ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



桔梗(キキョウ)



HOME TOP ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告



桔梗 (ききょう)


[桔梗][津梗]

山野に自生し、または栽培される多年草、キキョウ科キキョウの根。
キキョウ科Campanulaceae 桔梗Platycodon grandiflorum(Jacq.)A.DC.(キキョウ)の根を乾燥。
<1>「晒桔梗」=6〜7月に採取し根の皮・茎を去り、3日間水侵し、さらに米のとぎ汁に1昼夜浸けた後水洗いし、天日乾燥したもの。
<2>「生干(しょうぼし)」=10月〜翌年3月に採取し水洗い後そのまま乾燥。
★漢方では皮付きを賞用する。
★秋の七草の1つ。
桔梗に生のままのものと、といで白くしたものとあるが、白くしたものは、その気味を脱するなり。択(えら)ばざるべからず。唯その土泥を去って、tみ用ふ《薬徴》
【性味】 味は苦辛、性は平。Q平瀉平升散R
【帰経】 肺経。
【分類】


“桔梗味苦療咽腫 載薬上昇開胸壅”《万病回春》





(ム痰・排膿・鎮咳・消炎)

◎肺を通し、ム痰排膿する。
  <1>外感咳嗽
  <2>胸脇痛
  <3>肺癰
  <4>咽喉腫痛

◎肺気を治め、肺熱による病を治す。
  • 「末・煮てもよい。」


◎腹中が張って痛むとき。
  • 「濃く煎じて服用。」


◎蠱毒に。
  • 搗いて汁を出して飲むと、重病でも治る。

◎咽喉痛
  • 「根を1日3〜10g煎服」(著効あり)

◎うるしかぶれ
  • 「生葉茎汁を塗布」
修治 ◎蘆を去る《万病回春》
◎唯洗って土泥を去り、tみ用う
《重校薬徴》



<1>コレステロールを低下させる。

<2>血糖レベルを低下させる。

<3>低下した肝グリコーゲンを正常レベルまで回復させる。

<4>鎮咳去痰作用

<5>唾液分泌亢進作用



桔梗の薬能 &出典
《神農本草経》
  • “胸脇痛むこと刀刺の如く
  • “肥満し、腹鳴幽々、驚恐悸気を主る”
《名医別録》
  • “五臓腸胃を利し血気を補い、寒熱、風痺を除き、中を温め、消穀し、咽喉痛を療する”
《薬性提要》
  • “肺に入り熱を瀉し、痰を除き咳を治し、頭目を清め、咽喉を利し、滞気を散じ、薬を載せ飢えに浮かぶ”
《薬徴》
  • “濁唾、腫膿を主治する也。旁ら咽喉の痛を治す”
  • 「濁唾」=汚い喀痰。膿の混じったタン
《古方薬品考》
  • “滞を除き、喉を利し、肺を清くす”
《重校薬徴》
  • “濁唾腫膿粘痰を治する”
《古方薬議》
  • “味辛温、胸脇の痛、刀にて刺すが如きを主どり、咽喉の痛を療し、痰を消し、を破り、血を養い、能く気を下し、膿を排し、竅を利し、嗽逆、口舌に瘡を生じ、赤目腫痛するを治す”
《中薬大辞典》
  • “肺気を開宣し、去痰排膿、外感咳嗽、咽喉腫痛、肺瘍吐膿、胸満脇痛、痢疾腹痛を治す”



薬対 『桔梗+甘草(生)』=桔梗湯
『桔梗+枳殻』
『桔梗+紫蘇葉』
『桔梗+石膏』=桔梗石膏
『桔梗+半夏』
『桔梗+貝母』
『桔梗+白W』
処方 桔梗湯
竹葉湯
排膿散及湯
排膿湯




関連情報 キキョウ
生薬名・異名:基原 
生薬の薬性と薬向
臓腑の引経薬
生薬と経絡







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査