ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




下垂体疾患



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






広告






下垂体疾患の種類
<1>下垂体前葉の機能低下:
    汎下垂体機能低下症
     下垂体性小人症

<2>下垂体前葉の機能亢進:
    先端巨大症
末端肥大症
    巨人症

    高プロラクチン血症(参照→下垂体腺腫

<3>下垂体後葉の機能低下:尿崩症

<4>下垂体後葉の機異常:ADH不適合分泌症候群








鼻の下から手術
「脳下垂体を手術する場合、鼻の穴の奥から内視鏡などを脳底部に挿入する方法が日本でも少しずつ広がり、日本間脳下垂体腫瘍学会などで注目を集めている。
脳下垂体は頭の中心部付近にあるホルモン分泌器官。この周辺部に腫瘍が出来ると以前は、開頭手術が必要だった。




10年ほど前からは、
上唇の裏側を切り、そこから手術用の顕微鏡や器具を入れて腫瘍を取る方法が主流になった。



鼻の穴からの手術はその次に登場した。
3年以上前から行っている福島孝徳・米カロライナ脳科学研究所教授や、堀智勝・東京女子医大教授(脳外科)によると、患者にシビレなどの感覚障害が残らず、入院期間も短くなる。「2歳〜77歳まで安全に手術出来た。
  • 脳腫瘍の2割以上がこの方法で可能だと思う」
    福島さんも「米国では1、2日の入院ですむこの手術が普及し、上唇の裏側から切る手術はかなり大きい腫瘍だけになった。新手術でも、技術的には、肉眼で見る顕微鏡の方がテレビ画面の内視鏡より解像力がよく、操作も簡単」という」




関連情報 下垂体腺腫

下垂体性小人症

尿崩症










解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査