ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




かゆみの漢方薬



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






広告






かゆみの漢方薬
いんちんこうとう

黄連解毒湯

葛根湯
  • 47歳男性。
    毎年夏になると全身の皮膚が痒い。汗をかくと時にひどい。体格中等大、肉付きは良い方。皮膚に変化は見られないが、前腕内側を擦過すると敏感に発赤する。すなわち皮膚表記症が認められる。これはジンマシンと考えて良いと思う。脈はやや浮にして緊、舌正常、腹は肉付きよく、上腹部一体が膨満しているが、胸脇苦満とはいえない。その他には特に変わったこともない。そこで私は敗毒の意味で十味敗毒湯を1週間分与えた。ところが再び来院して少しも良くならないと云うのである。ここでまた考えてみた。強い皮膚のかゆみを訴えるのに、発疹は全く見られないのが、前に十味敗毒湯の効が無かった例と似ている。脈のやや浮を表証の存在と考えたらどうかと、そして葛根湯プラス石膏を1週間分与えた。10日ほどたって、その患者から電話があった。
    「今度の薬を飲んだら、痒いのが止まった。しかし薬がなくなるとまた痒くなったので、薬を送って下さい」《大塚敬節》

牛車腎気丸

梔子柏皮湯

四物湯
  1. 血燥の者《矢数道明》
  2. 皮膚の上を虫がはっている感じ

十味敗毒湯

消風散
  1. かゆみが激しい
  2. 夜間に増悪する傾向がある。《中医処方解説》
  3. 虫刺されなどのあとに表皮が増殖してイボ状となり激しいかゆみがある固定蕁麻疹で、ケロイド様になった:「プラスクオケツ剤」《中医処方解説》

真武湯
  1. 69歳の婦人。慢性腎炎があり、初秋のことになると、背から腰にかけてカユミ、小さい発疹がでて、冬になるとひどくなり、5月頃には自然によくなるという。疲れてめまいがするという。真武湯によりカユミは大半減じ、3週間で発疹はすっかり治った
  2. 老人や虚人で当帰に多く、皮膚に少しも異常が無く、カユミのみ訴える者に用いる

清上防風湯

治頭瘡一方

当帰飲子

桃核承気湯
  1. <激しい掻痒感>

八味丸
  1. 萎縮腎がある老婦人で、夜間温まると、腰の周りが痒くて困ると訴える者《大塚敬節》
  2. 43歳の男性。3年前よりカユミのある発疹に悩まされている。某大学病院で神経性皮膚炎と診断されて、治療を受けているが、少しもよくならない。
    患者は背が低く、色は浅黒い、発疹は胸部、頸部、上膊の内則、肩より肩胛骨間、臀部、下腹部より大腿部にかけて広範囲にわたり、その色が黒く墨を塗ってようである。時々あちこちにフルンケルが出来る。大便は1日1行、小便は出にくい。食欲はある。
    私は発疹の色が黒くて乾燥していることと、尿の出にくいことを目標にして八味丸を与えたが、尿の出が良くなり、カユミを減じ、発疹の色の黒いのもとれてきた。服薬2ヶ月で8分通り全快している。《大塚敬節》

白虎加人参湯






冷やす かゆい手足の反対側を冷やす。




<1>カミルレ(ブルーカミルレが最高)
<2>ベルガモット
<3>ラベンダー
<4>メリッサ



○アカメガシワ・キササゲ・シキミ・シジミ・ダイコン・タケニグサ・ドクダミ・ヘチマ・ムクゲ。




チェック
関連情報
アトピー性皮膚炎」「湿疹」「ジンマシン」「薬剤アレルギー」「疥癬」「肝炎」「糖尿病」「ビダール苔癬」「高Ca血症」「閉塞性動脈硬化症」「神経症」「原発性胆汁性肝硬変オケツ









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬