HOME
血液検査












α
β
γ
A
B
C
D
E
F
G
H
I
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
Y
Z
血液検査(R)
RAテスト [5G160]
RF(rheumatoid factor)の1つ
正常値:陰性

高値を示す疾患
  • RA=慢性関節リウマチ(80%)
    全身性エリテマトーデス(30%)
    進行性全身性硬化症(50%)
    リウマチ熱(15%)
    変形性関節症(10%)
    肝硬変(50%)
    慢性肝炎(35%)
    急性肝炎(30%)
    肝ガン(30%)
    結核(10%)
    健常人(2%)
RAHA (関節赤血球凝集反応)
RF(rheumatoid factor)の1つ
正常値
陰性(40倍以下)
RBC [2A020]
赤血球数
red blood cell count

正常値
(男)440〜560万/µl
(女)380〜520万/µl
→「CBC」

高値を示す疾患
  • 真性多血症
    二次性多血症

低値を示す疾患
  • 再生不良性貧血
    赤血球癆
    腎性貧血
    鉄欠乏性貧血
    鉄牙球性貧血
    巨赤芽球性貧血
    遺伝性溶血性貧血
    発作性夜間血色素尿症
    自己免疫性溶血性貧血
    急性出血による貧血
    慢性出血による貧血
RBF (renal blood flow)
腎血流量
正常値:
650〜1100ml/分


低値を示す疾患
  • 心不全
    糸球体腎炎
    腎硬化症
    嚢腫腎
    腎盂腎炎
    高血圧
    ショック
・1分間に腎を流れる血流量
・RBF=RPF×100÷(100−Ht)
Ht=ヘマトクリット値
RBP (レチノール結合蛋白)
(男性)3.4〜7.7mg/dl
(女性)2.2〜6mg/dl

高値を示す疾患
  • 慢性腎不全

低値を示す疾患
  • ビタミンA欠乏症
    吸収不良症候群
    閉塞性黄疸
    甲状腺機能亢進症
    感染症

○検査値が上昇する薬・・・・
[経口避妊薬]
[エストロゲン]
[フェニトイン]
[フェノバルビタ−ル
RDW =(赤血球粒度分布幅)
red cell distribution width
自動血球計測法による分幅
正常値:15%以下(CV法)、50fl以下(SD法)
RDW MCV低値 MCV正常 MCV高値
正常






種接合型タラセミア
・慢性疾患
・正常
・慢性疾患
・慢性肝疾患
・非貧血性以上血色素症
・遺伝性球状赤血球症
・輸血
・化学療法
・出血
・CML
・再生不良性貧血
・前白血病状態
高値






・鉄欠乏症
・赤血球破片
・S-βタラセミアヘモグロビンH症
・鉄芽球性貧血
・鉄または葉酸欠乏症の初期
・複合性欠乏症
・貧血性異常血色素症
・骨髄線維症
・葉酸欠乏症
・Vit,B12欠乏症
・自己免疫性溶血性貧血
・寒冷凝集系
・CLL
Ret 網赤血球数
reticulocyte count
基準値
♂0.2〜2.7%(2〜27%)
♀0.2〜2.6%(2〜26%)

【10%以上】(高度増加)
鉄欠乏貧血
悪性貧血の治療時
大量出血の回復期
続発性貧血
【3〜10%】
溶血性貧血
DIC
【0.5%以下】
再生不良性貧血
急性白血病
骨髄機能低下

○検査値に影響がある薬・・・
[エリスロポエチン]
[抗腫瘍薬]
[赤血球輸血]
RETI [2A110]
=網赤血球数(reticulocyte)
正常値:
0.8〜1.8%
高値を示す疾患
  • ・溶血性貧血
    ・急性大出血後2〜3日目
    ・悪性貧血治療開始2〜3日目
    ・鉄欠乏性貧血治療開始後2〜3日目

低値を示す疾患
  • ・再生不良性貧血
    ・急性白血病
    ・骨髄線維症

RF リウマチ因子
(リウマトイド因子)
rheumatoid factor

自己抗体検査の1つ。

【強陽性】(3+)(100IU/ml以上)(IgG型:6以上)
関節リウマチ(RA)
悪性関節リウマチ(MRA)
原発性マクログロブリン血症
シェーグレン症候群
【陽性】(1+〜2+)(20〜100IU/ml)(IgG型:2〜6)
関節リウマチ(RA)
悪性関節リウマチ
シェーグレン症候群
全身性エリテマトーデス(SLE)
全身性硬化症(SSc)
混合性結合組織病(MCTD)
クリオグrpブリン病
慢性肝炎
肝硬変
亜急性細菌性心内膜炎
結核
正常値
[リウマチ因子(RAテスト)]:陰性
[リウマチ因子定量]:20 IU/ml以下
[リウマチ因子(RAPA)]:陰性(40倍未満)
[IgG型リウマチ因子(IgG型RF)]:2未満
検査目的・・・・慢性関節リウマチの診断・・・リウマチ因子陽性者の50%が慢性関節リウマチである。また、慢性関節リウマチ患者の70〜90%がリウマチ因子陽性である。
重症度と抗体価は一致しない。
加齢とともに上昇する。
・中性脂肪値が高いと疑陽性を示すことがある。
RLPコレステロール

RLP-cho
(レムナント様リポ蛋白コレステロール)
remnant kike particle cholesterol
【リポZ】

正常値
7.5mg/dl(コレステロール)以下

高値を示す疾患
  • 高脂血症
    虚血性心疾患
    糖尿病
    脂肪肝
    アルコール性肝障害
    慢性期脳梗塞

レムナント・・・・動脈効果の発症においては、LDLとともに、レムナント(リポ蛋白の一種)が重要な役割を果たしている。レムナント粒子はカイロミクロンやVLDLなどのトリグリセリドに富むリポタンパクの代謝過程で生じる。
RNase (リボヌクレアーゼ)

腫瘍マーカーの1つ。

高値を示す疾患
  • 膵ガン
    胆道ガン
    悪性リンパ腫
    白血病
    胃ガン
    大腸ガン
    急性膵炎
    腎不全
    膵性線維増殖症
    肺ガン
    乳ガン
    肝硬変

○患者の栄養状態を評価するマーカーとして有用。
RNN [AZ010]
レニン活性

正常値:
0.8〜1.2ng/ml/時間

高値を示す疾患
  • 乳幼児期
    午前2〜8時
    立位
    歩行
    出血
    発汗
    嘔吐
    下痢
    肝硬変
    ネフローゼ
    うっ血性心不全
    カリウム欠乏
    月経(黄体期)
    Bartter症候群
    レニン分泌性腎腫瘍
    クローム親和性細胞腫
    腎血管性高血圧症
    尿崩症
    アジソン病

低値を示す疾患
  • 老人
    午後8〜12時
    大量の輸液
    カリウム大量投与
    甘草の長期連用
    原発性アルドステロン症
    低レニン本態性高血圧症
    甲状腺機能低下症
RPF (renal plasma flow)

腎血漿流量

正常値:
400〜650ml/分


低値を示す疾患
  • 心不全
    糸球体腎炎
    腎硬化症
    嚢腫腎
    腎盂腎炎
    高血圧
    ショック
腎血漿流量(RPF)は、1分間に腎を流れる血漿量のこと。
・パラアミノ馬尿酸ナトリウム(PAH)は、1回の腎循環でほぼ完全に動脈血から排除(90%以上)されてそのまま尿中に排泄される。ゆえにCpahはRPFとほぼ一致する。
・フェノールスルホンフタレイン(PSP)は、ほとんどすべてが腎のみから排泄され、かつ排泄速度が速いので、その15分値はCpahとおおむね平行する。


卵胞ホルモン (総エストロゲン)
基準値:
(妊婦32〜36週)15mg/日以上
(妊婦37〜38週)20mg/日以上
(妊婦39〜42週)25mg/日以上
【非妊婦の基準値】
(卵胞期)3〜20µg/日
(排卵期)10〜60µg/日
(黄体期)8〜50µg/日
(閉経後)10µg/日以下
(男性)2〜20µg/日
○検査値に影響を与える薬・・・
[経口避妊薬]
[甲状腺ホルモン]
[HMG製剤]
[副腎皮質ステロイド]
リウマチ因子IgG抗体 (rheumatoid factor-IgG)
(同義語)RAーIgG、RF、CRP
基準値:陰性(血清)
検査目的:関節リウマチの診断
リウマチが疑われるのにRFが陰性の場合・・・検査を実施する
リポ蛋白(a) Lp(a)参照
リン脂質 phpsphlipids
基準値:
150〜250mg/dl

高値を示す疾患
  • 閉塞性黄疸
    原発性胆汁性肝硬変
    原発性硬化性胆管炎
    Zieve症候群
    脂肪肝
    高コレステロール症候群
    妊娠
    経口避妊薬
    ネフローゼ症候群

低値を示す疾患
  • 劇症肝炎
    非代償性肝炎
    急性肝炎極期
    家族性低βリポ蛋白血症
    タンジール病
    甲状腺機能亢進症
    吸収不良症候群
    多発性骨髄腫
    Wolmann病
    Reye症候群
    多発性硬化症

ループスアンチコアグラント 基準値:陰性
○測定値が影響を及ぼす薬・・・
[ヘパリン]
[ワルファリン]
レチニルパルミテート (レチニルエステル)
レチノールパルミチン酸エステル

基準値:5µg/dl未満

高値を示す疾患
  • ビタミンA過剰症
    非代償性肝硬変
    高脂血症(V型)

○検査値が低下する薬・・・・
[アロプリノール]
[コレスチラミン]
[フラジオマイシン]
レチノール 基準値:30〜80µg/dl

高値を示す疾患
  • ビタミンA過剰症
    高脂血症
    腎不全
    甲状腺機能低下症

低値を示す疾患
  • ビアミンA欠乏症
    夜盲症
    吸収不良症候群
    閉塞性黄疸
    亜鉛欠乏症
    甲状腺機能亢進症
○検査値が低下する薬・・・
[アロプリノール]
[コレスチラミン]
[フラジオマイシン]










解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査