチンの効果を調べた。通常8〜9ヶ月で死ぬところが、約1ヶ月以上寿命が延びた。
運動機能が衰え始める時期は1ヶ月半遅くなった。マウスの筋肉を調べると、神経細胞が自滅していくアポトーシス現象の発生が抑えられていた。



マトンに多く含まれる
ジンギスカン料理に使うマトンは、牛や豚に比べて、鉄・亜鉛・カルニチンが多く含まれている。

カルニチンはアミノ酸のリジンとメチオニンから合成されるペプチドである。

マトンのカルニチン量は100g当たり約280g。

豚肉(20mg)牛肉(90mg)に比べ格段に多い。


カルニチンは東京都老人総合研究所の研究によると、
  • 脂肪の燃焼を促す働きがある

そこで、太ったラットにカルニチンを与えたところ、
 ・老齢ラットでは減量効果があらわれた。
 ・若いラットでは減量効果がなかった。
ラットに与えたカルニチン量は人間に換算すると2kgのマトンと同じ量だった。





(原発性のカルニチン欠損モデルマウス)
  • jvenile visceral steatosis(JVS)は、 などの症状を示し、生後25日ぐらいで死亡する。
    カルニチン投与で飼育できるようになる。
  • さらに、低血糖、高アンモニア血症、脂肪肝も軽減する。









 L-カルニチン
アミノ酸の一種リジンが変化した物質

肝臓や腎臓で作られ、脂肪酸をエネルギーとして燃焼させるのを助ける。

脂肪燃焼を行う『ミトコンドリア』内部に脂肪を運び込む働きがある。
  • 脂肪燃焼を通じて良質エネルギーを産生、スタミナアップができ、また乳酸という疲労物質の蓄積を減少させて、筋肉疲労を和らげ、回復をスムーズにする。

妊婦や赤ちゃんではL-カルニチンが欠乏状態にあり、欧米では妊婦への補給、調合乳への添加は一般的。


脂肪燃焼
  • 米国でダイエット素材として売れ筋。
  • 筋肉体質に変え、肥満をセーブする。


NASH(ナッシュ)に有効



関連情報 カルニチン欠乏症
ダイエット
コンザイムQ10
アミノ酸
ビタミンC















    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
     漢方薬の選び方 

 よく使う漢方薬
 ブログdraun 東洋医学の考え方


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved