ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



気管支喘息



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



気管支喘息の漢方薬
①黄連解毒湯
  1. 咳して喘息し、面赤く潮熱あり、脈洪大を治す《病機彙編》

②柴陥湯
  1. 虚実中間証
  2. 食欲が無い、微熱がある。タンが切れにくい
  3. 咳き込むと胸が痛い
  4. 感冒後に気管支炎になり、痰が切れにくく、強い咳をすると、胸から腹に引きつれて痛むという者《大塚敬節》
  5. 痰が<黄色痰稠>
  6. 疹已に出で胸満喘急する者は、毒気内攻して肺気壅塞するなり、柴陥湯に宜し。《麻疹心得続録》

③柴胡桂枝乾姜湯
  1. 体質虚弱
  2. やせ型・顔色悪い
  3. 呼吸困難ぎみ・動悸・疲労倦怠・手足冷え
  4. 神経症ぎみ・不眠
  5. 腹部軟弱、腹部大動脈拍動
  6. 麻黄附子細辛湯

④柴朴湯 
  1. 虚実中間証
  2. 気分がふさぎ気味、食欲不振、全身倦怠感、
  3. ノドや食道に異物感を感じる。
  4. 胃腸丈夫
  5. 呼吸困難・喘鳴から発作が始まる
  6. 咽喉頭異常感症
  7. ステロイド剤を減量できる
  8. ステロイド剤の離脱を促進できる

⑤滋陰至宝湯
  1. やや虚弱者。
  2. 慢性気管支炎を併発

⑥小建中湯
  1. 体質虚弱
  2. 虚弱児の気管支喘息
  3. 栄養状態を改善して治す
  4. 腹部疝痛を繰り返す素因がある者。

⑦小柴胡湯麻杏甘石湯
  1. 咳き込むタイプ
  2. 胃腸丈夫
  3. セキ、喘息、呼吸困難に
  4. タン少ない、粘稠で切れにくい

⑧小柴胡湯麦門冬湯

⑨小柴胡湯通導散防風通聖散

⑩小青竜湯
  1. 虚実中間証
  2. 水っぽいタンや鼻水が出る。
  3. 激しいセキやクシャミを伴う喘鳴。
  4. 呼吸困難、尿量減少。
  5. 胃腸丈夫、アレルギータイプ。
  6. 発作時:泡の多いタン<水様>をたくさん喀出。
  7. 水様の鼻汁があり、クシャミをしている間にしだいに呼吸が苦しくなる
  8. 胃下垂が顕著な者は胃腸障害を起こすことがある。
  9. 麻杏甘石湯

⑪神秘湯
  1. 実証
  2. 胃腸丈夫
  3. 気分がふさぎがち、咳き込んだときに呼吸困難を起こしやすい人
  4. 呼吸困難・喘鳴<強>
  5. 気道狭窄音が著明
  6. しつこい咳嗽、胸脇苦満
  7. 鶴牧候は数年哮喘(喘息)を患い、毎月必ず数回の発作があり、発作の時は呼吸が苦しくて横になることが出来ず、冷汗が流れ、2、3日は何も食べることが出来ない。清川玄道の父子が多年これの治療に当たっているが、良くならない。余はこれを診て云った。腹中に癖が無く、心下に淡飲(水毒)も無い。ただ肺の機能が弱いから、その時の気によって閉塞して呼吸が苦しくなるだけのことだと。そこで神秘湯+厚朴杏仁(神秘湯[1-4])を与え、発作のひどい時は、別に甘草麻黄湯を服用せしめた。ところが、その後は、喘息が大いに減じ、発作は1ヶ月に1回となり、2、3ヶ月に1回となり、発作の時も飲食を廃するようなことななくなった。《橘窓書影》
  8. 細野史郎氏は、この方を気管支喘息の患者に与えたところ、呼吸困難がますますひどく、ついに人工呼吸を施して、やっと蘇生せしめたと言う。《大塚敬節》
  9. 喘鳴:山田光照は、小児の感冒で咳が出て、喘鳴のある者に、著効があると云っている《大塚敬節》

⑫清肺湯
  1. 虚証
  2. 激しいセキ、長引くせき、セキとともに粘りけのあるタンが多く出る。
  3. ノドの痛み、息切れしやすい。
  4. 体質中等度
  5. 多量の粘稠タン
  6. タンが出るまで咳き込む
  7. 慢性気管支炎を併発
  8. カゼを引きやすい「小柴胡湯」

⑬大承気湯
  1. 気管支喘息にして、発作時以外においても微喘あり、身体肥満し、腹部緊満し、便秘、肩背強急あり、血圧高く、口渇、頭痛を訴え、小便頻数にして、食欲衰えず、脈沈にして強実なる証《奥田謙蔵》

⑭竹茹温胆湯

⑮当帰四逆加呉茱萸生姜湯

⑯人参湯
  1. 胃腸虚弱、栄養状態悪い
  2. やせ型・血色不良・冷え症
  3. 胃下垂・軟便・食欲不振

⑰麦門冬湯
  1. 虚実中間証
  2. 胃腸丈夫
  3. 激しいセキ、粘りけのあるタンが出る。
  4. のぼせ、ノドの乾燥感、異物感がある人。
  5. 咳き込む タイプ
  6. 激しい咳き込みが発作性に頻発
  7. 咳き込むときは顔面紅潮
  8. 粘稠なタン・喀出しづらい
  9. 気管支喘息に対する麦門冬湯の効果:著効4例を含む34例(69.4%)に鎮咳効果を認めた《EBM》

⑱八味地黄丸   
  1. 胃腸丈夫
  2. 高齢者の気管支喘息
  3. 腰痛・排尿異常を伴う

⑲半夏厚朴湯
  1. 喘息・咽中異物感
  2. 神経症・神経性食道狭窄・食道ケイレン

⑳茯苓飲半夏厚朴湯

㉑補中益気湯
  1. 胃腸虚弱・疲労倦怠
  2. 咳き込む→「麦門冬湯」

㉒麻黄細辛附子湯  
  1. 虚証
  2. 微熱、寒け、頭痛、めまい、手足の冷え、全身倦怠感
  3. 鼻水・セキ・タン
  4. 胃腸丈夫、アレルギータイプ。
  5. 喘鳴、粘稠度の低い喀痰、量が多い。
  6. 冷えが強く、顔青白い。
  7. 「桂枝湯」を併用 することがある。

㉓麻黄湯
  1. 喘鳴・咳嗽を伴う小児喘息
  2. 哮喘急迫する者を治す。《雑病翼方》
  3. 肺部もと風疾あり、背腹に寒邪を感じて哮喘する者、即ち本方。《朝川鼎》曰く、余、哮喘を患う数十年、100方寸効無し、ただ此方を服して安し、然れども麻黄善からずば則ち亦効無しと。《雑病翼方》
  4. 気管支喘息等にして、表証盛なる者。《奥田謙蔵》

㉔麻杏甘石湯
  1. 実証
  2. 胃腸丈夫
  3. 咳き込む タイプ
  4. 激しいせき、タンが切れにくい。
  5. 喘鳴、呼吸困難
  6. 汗が出て、ノドが渇く
  7. 小児喘息・喘息性気管支炎。
  8. 気管支喘息で発作時、汗が出る者
  9. 管支喘息の発作時に頓服として用いられる《大塚敬節》
  10. 乳幼児に繁用
  11. 喘息等にして、額上冷汗を流し、呼吸困難、口渇あり、其の脈数なる証。《奥田謙蔵》
  12. 哮喘、胸中火の如く、気逆し、涎潮し、大息呻吟し、声鋸をくが如く、鼻、清涕を流し、欝塞し、巨里の動奔馬の如き者は、此方に宜し。《類聚方広義》
  13. 発作の前になると食が進んで禁じ難く、大食すると発作が起こるという者に、「蘇子白芥子」を用いる《大塚敬節》

㉕木防已湯
  1. 気管支喘息には、証に由り桑白皮、蘇子、生姜を加味す《奥田謙蔵》
  2. 起座呼吸:(症状が激しいときー横になれない)
  3. 息苦しくて横臥することが出来ず、上半身を高くして坐っていると楽である者に用いる《大塚敬節》

㉖六君子湯

㉗苓甘姜味辛夏仁湯
  1. 虚証
  2. 激しい咳き込み、胃腸が弱い、冷え、鼻汁、貧血気味
  3. 体質虚弱
  4. 喘鳴・呼吸困難・喀痰<水様>
  5. やせ型・血色悪い・冷え症
  6. アレルギー型喘息 、胃腸虚弱。
  7. 喘息に肺気腫を兼ねて、気力・体力ともに衰えている者に用いる機会がある。脈は沈小or微弱、冷え症で血色が悪く、喘息の発作がない時でも急いで歩いたり、坂を上がったりすると息切れがある。患者はやせ型で、腹診してみると皮下脂肪が少なく腹直筋の緊張を認めるが、一般に腹力がない。また浮腫を伴うものもある。ことに下肢に浮腫が見られる。浅田宗伯は小青竜湯の裏の薬だといっているが、麻黄剤を禁忌とする者によい。《漢方診療医典》

㉘苓姜朮甘湯

㉙六味丸







気管支喘息 
bronchial asthma
(BA)

気管支喘息の病態 
  • 息を吐き出すのが困難で、ヒューヒュー、ゼイゼイと呼う。
  • 気道の慢性炎症に伴う可逆性の気道閉塞と気道反応性の亢進。
    気管支喘息は、
    • 細気管支攣縮、
    • 粘調分泌物による広範な気道閉塞、
    • 呼吸困難、
    • 低酸素血症
    を起こす病態である。
  • ときには、合併する心筋虚血による心不整脈から急死する。
  • 外因(アレルギー源、感染、薬剤、寒冷、ストレス)と内因(免疫系、自律神経系、心因)の影響下にあって、アレルギー特異的免疫グロブリンであるIgE抗体と抗原(アレルギー源=薬剤、塵埃、花粉など)が反応し、その複合体の作用によって免疫細胞から液性メディエーターが過剰に放出される結果、気道閉塞を引き起こす



気管支喘息の種類
  1. 特定のアレルゲンがあるかどうかで
    1. 外因性喘息
    2. 内因性喘息
  2. アトピー型・感染型・混合型




気管支喘息の症状
  • 気管支喘息は、気管支が過敏になり、わすかな刺激が加わっただけで、
    • 気管支がケイレンして収縮する、
    • 気管支粘膜がむくみ
    • 粘液が多量に分泌される
    気管支内の空気の通りが悪くなって喘鳴(ヒューヒュー)や呼吸困難におちいる発作を起こす病気。
  1. 喘鳴を伴う発作性呼吸困難(呼気性)・・・
    • 夜間・早朝に起こることが多い
  2. 乾性ラ音
  3. 呼気延長
  4. 重症では起座呼吸になる呼吸困難




(発作時の症状)
  1. 呼気性呼吸困難→「心臓喘息
  2. 喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー)
  3. 顔面蒼白・冷や汗
  4. チアノーゼ
  5. 頻脈





検査
  • 1病率・・・発作時は70%以下に低下。
    1病量・・・β2-刺激薬吸入で改善(20%以上)
    ピークフロー値・・・20%以上の日内変動あり。
    血液ガス・・・A-aDo2の開大。
    気道過敏性試験・・・閾値の低下
    末梢好酸球・・・アトピー型で10%以上に増加
    血清IgE・・・250U/ml以上
    胸部X線・・・肺炎を除外
    スパイログラム



臨床検査
  1. 喀痰中に:
    • 好酸球、クルシュマン螺旋体、シャルコ・ライデン結晶を認める。
  2. アセチルコリン、ヒスタミンの吸入試験で気道狭窄症状。
  3. 特異的IgE抗体の検索
  4. 心臓性喘息」「肺気腫」「肺水腫」との鑑別が必要






気管支喘息と鑑別が必要な疾患
  • 気管支喘息
    1. 呼気が延長し、呼気性の呼吸困難
    2. 乾性ラ音。
    3. ゼイゼイ
      • 胸が苦しくなり、床から起きあがって苦しそうに息する
    4. 季節の変わり目が多い
    5. 朝方ヒュー
    6. 気管支喘息では呼気中に一酸化窒素が増えるのに対し、慢性気管支炎では一酸化炭素が増える。

  • 心臓喘息
    1. 吸気性の呼吸困難
    2. 湿性ラ音を聴取し、
    3. ピンク色の泡沫状のタン
    4. 過食、運動が誘因。
    5. 睡眠中


  • ヒステリー性喘息

  • 尿毒性喘息

  • 気管支炎





処方例(発作の治療)
小~中発作
  1. メプチンエアー
    • 1~2吸入/回 20分ごとに3回、
    • 1時間後、2時間後、同数吸入
    • 改善しない時・・・救急外来へ
  2. 吸入ステロイド薬増量
  3. 経口プレドニゾロン 20~30mg/日 分2 3日間


中~大発作
  • ソリタ-T3号200ml+ネオフィリン125mg+サクシゾン300~600mgを点滴静注。
  • 更にサクシゾンを増量しておこなう。
  • 酸素吸入(1~2L/分)
  • ボスミン注(1mg/mL)0.1~0.3mL/回 皮下注
  • を併用する。
  • (意識障害が出たとき)
  • PaCO2上昇がみられる時・・・・
    1. 速やかに気管挿管・人工呼吸
    2. さらに、麻酔科医によるイソフルランなどによる全身麻酔を考慮。
    (点滴で改善して帰宅するときの処方)
    • 経口プレドニゾロン20~30mg/日分2を3~4日分。


(慢性期の治療)
吸入ステロイドによる気道炎の鎮静化が治療の根幹。

原因抗原の明らかな場合、その除去・回避が重要

ピークフロー測定による客観的な病態把握も重要。
  • 軽症間歇型
    • a サルタノールインンヘラー(1吸入100µg):
      • 1回1~2吸入 頓用
      b キュバール100(1吸入100µg)1吸入/日
      • テオドール100~200mg 分1 夕食後
  • 軽症持続型
    • a パツミコート100(1吸入200µg)1~2吸入/日
      • テオドール200~400mg 分2
      • オノン225~450mg 分2
      b オルベスコインヘラー(200µg)1回1吸入 
      • 1日1回セレベント2吸入/日、
      • 又はホクナリンテープ1日1回 2mg
      c アドエア100ディスカス1回1吸入1日2回

  • 中等度~重症持続型
    • a フルタイド200ディスカス(1吸入200µg)2~4吸入/日
      • テオドール200~400mg 分2
      • オノン225~450mg 分2
      b コントロール不良例ではさらに、以下を併用
      1. セレベント(1吸入50µg)2吸入/日(朝、就寝前)
        • 又はスピロペント40µg分2
                       
      2. プレドニゾロン5~10mg/日分1または
      3. アドエア500ディスカス1回1吸入1日2回 
        • シングレア錠 10mg 分1
        • テオロング錠 400mg 分2




吸入薬
レルベア)
  • 2013年12月、GSKの日本法人が発売
  • ステロイドとβ2刺激薬を吸入時に自動的に配合できる。
  • カバーを開ける動作と薬の設置の動作を一体化した。1ステップで吸入できる。



気管支喘息を引き起こす有害因子
  1. イソシアネート類
  2. ホスゲン
  3. クロム
  4. コバルト
  5. プラチナ
  6. 樹脂・綿・木材の粉塵。
  7. 花粉・キノコの胞子
  8. アラビヤゴム
  9. 鱗屑
  10. 真菌(アスペルギルス)




ペット
  • 男性のTさん(35)は朝方、しばしば呼吸が苦しくなり、近くの医療機関に駆け込むようになった。病名は気管支喘息と言われ驚いた。アレルギーもなく喘息持ちでもなかったのが、結婚した頃から咳が出だしたようだという。それまでの環境変化と大きく違っていたのが、奥さんが連れてきたイヌだった。
    検査の結果、Tさんの血液はイヌの皮膚の成分に強く反応した。アレルギー反応によって起こる気管支喘息の最も有効な治療法は、その原因を取り除くことだが、これが難しい






時間医学
  • 「夜間から明け方にかけて喘息が悪化することは、以前から良く知られていました。
  • 気管支は12時~17時に大きく開きますが、夜~明け方にかけては縮小していくきます。その時気道の閉塞が起きてしまいます。
    さらに、血中のコルチゾール値は、喘息発作とよく相関します。
    薬としてのステロイド(コルチゾル)は、なにしろ喘息の特効薬なのですから。
    コルチゾルは、普通朝に高くなりますが、このリズムが喘息患者では乱れていて、朝、血中コルチゾルが高くないのです。
    自律神経の障害も喘息の一因です。アレルギーを示すヒスタミンの値も、喘息患者では午前4時に高くなるのです。喘息では、気管支粘膜が朝方に過度に反応して、粘膜からの分泌が過度になると言われています。」→体内時計
    (田村康二著「魔の時刻の不思議」より)




成人気管支喘息の遺伝子変異・・多数発見
  • 2011年、理化学研究所は、成人気管支ぜんそくの発症に関わる遺伝子の変異を多数発見した。
  • 日本人4836人のゲノム(全遺伝情報)を解析した成果。
  • 成果はネイチャー・ジェネティクス(電子版)に掲載。
  • 成人気管支喘息は日本では成人の5%程度が発症する。
  • こどもの気管支喘息よりも重症化しやすい。
  • 発症の原因には遺伝的要因と生活習慣などの要因があるとされるが、詳しくは不明。
  • 研究チームは、日本人の患者1532人と健康な3304人のゲノムを分析し、発症しやすさに関連している遺伝子の変異を探した。その結果、発症と関連した変異が集中して存在する領域を5つ見つけた。




(副作用で気管支喘息になる医薬品)

(気管支喘息患者に要注意の医薬品)
  • [アスピリン][オピオイド][コデイン][コリン作動薬][サザピリン][サリチルアミド][ジクロフェナク][ジフルニサル][スルピリン][ドネベジル][トリアゾラム][トルフェナム酸][ニトラゼパム][ヒスタミン][フルフェナム酸][フロクタフェニン][ブロチゾラム][β遮断薬][ベタネコール][ロルメタゼパム]











関連情報 気管支ぜんそくに用いる漢方薬
喘息」「咳喘息心臓喘息」「せき」「呼吸困難」「好酸球増加」「びまん性汎細気管支炎」「β遮断剤」「心身症」「食物アレルギー」「ステロイド」「アレルギー性肉芽腫性血管炎







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査