情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





気管支喘息の漢方薬






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)













気管支喘息の漢方薬
黄連解毒湯
  1. 咳して喘息し、面赤く潮熱あり、脈洪大を治す《病機彙編》

柴陥湯
  1. 感冒後に気管支炎になり、痰が切れにくく、強い咳をすると、胸から腹に引きつれて痛むという者《大塚敬節》
  2. 痰が<黄色痰稠>
  3. 疹已に出で胸満喘急する者は、毒気内攻して肺気壅塞するなり、柴陥湯に宜し。《麻疹心得続録》

柴胡桂枝乾姜湯
  1. 体質虚弱
  2. やせ型・顔色悪い
  3. 呼吸困難ぎみ・動悸・疲労倦怠・手足冷え
  4. 神経症ぎみ・不眠
  5. 腹部軟弱、腹部大動脈拍動
  6. 麻黄附子細辛湯

柴朴湯 
  1. 胃腸丈夫
  2. 呼吸困難・喘鳴から発作が始まる
  3. 咽喉頭異常感症
  4. ステロイド剤を減量できる
  5. ステロイド剤の離脱を促進できる

滋陰至宝湯
  1. やや虚弱者。
  2. 慢性気管支炎を併発

小建中湯
  1. 体質虚弱
  2. 虚弱児の気管支喘息
  3. 栄養状態を改善して治す
  4. 腹部疝痛を繰り返す素因がある者。

小柴胡湯麻杏甘石湯
  1. 咳き込むタイプ
  2. 胃腸丈夫
  3. セキ、喘息、呼吸困難に
  4. タン少ない、粘稠で切れにくい

小柴胡湯麦門冬湯

小柴胡湯通導散防風通聖散

小青竜湯
  1. 胃腸丈夫、アレルギータイプ。
  2. 発作時:泡の多いタン<水様>をたくさん喀出。
  3. 水様の鼻汁があり、クシャミをしている間にしだいに呼吸が苦しくなる
  4. 胃下垂が顕著な者は胃腸障害を起こすことがある。
  5. 麻杏甘石湯

神秘湯
  1. 胃腸丈夫
  2. 呼吸困難・喘鳴<強>
  3. 気道狭窄音が著明
  4. しつこい咳嗽、胸脇苦満
  5. 鶴牧候は数年哮喘(喘息)を患い、毎月必ず数回の発作があり、発作の時は呼吸が苦しくて横になることが出来ず、冷汗が流れ、2、3日は何も食べることが出来ない。清川玄道の父子が多年これの治療に当たっているが、良くならない。余はこれを診て云った。腹中に癖が無く、心下に淡飲(水毒)も無い。ただ肺の機能が弱いから、その時の気によって閉塞して呼吸が苦しくなるだけのことだと。そこで神秘湯+厚朴杏仁(神秘湯[1-4])を与え、発作のひどい時は、別に甘草麻黄湯を服用せしめた。ところが、その後は、喘息が大いに減じ、発作は1ヶ月に1回となり、2、3ヶ月に1回となり、発作の時も飲食を廃するようなことななくなった。《橘窓書影》
  6. 細野史郎氏は、この方を気管支喘息の患者に与えたところ、呼吸困難がますますひどく、ついに人工呼吸を施して、やっと蘇生せしめたと言う。《大塚敬節》
  7. 喘鳴:山田光照は、小児の感冒で咳が出て、喘鳴のある者に、著効があると云っている《大塚敬節》

清肺湯
  1. 体質中等度
  2. 多量の粘稠タン
  3. タンが出るまで咳き込む
  4. 慢性気管支炎を併発
  5. カゼを引きやすい「小柴胡湯」

大承気湯
  1. 気管支喘息にして、発作時以外においても微喘あり、身体肥満し、腹部緊満し、便秘、肩背強急あり、血圧高く、口渇、頭痛を訴え、小便頻数にして、食欲衰えず、脈沈にして強実なる証《奥田謙蔵》

竹茹温胆湯

当帰四逆加呉茱萸生姜湯

人参湯
  1. 胃腸虚弱、栄養状態悪い
  2. やせ型・血色不良・冷え症
  3. 胃下垂・軟便・食欲不振

麦門冬湯
  1. 胃腸丈夫
  2. 咳き込む タイプ
  3. 激しい咳き込みが発作性に頻発
  4. 咳き込むときは顔面紅潮
  5. 粘稠なタン・喀出しづらい
  6. 気管支喘息に対する麦門冬湯の効果:著効4例を含む34例(69.4%)に鎮咳効果を認めた《EBM》

八味地黄丸   
  1. 胃腸丈夫
  2. 高齢者の気管支喘息
  3. 腰痛・排尿異常を伴う

半夏厚朴湯
  1. 喘息・咽中異物感
  2. 神経症・神経性食道狭窄・食道ケイレン

茯苓飲半夏厚朴湯

補中益気湯
  1. 胃腸虚弱・疲労倦怠
  2. 咳き込む→「麦門冬湯」

麻黄細辛附子湯  
  1. 胃腸丈夫、アレルギータイプ。
  2. 喘鳴、粘稠度の低い喀痰、量が多い。
  3. 冷えが強く、顔青白い。
  4. 「桂枝湯」を併用 することがある。

麻黄湯
  1. 喘鳴・咳嗽を伴う小児喘息
  2. 哮喘急迫する者を治す。《雑病翼方》
  3. 肺部もと風疾あり、背ョ腹に寒邪を感じて哮喘する者、即ち本方。《朝川鼎》曰く、余、哮喘を患う数十年、100方寸効無し、ただ此方を服して安し、然れども麻黄善からずば則ち亦効無しと。《雑病翼方》
  4. 気管支喘息等にして、表証盛なる者。《奥田謙蔵》

麻杏甘石湯
  1. 胃腸丈夫
  2. 咳き込む タイプ
  3. 小児喘息・喘息性気管支炎。
  4. 気管支喘息で発作時、汗が出る者
  5. 管支喘息の発作時に頓服として用いられる《大塚敬節》
  6. 乳幼児に繁用
  7. 喘息等にして、額上冷汗を流し、呼吸困難、口渇あり、其の脈数なる証。《奥田謙蔵》
  8. 哮喘、胸中火の如く、気逆し、涎潮し、大息呻吟し、声鋸を魔ュが如く、鼻、清涕を流し、欝塞し、巨里の動奔馬の如き者は、此方に宜し。《類聚方広義》
  9. 発作の前になると食が進んで禁じ難く、大食すると発作が起こるという者に、「蘇子白芥子」を用いる《大塚敬節》

木防已湯
  1. 気管支喘息には、証に由り桑白皮、蘇子、生姜を加味す《奥田謙蔵》
  2. 起座呼吸:(症状が激しいときー横になれない)
  3. 息苦しくて横臥することが出来ず、上半身を高くして坐っていると楽である者に用いる《大塚敬節》

六君子湯

苓甘姜味辛夏仁湯
  1. 体質虚弱
  2. 喘鳴・呼吸困難・喀痰<水様>
  3. やせ型・血色悪い・冷え症
  4. アレルギー型喘息 、胃腸虚弱。
  5. 喘息に肺気腫を兼ねて、気力・体力ともに衰えている者に用いる機会がある。脈は沈小or微弱、冷え症で血色が悪く、喘息の発作時居合いでも急いで歩いたり、坂を上がったりすると息切れがある。患者はやせ型で、腹診してみると皮下脂肪が少なく腹直筋の緊張を認めるが、一般に腹力がない。また浮腫を伴うものもある。ことに下肢に浮腫が見られる。浅田宗伯は小青竜湯の裏の薬だといっているが、麻黄剤を禁忌とする者によい。《漢方診療医典》

苓姜朮甘湯

六味丸




関連情報 せきに用いる漢方薬

気管支喘息

せき

喘息

咳喘息

心臓喘息

呼吸困難







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬