情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





カゼの漢方薬





かぜ/ カゼがこじれた/

ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)








かぜ」 

かぜをひきやすい」 

カゼがこじれた











かぜ漢方薬
1>オウゴントウ
  1. 感冒・下痢・太陽少陽病・腹痛。

2>カッコウショウキサン
  1. 夏かぜ
  2. 春寒く、夏冷え、秋暑く、冬温なるは四時不正の気である。時気に当たったものは皆これを用いて良い《矢数道明》

3>カッコンノウゴノウレントウ
  1. 感冒・発熱・汗出・裏熱・心下痞硬 <脇>

4>葛根湯
  1. 頭痛発熱悪寒・肩こり・無汗。
  2. 感冒初期。
  3. 悪寒発熱頭痛・無汗・身体痛・項背強急・脈浮緊
  4. “微似汗<ビジカン>” 服用後、汗ばむと早く治癒する。流れるような汗<タオルでふく様な汗>はよくない。
  5. 熱のある病を温めて治す手法。

5>
葛根湯プラス桔梗石膏
  1. 風邪でノドがヒリヒリ痛い

6>銀翹解毒丸
  1. 発熱・無汗・口渇・咳嗽・咽痛

7>桔梗石膏
  1. 咳嗽、咽頭痛、化膿するもの。

8>九味檳榔湯
  1. <胃腸型>

9>桂枝加葛根湯
  1. 感冒・肩甲骨<酸痛>・汗出・虚証。

10>桂枝加芍薬湯
  1. からだの弱い小児の感冒で頭痛もあるという場合、桂枝加芍薬湯を用いてよいことがある。このさい心下部の痛むこともあり、臍傍の痛むこともある。脈は緩で顔には赤味がある。もしこれに動悸が伴うと小建中湯を用いる《大塚敬節》

11>桂枝湯
  1. 自然発汗があって、微熱・悪寒
  2. 虚弱者の感冒の初期。
  3. 発熱・表証・自汗・脈浮弱

12>桂枝二越婢一湯
  • 自汗ぎみ、咳嗽、熱感、虚実中間)
  • (桂枝湯+越婢加朮湯で代用)

13>桂枝人参湯
  1. <胃腸型>
  2. 頭痛発熱し、汗出でて悪風し、肢体倦怠し、心下支狽オ、水瀉傾くるが如き者は、夏秋の間に多く之れ有り。此方に宜し。《類聚方広義》

14>桂麻各半湯
  1. こじれたかぜ・咳嗽、熱感、虚実中間

15>香蘇散
  1. 頭痛・耳鳴り・めまい・食欲不振。
  2. 気うつを伴う感冒。
  3. 抑うつ・肩こり・心下痞塞感
  4. 桂枝湯葛根湯が胸につかえるかぜに。《矢数道明》
  5. 気滞を兼ねた軽症の感冒で、脈沈or細小、桂枝湯、葛根湯等よりも軽症な者に用いる。特に春先の感冒によい。先師《森道伯》翁は大正6年の流行性感冒の胃腸型に「香蘇散プラス茯苓半夏各5.0、白朮3.0」を用いて效を挙げた。《矢数道明》
  6. 脈が弱く触れにくい者。
  7. 身体虚弱な高齢者。

16>牛黄清心丸
  1. 高熱、意識障害
  2. 感染性の疾患の敗血症期

17>五積散
  1. 虚弱者の感冒
  2. 老人のかぜ
  3. 陰経傷寒にて脾胃和せず、及び寒邪に感ずるを治す。

18>柴陥湯
  1. 胸脇苦満・胸痛・気管支喘息
  2. 熱盛んな者には、プラス竹茹《勿誤薬室方函口訣》

19>柴胡桂枝乾姜湯
  1. 衰弱して血色悪く、微熱・頭汗・盗汗・胸内苦悶・疲労倦怠感などがあり、胸部あるいは臍部周辺に動悸を自覚し、神経衰弱気味で、不眠・軟便の経口があって、尿量減少し、口内がかわいて空咳などがある者。
  2. 老人または虚弱な人が、風邪をこじらせたり、肺炎になたりした場合に用いられる機会がある《大塚敬節》

20>柴胡桂枝湯
  1. 自然発汗・微熱・食欲不振・関節痛。
  2. こじれた感冒。
  3. 風邪をひきやすい者の体質改善に。《中医処方解説》
  4. 熱性病、発汗剤を服して後、嘔気ありて心悸亢進し、食欲減退し、頭痛、微悪寒等なお解せざる証《奥田謙蔵》

21>柴朴湯
  1. 咳嗽・喀痰・気うつ
  2. 大柴胡湯を用いる場合よりも、やや体格が劣勢で、胸脇苦満も軽く、便秘の傾向が無い者によい。《大塚敬節》

22>柴苓湯
  1. 発熱、口渇し、裏虚の証《雑病翼方》

23>四逆湯
  • 1男子、32歳。
    3日前感冒気味で床についた。体温は38℃余り、悪寒がした。医師は感冒と診断して、薬をくれたが、翌日は40℃近くまで体温がのぼった。そこで医師は何か重い病気かも知れないから、他の医師に相談してくれということになり、私がまねかれた。その日も体温は40℃近くあったが、患者の訴えは、ただ何となくからだが重いと云うだけで、これといって、愁訴がない。便通は昨日来ないという。尿をみると清澄であまり着色していない。悪寒もほとんど無いが、足を握ってみると冷たい。
  • その他には所見がない。
    私はこれに四逆湯を与えた。なぜか、この患者の体温は40℃になっているのに、熱のための愁訴がない。脈も熱の高いのに比較し遅である。舌も湿っている。尿も熱のある時のように着色していない。足が冷たい。これらは明らかに裏寒の状である。それにこの患者は発病前、数日間は無理をして徹夜に近い仕事をしてひどく疲れていた。
    これらの点を考え合わせて四逆湯を与えた。1時間ほどたつと、体温は40℃を越したが、それから2時間後には軽い発汗があり、次第に体温は降下をはじめ、その夜は37℃となり、翌朝は37.5℃となり、四逆湯2日分で平熱となった。《大塚敬節》

24>小建中湯
  1. 煩熱・腹痛・腹皮攣急
  2. 虚労・自汗・裏急・腹痛
  3. 冬は寒がり、夏は足をだるがり、すぐ疲れる者を目標にする《大塚敬節》
  4. 咽頭・扁桃の増殖・肥大

25>小柴胡湯
  1. 胸脇苦満・頭痛・頸項強・往来寒熱・口苦
  2. 胸やわき腹が重苦しく、疲れやすくて微熱があったり熱感と寒気が交互にあったりして、食欲少なく、ときに白い舌苔があり、悪心・嘔吐・咳嗽を伴うなどの症状がある者。
  3. 感冒その他の熱病の初期に、悪寒発熱の状がありそれが数日続いて悪寒や悪風が無くなり、熱だけとなり、口が粘ったり、口が苦くなって、食欲がなくなったり、悪心が現れたりするようになれば小柴胡湯を用いる。《大塚敬節》
  4. かぜ症候群に対する有効率は64.1%で、プラセボと比べて有意にすぐれていた(二重盲検ランダム化比較試験)

26>小柴胡湯プラス桔梗石膏

27>小青竜湯
  1. クシャミ・鼻水など分泌物が多い。
  2. 喘・表証・心下有水気・裏寒。
  3. 喘鳴を伴う咳嗽
  4. 気管支炎・気管支喘息

28>升麻葛根湯
  1. 悪寒発熱頭痛・無汗・身体痛・口渇・不眠・無咳嗽
  2. 頭痛激しきかぜ

29>参蘇飲
  1. 流行性感冒の初期、咳嗽を伴う者《矢数道明》
  2. 小児、老人、虚人、妊婦のかぜ《矢数道明》

30>真武湯
  1. 冷え・倦怠感・めまい・動悸・尿量減少・下痢。
  2. ただ陰症の傷寒の服すべきのみならず、虚労の人、憎寒、壮熱、咳嗽、下利する者も、皆宜しく之を服すべし。《雑病翼方》
  3. 体温計で測ると体温は39℃もあるのに、蒼い顔をして、寒いような格好をして、のども渇かず、悪寒があり、手足が冷え、脈に力無く、尿も着色していない者には、真武湯を用いる。《大塚敬節》
  4. 6歳の少女。風邪気味であったから、隣の医師に診てもらった。その翌日は体温が39℃を越えた。医師は肺炎になるかもしれないと云った。2、3日服薬したが、熱はますますのぼり、体温は40℃を超えて、譫語を言うようになった。そこで5日目(25日)に、私が呼ばれた。
    患者は右側を下にして、おとなしく寝ている。ときどき咳が出るが、痰は出ない。氷枕と氷嚢をあててているためか、顔色は熱病患者らしくない。体温39、8℃、舌に淡黄色の苔があり、湿っている。口渇はない。脈は浮弱で1分間120至。食欲がなく、1日に1、2回下痢している。夜になると、訳の分からない譫語を言うが、終日、だまりこくって、何の要求も、苦痛も、自らは訴えない。腹診してみると、ほとんど食事を摂らないのに、腹部は膨満していて、脱力していない。右背部に中等度のラッセルを聞き、その部にやや抵抗があるように思われる程度で、他に異常を発見しない。
    小柴胡湯を与える。2日後に往診したが、変化がない。麻黄湯とする。11/30日に往診。病室に入るや否や、これはしまったと、私は心 の中でつぶやいた。患者は少しうつむき加減に、諸手を胸に当てて、嫌な体位をとっている。顔には浮腫がみられ、蒼白くて、全く死人の様である。脈は浮大弱で、ときどき結滞している。母親の語るところによると、この朝、水様の下利便を失禁したという。体温は39、6℃あるのに、全身にまったく熱感がない。
    この患者は、はじめから真武湯で温めてやるべきだった。それを小柴胡湯で冷やし、更に麻黄湯で攻めたので、こんな状態になったのである。私はすぐ氷枕と氷嚢を除くように命じて、この患者が、漢方で言う“陰証”であって、体温は高くても、熱ではなく、寒であることをよく説明した。すると母親がいうのに、この児は始めから非常に寒がって、ちょっとでも蒲団を上げると嫌がり、便器にかかる時に、非常に寒そうにしていた。氷嚢をつけるのも嫌がったが、体温が高いので、無理に冷やしていたという。
    初診時に、悪寒の有無について尋ねたとき、この話をしてくれたらと思ったが、もう遅い。とにかく、至急に真武湯(附子1回量0.4)を1時間ぐらいの間隔をおいて2貼のませて、しばらく様子をみると顔色も良くなり、元気も少し出てきた。そこで引き続き真武湯を与え、12/4まで、毎日往診した。この間、附子の量は1日1.6gを用いた。(この例は私が35歳頃の経験で、随分思い切って附子を用いている、今の私なら、0.5位以上は用いないだろう)12/3日の朝は体温が36.8℃に下がった。発病以来19日間、39℃以下にならなかった体温が急に平温になったのに、不安を感じたが患者はすこぶる元気になった。
    ところが、その夕刻、悪寒を覚えて40.2℃に体温がのぼった。しかしこれは僅々3.4時間で、強い発汗とともに下降した。発病以来初めての発汗であった。このように午前中は平温で、夕方悪寒と共に40℃内外に体温ののぼることが、12/29日まで続いた。しかしだんだん体温の上っている自汗が短縮し、悪寒が軽くなって、12/30日には、夕方になっても、体温は37℃を突破しなかった。その後翌年の1/12まで真武湯を飲み続けて全快した。
    この患者は初めから悪寒が強く、体温は高いのに舌は湿り、脈は弱く、顔は蒼く、静かにおとなしく寝ていて何の訴えもなかった。この状態は《傷寒論》にいう少陰病で、附子を用いて温めねばならなかった症状なのである。それなのに体温計の魔術にかかって、この患者を熱と誤診して柴胡剤や麻黄剤を与えてしまった。《大塚敬節》

31>清暑益気湯
  1. 中暑<暑気あたり>・微熱・自汗・四肢無力・食欲減退
  2. 疲労倦怠感が強い
  3. 俗に云う“夏やみ”の薬で夏になると食が減じ、水っぽいものを欲しがり、手足がだるく、足の裏がほてり、時に下痢したり、大便がゆるくなったりする者を目標に用いる《大塚敬節》

32>せんきゅうちゃちょうさん
  1. 感冒・悪寒発熱・偏頭痛・頭暈・鼻塞・脈浮滑

33>大承気湯
  1. 発熱<潮熱>・腹部充実・便秘・裏実証

34>大青竜湯
  1. 発熱・無汗・身体疼痛・煩躁<甚>
  2. 桂枝湯プラス越婢加朮湯で代用

35>平胃散
  1. 胃腸虚弱でかぜを引きやすい《矢数道明》

36>補中益気湯
  1. (虚弱者)
  2. くしゃみが出る者:「プラスビャクシセsンキュウ各2.5g」《龍野ー漢方処方集》
  3. 力を労して寒に感じ、頭眩、発熱、両手ロ動し、六脈洪緩にして力無き者を治す:「プラス肉桂、芍薬」《古今方彙》
  4. 著しく疲労した者の感冒で、発汗剤の使えない者、で附子剤も使えないというものによい《矢数道明》

37>麻黄細辛附子湯
  1. 全身倦怠・悪寒が強い。
  2. 冷え症ぎみの老人・虚弱者。
  3. 感冒・虚冷症・脈沈。
  4. 虚弱者・老人、のどから始まる風邪
  5. のど痛、顔色悪い、悪寒、全身倦怠感
  6. 感冒の一種にして、悪寒甚だしく、発熱微小、或いは頭に冷痛を覚え或いは希薄なる鼻涕を流し、舌は湿潤し、食欲衰えず、好んでO臥し、脈沈細なる証。《奥田謙蔵》
  7. 初期のかぜ症候群に対する麻黄附子細辛湯の効果:麻黄附子細辛湯のかぜ症候群に対する有効率は81.9%であり、対照とした総合感冒薬に比較して有意に優れていた。《EBM》

38>麻黄附子細辛湯プラス桂枝湯
  1. 感冒後に鼻症状が残りカッコントウカセンキュウシンイが無効な者。

39>麻黄湯
  1. 高熱・悪寒・関節痛・咳嗽・無汗。
  2. 葛根湯より症状が激しい。
  3. 悪寒・発熱・頭痛・無汗・身体痛・喘・胸満・脈浮緊。
  4. 体力がある者。
  5. 感冒等にして、発熱、悪寒し、脈緊にして数、喘咳を発する証。《奥田謙蔵》
  6. 余13歳の時、病家診を請ひ来たれり。たまたま長兄蘿斎他出して不在なり。王父紫峯君、汝往きて診し来るべしと命ぜらる。因って診視して帰れり。王父君その病症問ひ玉へる故、傷寒にて頭痛破るるが如く、悪寒発熱して脈浮数にして力ありと申しければ、汝何れの方を与ふるやと尋ね玉ふ。
    余、麻黄湯にてはいかがと伺ひけてば、王父君、笑みを含みでかしたりとのたまえる故、3貼調合して温服大発作すべしと命じ、便の者を帰したり。翌日診せしに大汗して苦患脱然として退けりと云ふ。余熱ある故小柴胡湯に転じたり、日がら立たず複故せり。是れ余が初陣なり。《方技雑誌》
  7. 寒気がしたり、熱が出たりするような場合には麻黄湯を用いることが多い。しかし虚弱な児童や貧血しているような患者には、用いない方がよい。このような患者には桂枝加厚朴杏仁湯や小建中湯などを用いる《大塚敬節》

40>麻杏甘石湯
  1. 喘・口渇・自汗












○アカネ・ウメ・イタドリ・イチヤクソウ・イナゴ・イブキボウフウ・ウスバサイシン・ウド・ウマ・ウメ干し・ウラジロガシ・オオバコ・オナモミ・カキドウシ・カボチャ・カミツレ・キカラスウリ・キキョウ・キク・キササゲ・ギシギシ・キュウリ・キンカン・クサノオウ・クズ・クマツヅラ・ゲンノショウコ・コオニタビラコ・ゴシュユ・コブシ・ザクロ・サフラン・サルトリイバラ・シイタケ・ジャノヒゲ・シュンラン・ショウガ・スイカズラ・スズメ・セミ・センブリ・ダイコン・ダイコンソウ・チョウセンニンジン・トウキ・ドクダミ・トチバニンジン・ナンテン・ニシキギ・ニッケイ・ニワトコ・ニワトリ・ニンニク・ネギ・ノキシノブ・バショウ・ハス・ハチク・ハマゴウ・ハマボウフウ・ヒオウギ・ヒマワリ・ビワ・フキ・ヘクソカズラ・ヘチマ・ホオノキ・ミカン・ミミズ・ムクゲ・ムベ・メナモミ・モグラ・ユキノシタ・ユズ・ヨメナ・ヨモギ
針灸のつぼ (感冒)・・・・[風門][大椎][身柱][尺沢]

“軽微なるかぜと思うと油断するな直ちにすえよ後谿、風門”
(風邪症候群)・・・[天突][厥陰兪][大杼][尺沢]
(風寒で感冒)・・・[合谷][風門][肺兪]
(気虚で感冒)・・・[足三里][気海][関元]




<1>緑色
<2>青色
<3>レモン色(慢性)



チェック
関連情報
かぜ
かぜをひきやすい
カゼがこじれた







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬