血尿
尿潜血
壊血病
腎盂炎
腎炎









血尿の漢方薬
  1. 温清飲
  2. 黄土湯
  3. 黄連阿膠湯
  4. 黄連解毒湯
    1. おけつ、のぼせ傾向)
  5. 帰脾湯
  6. キュウキキョウガイトウ
    1. “男子、42歳。3ヶ月前より血尿が出るようになった。日によってはブドウ酒のようになり、また日によっては桃色になることもあるという。その他には何の症状もない。しかしこの血尿はいつまでも治らないので、某大学病院に入院した。そこでいろいろ詳しく検査をした後、腎臓からの出血であることを突き止めた。しかし原因が分からず、特発性腎出血ということになった。ところがこの血尿はいつまでも止まらないので、退院して私に治を乞うた。腹診上は特にとりたてていうほどのものはなく、ただ僅かに臍部で動悸がやや亢進しているだけである。顔色は黒い方で、やや貧血の傾向がある。脈はやや沈で小である。食欲は普通で、大便も1日1行あり、排尿時にも苦痛はない。
      以上の所見からキュウキキョウガイトウを与えたところ、4、5日後には肉眼では血尿らしいところが無くなり、その後、時々、疲れたときなどに血尿を出すこともあったが、だんだんそれも遠のき2ヶ月後には、体重が3kgほど増し全く健康体になってしまった”《大塚敬節》
  7. 姜蜜湯
  8. 桂枝茯苓丸おけつ
    1. おけつしょうを目標に用いる。
  9. 琥珀散
  10. 五苓散
    1. (陽証、水滞)
  11. 五淋散
  12. 柴胡加竜骨牡蛎湯
    1. (胸脇苦満)
  13. 柴苓湯
    1. (胸脇苦満)
  14. 三黄瀉心湯
    1. おけつ、のぼせ傾向)
    2. 本朝経験、血淋を治す:「ぷらす紅花」。按んずるに尿血と血淋と相似たり。毒、尿道に在って痛む者は淋と為す。毒、膀胱に在って痛まざる者を尿血と為す。《雑病翼方》
  15. 四物湯
    1. 血尿には:「プラス五苓散」
  16. 小薊飲子
  17. 小柴胡湯
    1. (胸脇苦満)
  18. 清腸湯
  19. 清熱滋陰湯
  20. 大黄硝石湯
  21. 大黄附子湯
  22. 大黄牡丹皮湯
    1. おけつ
  23. 大柴胡湯
    1. (胸脇苦満)
  24. 調胃承気湯
  25. 猪苓湯
    1. (陽証、水滞)
    2. 無症候性血尿は猪苓湯を長期に
      「16歳の息子が高校入学の健康診断で、尿の潜血反応が陽性と言われました。再検査で無症候性血尿と診断されました。今は治療の必要はないが、[IgA腎症]の疑いがあるので、定期的な検査と腎臓の組織検査(腎生検)を受けた方がよい、と言われました。」
      無症候性血尿には猪苓湯が最もよく用いられる。顕微鏡的血尿ではなく、はっきりと血尿や赤褐色の尿になる場合は四物湯を併用すると良い。
      現代医学的には無症状であっても、「何となくだるい」「長時間立っていると腰が重くなる」といった症状がある場合は、猪苓湯と補中益気湯を併用したり、補気建中湯などが考慮される。効果の発現には時間のかかる場合が多い
  26. 猪苓湯合四物湯
  27. 桃核承気湯
    1. おけつ
  28. 当帰建中湯
  29. 当帰散
  30. 当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  31. 当帰芍薬散
    1. 体力の低下した、冷え症のものに。
  32. 八味地黄丸
  33. 髪灰丸
  34. 髪灰散
  35. 茯苓調血湯
  36. 補中益気湯
    1. 易疲労感のあるものに用いる。
  37. 立効散[1]
  38. 竜胆瀉肝湯
    1. (陽証、水滞)
  39. 苓桂朮甘湯
    1. 尿血止まざる者を治す「ぷらす五霊脂」《本朝経験》
  40. 六味丸
  41. 鹿角膠丸






関連情報 血尿 」「尿潜血」「ウイルソン病」「壊血病」「腎盂炎」「腎炎」「タンパク尿」「Wegener肉芽腫症






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬