ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



桂皮



通 販 カタログ 病名(症状)





広告





桂皮 (けいひ)
【基原】 クスノキ科(Lauraceae)ケイCinnamomum cassia Blume.の樹皮を乾燥
ギリシャ本草にも掲載
別名 陽旦。
【性味】 味は甘辛、性は大熱、小毒
使用部位 樹皮
性状 菅状〜半菅状の皮片。
灰褐色〜赤褐色
選品 辛味強く、甘味あり、渋味の少ないものが良質。
良質のものはツメでこすると油がにじむ。
【成分】 C. cassia Blume.
<1>精油:1.0〜3.4%
 
イ)cinnamaldehyde(=cinnamic aldehyde):75〜90%
 ロ)cinnamyl acetate。
 ハ)phenylorooyl acetate。
 ニ)cinnamic acid。
 ホ)salicyl aldehyde
<2>ジテルペノイド
 イ)cinnzeylanine
 ロ)cinnzeylanol



 効能効果
<1>温め経脈を通す。

<2>肝肺の気を良くする。

<3>霍乱の転筋を治す。

<4>胎を下す。

体表の陽気を補い ・発汗
・解熱
・のぼせを抑える効果
がある
血行を良くする
中枢神経の興奮を鎮静し ・頭痛
・発熱
・のぼせ
・感冒
・身体疼痛
などに応用される。
水分代謝を調整し
体表の毒を去り、これを和解する作用がある


○腹内の冷痛。「煎・末服。」

〇血管の接着力をアップする。
その結果、内皮細胞と壁細胞からの酸素と栄養の漏れを防ぐ。
毛細血管のゴースト化を防ぐ





(桂葉)
  • 桂葉は《本草綱目》に「つき砕いて水に浸し、髪を洗えばアカを去り、風を除く」とあるが、現在では、桂皮油を抽出するのみ。

(桂葉柄)
  • 薬用に耐えない
    粉末にして桂皮末に混入する恐れがある

(桂皮油)精油
  1. 抗菌作用があり、大腸菌、ブドウ球菌、アルビカンス菌の発育を抑える
  2. 桂皮油には、発ガン性のある成分[サフロール]を含有(→ガン
  3. 以下の精油類は、毒性・皮膚刺激などで、芳香療法に使用すべきでないとされる。(国際芳香療法家連盟)

  • Cinnamomum cassia(カシア)
  • =セイロンニッケイ

  • Cinnamomum zylanicum (シナモン皮)
  • →「シナモン





広南桂皮(東興桂皮)
  • C. cassia Blume.が原植物。「Cassia bark」
    「官桂」:5〜6年の幼樹の樹皮。=(桂通)
    「企辺桂」:10年の樹幹皮。=(清化桂)
    桂心」「板桂」:官桂を整形したもの。
    「桂砕」:官桂の塊片

ベトナム桂皮
  • C.obtussifolium Nees.が原植物

セイロン桂皮
  • C.verum J.S.Presl(=C. zylanicum Nees)の幹皮でコルク層を除いたもの



桂枝
シナモン
ニッケイ(肉桂)
桂心







2006から続くnaoru.com/ブログ(draun)ブログ(google)通販カタログ副作用 |
   
   

Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved