褐色細胞腫
副腎にできるガン
  • 褐色細胞腫は副腎のクロム親和性細胞に由来する腫瘍で、高血圧やその他の症状を引き起こす強力なホルモンのカテコールアミンが過剰につくられる病気です。

  • 副腎髄質、頸動脈球、尾骨球、腹部大動脈周囲の傍神経節などのクロム親和細胞が腫瘍となったもの。

  • タイプ:
     持続型
     発作型
     無症候型



 褐色細胞腫(5H病)
5H病
  1. 高血圧   Hypertension
  2. 代謝亢進 Hypermetabolism
  3. 高血糖   Hyperglycemia
  4. 頭痛    Headache
  5. 発汗過多 Hyperhydrosis


Howardの3徴
  1. Hypertension  高血圧
  2. Hypermetabolism 代謝亢進
  3. Hyperglycemia  高血糖

褐色細胞腫の病態
  • 副腎髄質や交換神経節の腫瘍によるカテコールアミンの過剰状態。



褐色細胞腫の症状
カテコールアミン(アドレナリン・ノルアドレナリン)過剰により以下の症状がでる


褐色細胞腫の最も顕著な症状
非常に重症の高血圧です

このほか
  • 動悸、
  • 過剰な発汗、
  • 立ちくらみ、
  • 速い呼吸、
  • 冷たく湿っぽい皮膚、
  • 重度の頭痛、
  • 胸や胃の痛み、
  • 吐き気、
  • 嘔吐、
  • 視覚障害、
  • 指の刺すような痛み、
  • 便秘、
  • 奇妙な死の強迫感
   がみられます。

これらの症状が突然、強く現れるとパニックに襲われたようになります。

この病気の半数の人は
  • 症状が出たり消えたりしますが、腫瘍の圧迫、マッサージ、薬物(特に麻酔薬ベータ遮断薬)、心理的トラウマが引き金になったり、まれに排尿でも起こることがあります


(副作用で褐色細胞腫を起こす医薬品)



関連情報 アジソン病」「高血圧」「好中球増加









    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
    東洋医学の考え方

漢方薬の選び方
 ブログdraun
よく使う漢方薬
 ツムラ番号   漢方処方3000


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved