ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



下垂体性小人症



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





クル病 広告



下垂体性小人症
下垂体性小人症
  1. 下垂体前葉から分泌される成長ホルモンが減少するために、思春期前に骨の成長が止まり、身長が伸びなくなるもの。
  2. 身長が低いだけで均整はとれており、知能も正常。


下垂体性小人症の診断基準
  • 1989年、厚生省特定疾患研究班
    (1)主症候:
    1. 身体のつりあいは正常であるが、低身長であること
    2. 通常は、身長が平均身長の[-2.0SD]以下、または年間の成長速度が2年以上にわたって標準値の[-1.5SD]以下であること

    (2)検査所見:
    1. 以下の2つ以上の成長ホルモンの分泌刺激試験で血中ホルモンの反応頂値が(7ng/ml以下)。
      1. インスリン負荷
      2. アルギニン負荷
      3. L-dopa負荷
      4. clonidine負荷
      5. グルカゴン負荷
    2. propranolol負荷を併用する場合は、反応頂値が 10ng/ml以下












関連情報







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査