ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




過食症



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




広告



過食症の漢方薬
平胃散



過食
嫌われる
  • 人付き合いに苦痛を感じる「回避性人格障害」と診断された女性は、医学的な因果関係は明瞭になっていないが、「拒食症」「過食症」を併発するケースが 多いとの専門家の指摘がある。愛知県から上京、都内の国立大学に通うA(22才)も、そんな1人だ。
    高校1年の秋、同じクラスにとてもスリムな女生徒がいて、うらやましかった。当時の坂井さんは身長153cm・体重47kgだった。自分では46.5kgが理想だと信じ込んでいたので、ダイエットに取り組むことにした。この「500g」の減量がすべての発端となった。
  • 朝食は普通だが、昼はご飯をお茶碗に半分以下と野菜だけで、夜は菓子パン1つ。しだいに体力が落ち、風邪が治らなくなる。体温も血圧も正常からはずていく。体重が40kgを切った。
    「やばいな・・・」と思ったが、物に取り付かれたようにダイエットを続けた。
  • 自分でもなぜか分からなかった。
  • 翌年、反動で過食が始まり、拒食と過食を交互に繰り返すようになった。
  • 自分ではもはや食欲をコントロール出来ず、そのうち、過食一方になり、体重は増え続けた。
  • 2年生になると、「太っていると嫌われる」と思いこみ、人と会うのが嫌になる。クラスメートとも口をきかなくなった。
  • 学校だけは通ったが、仲間との距離は開くばかりだった。
    一浪して大学に入学した。浪人時代は目標もはっきりしていたせいもあり、過食症が治ったかに見えたが、大学合格後は、またぶりかえした。体重を増やさない為に高校3年の冬に覚えた「食べて吐く」ことが日常の行動になった。1ヶ月に7kgも体重を減らした。
    入学後につき合い始めたボーイフレンドの存在も大きくのしかかっていた。  
  • 「太ったら嫌われる」という想いから彼の前では食べ物を一切口にせず、後で食べてすっかり吐くことを繰り返した。一度に食べる量は、菓子パン10個・カップ麺2個・スナック菓子2袋といった調子で、それが日に2〜3回。生理が止まり、その年の秋には体重が34kgまで落ちた。太っていると言われることが気がかりで、友人の前でも食事が取れなくなり、自分でも心身ともに危機感が募った。そのころの写真を見ても、とても自分とは思えない。
    「このへんで治さないと、社会に出ていけない」。笑わなくなった自分に、そう言い聞かせる。大学2年生の秋、すがるような思いで精神科医のもとへ、自分ではもうどうにもならないところまで来ていた







流行に反応
  • 「食事以外に、スナック菓子やカップ麺などを大量に食べてしまう「過食」の経験を持つ高校生は、体重や体形を過剰に気にしながら、ピアスをするなど流行に敏感で、アルバイト先は居酒屋やスナックなど、大人びた世界を好む傾向がある・・・という調査結果を、国立療養所久里浜病院(神奈川県横須賀市)の武田綾心理士らがまとめた。
     武田さんは“流行に遅れたくないという気持ちがストレスになり、過食や、逆に無理なダイエットとなって表れるのでは”と分析している。
     調査は昨年11月、東京都と神奈川県の公立高校2校で、生徒約650人の過食の経験、アルバイト歴、流行への関心などを調べた。
     男女とも約60%が過食を経験しており、週1回以上はつい食べ過ぎてしまうという男子は13%、女子が11%→「うつ病




子供に戻りたい
  • 最近では、拒食症とダイエットとの関連は重視されなくなり、根底にあるのは「子供時代の体形にの戻りたい」という願望だという見方が広まっている。
  • 30年近く拒食症の患者を診てきた社会保険埼玉中央病院の鈴木裕也院長は「拒食症は大人になるための壁に突き当たった思春期の女性が子供時代に戻ろうとしている体の反応だ」
    拒食症の患者の大多数を占めるのは、成績が良く、厳しいしつけを受けている「良い子」。
  • 思春期に人間関係や進路などに悩み、そのまま大人の道を歩むことに不安を感じることがある。
  • こんなストレスに陥ったとき、社会から一時的に身を引こうとする防御反応が現れる。

  • 本人はダイエットのつもりでいるが、実は子供時代に変身させようとしている訳だ。
  • 実際、生理がなくなった時点で、減り続けていた体重は安定する。「やせ細った体は、自分で逃げ込んだ居心地のいい安全な場所だ」と鈴木院長は解説する





芳香
療法
ベルガモット
(食欲中枢を刺激し調整する)





チェック
摂食障害」多食」「仮面うつ病」「病気」「ストレス












なおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬