情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



しらみ
(毛ジラミ)






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






昆虫






毛じらみ
性行為感染症」の1つ

  • 兵庫県内で調査
    「兵庫県皮膚科学会が1987年から始めた県内の皮膚病患者の継続調査で、毛じらみ患者が増えていることが分かった。毛じらみは体長約1mmの昆虫。性感染症(STD)の一種で、激しいかゆみが特徴だ。

  • 陰毛同士の接触で移るため、コンドームでは防げない

  • 統計をまとめている姫路赤十字病院皮膚科の小野公義部長は「毛じらみ患者の増加は、STD全体の増加傾向を反映していると考えられる」と警告している。
    継続期間は、兵庫県内25カ所の病院や診療所が、月ごとに疾患別患者数を報告し病気別の患者数の動向を定点観測している。
    87年から10年間で、25肢施設を訪れた20歳以上の毛じらみ患者は268人だった。年齢別に見ると、20歳代が最も多く、96人。年齢が上がるにつれて患者数は減る。男性が女性の約4倍。
    87年には1施設あたり年間1.9人いた患者は、徐々に減り続け、94年には0.4人になった。しかし、95年には1.8人と急増し、96年はやや下がったが昨年も11月までで1.8人と高い値になっている

  • 水銀軟膏が有効








南京虫
別名:トコジラミ
  • カメムシ目に属する昆虫。動物の血液を養分にしている。
  • 体長5〜8_b。
  • 夜行性で昼間はタタミやフトンのすき間に隠れている。
  • 2012年、トコジラミの被害増えている。
  • 市販の殺虫に使われているピレスロイド系殺虫剤に抵抗性を持つトコジラミが米国で多数見つかっている。

  • 煙タイプの殺虫剤では、煙はトコジラミに届かないので無効。





【陰蝨】 (いんしつ)
=八脚虫ともいう。
前陰の毛中に生じる虱(シラミ)。
【陰蝨瘡】 (いんしつそう)
=陰毛の際に生じ、初めは紅色〜淡紅色の丘診で、かゆみがひどく、かき破ると感染して瘡をつくり中心に紫色を含んでいる









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬