ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



かぜをひきやすい


HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






かぜ

カゼがこじれた

小児のかぜ

ストレス
広告



カゼ引きやすい時の漢方薬
  1. 玉屏風散
  2. 桂枝加黄蓍湯
  3. 柴胡桂枝乾姜湯



鍼灸いろは歌
“ぬばたまの子ゆえ闇に迷うなよ。可愛ゆき子には身柱(ちりげ)1火を”




風邪を引きやすい
白血球に違いがあった


鼻やノドの粘膜を突破したウイルスに対し、私たちの体は血液の中の白血球で防衛する。

白血球の中のリンパ球は、体内に侵入したインフルエンザウイルスなどの異物の掃除が専門だ。

このリンパ球がしっかりと力を発揮すればウイルスを撃退出来ることになる。


風邪を引きにくい人は、風邪を引きやすい人に比べ、リンパ球活性度(リンパ球の元気さを示す値)が高い。


さらに、白血球中のリンパ球の比率にも差が出た。
  1. 一般成人の理想のリンパ球比率は・・・35%。
  2. 風邪を引きやすい人は・・・・・・・・・・・・28.4%
  3. 風邪をひきにくい人は・・・・・・・・・・・・・47.5%だった






リンパ球を増やすには?
最近の研究で、
  • 緊張状態が続く、すなわちストレスが強いと顆粒球が増え、
  • 逆にリラックスするとリンパ球が増える
ということが分かった

  • (顆粒球には、好中球・好酸球・好塩基球がある)


アドレナリンが顆粒球を増やし、
アセチルコリンがリンパ球を増やす


つまりイライラや多忙な生活は、リンパ球の比率を下げてしまうのだ


ほかにも、偏食や睡眠不足・激しい運動をすると、リンパ球比率が下がることが分かっている。

ストレス・夜更かし・偏食は免疫力を弱める、


なお、激しい運動ではなく、散歩などの軽い運動はリンパ球比率を高めるという。」(NHKためしてガッテン)









関連情報 かぜ」「カゼがこじれた」「小児のかぜ」「ストレス










TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬